beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉ヶ浜のハマグリ漁獲量と台風の関係

宮崎県に接近した台風の履歴とチョウセンハマグリの漁獲量とに関係があるかどうか調べました。

漁獲される貝の年令が5歳から6歳(7~8センチ)を主力にしていると仮定し、それが漁獲される年の5年前の産卵期(これが不明であるが、6月から8月にあると仮定した)に、生まれて浮遊していた幼生(2週間程度)が強い台風の風浪のため沿岸から沖に運搬されて岸に戻れなくなったという影響が漁獲減少につながった、そして、逆に台風が来なかった年に生まれたものが多く生き残って漁獲が増えた、というシナリオを想定した。ただし、他の要因が働いて生き残れないこともあるだろうから、後者の場合は必要条件であって十分条件ではないだろう。
e0094349_2011652.jpg

上のグラフで見られるようにかなり面白い対応が認められる。
赤の矢印は特に勢力が強かった台風(接近時に950ヘクトパスカル以下)、黄色は普通の台風(960から970ヘクトパスカル)であり、矢印の数が強かった台風の数になる。棒グラフは弱い台風を1、普通の台風(黄色)を2、強い台風(赤)を3として合計した点数である。

弱い台風は通常の低気圧と大差ないので無視してよいかもしれない。また。浮遊幼生の沖への流動は風向きで影響が違うだろうが、それについてここではとりあえず無視した(台風の風は途中で大きく風向きが変化するから)。

漁獲が特異的に多かった1996年のピークの5年前1991年には台風が接近していなかった。
2000年と2001年に台風が来なかったが、2006年からかなり漁獲量が増えている。
2005年に台風接近がこの時期にはなかった(秋には強い台風があった)が、現在の時点で
満3才の稚貝集団がかなり高い密度で生息している。しかし2004と2006年度生まれの貝はこれまでの潮間帯でのチェックでほとんど見つからない。2004年は極めて台風接近が多かった年で、合計5個という過去半世紀で最高記録を出している。

1977~1990年の期間は、年10~20トンで比較的安定した漁獲量が維持されていたが、それは1974年~1988年まで台風の影響が相対的に小さかったからではないだろうか。

ところが、1990年代前半に漁獲量が極めて不調であった。1982~1988年に強い台風が接近していないのだから、この期間に漁獲が増えてもおかしくなかっただろう。考えられるのは、この時期に台風以外に稚貝の成育場所で強い環境悪化が起こったことが想像される。丁度バブルの時代であり、河川改修、護岸工事や沿岸部の汚染などが激しかった時代だったかもしれない。具体的にどのような工事や汚染が起きていたかを追跡調査してみる必要がありそうだ。

宮崎県の水産試験場は小倉ヶ浜と金ヶ浜でチョウセンハマグリの稚貝の分布調査を長い間実施している。そのデータを解析すれば、年度ごとの再生産の成功・不成功の程度を見ることが出来るだろう。試験場は年度ごとの業務報告で生データを出しているが、全部のコピーをもらえないままでいる。いずれは試験場に押しかけて、書庫にもぐって探し出すつもりである。

そもそも試験場の責任者がデータをとりっぱなしで解析していないことは怠慢である。しかも、継続することが大切な調査を途中(1990年代?)で打ち切ってしまっていた。2006年に、2000年から2005年にかけての極端な不漁を受けて単発調査をしている。その時は、かなり高水準の稚貝の存在を認めていた。それが昨年と今年の豊漁を支えているようである。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-28 19:57 | Meretrix ハマグリ
<< 一ツ瀬川の河口砂州の変遷 雨の日 >>