beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

一ツ瀬川の河口砂州の変遷

オンラインで公開されている空中写真で海岸の様子を時代を追って見比べていると面白い発見がある。ここでは1974年撮影の国土地理院の画像、1993年の海上保安庁、そして2006年の国土交通省の写真から、一ツ瀬川の河口の時代変化を追跡しよう。

一ツ瀬川の河口部では汽水域に生息するヤマトシジミが漁獲されている。大淀川などではすでに資源が消滅して、一ツ瀬川で宮崎県のシジミの漁獲量のほとんどが占められているはずである。県のHP情報では:内水面漁業生産の動き
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000080428.pdf
漁獲量の数字をグラフ化したのが下の図である。
e0094349_4231679.jpg

近年、シジミ資源が激減しているのは、上流から流れてくる濁水の影響が激しくなったからといわれている。河口部の写真を見比べると2006年の濁水の様子が明瞭に見える。濁水をもたらしているのは上流でのダムにおける2003~2005年の記録的な降水による流域の斜面崩壊の影響であろう。過去にも繰り返し増水が起こっているので、近年のシジミの減少は降雨だけの問題でなく、ダムの上流部での人為的な環境改変のためと考えてよい。九州電力が一ツ瀬川の河川漁業組合員に見舞金を支払っているそうである。

九電のHPでこの問題を解説している。
一ツ瀬川(一ツ瀬ダム)の濁水長期化について
http://m.kyuden.co.jp/dam_dakusui05
この問題の真犯人は流域の奥山の山林で続けられている乱暴な林業(大型機械用林道建設と皆伐による裸地斜面の形成)であろう。林野庁か県の林業公社かわからない(どちらも?)が、林野行政に対して電力会社が(表立って)文句を言わないのは不思議なことである。また、河川漁業組合はダムの管理者である九電からの見舞金でなく、林野行政に対してシジミなどに対する漁業損失の補償金を請求できるはずであるが、やっていないのか。

河川事業における環境影響分析手法の高度化に関する研究  河川局河川環境課
http://www.mlit.go.jp/chosahokoku/h16giken/goto/shitei/04/1704.pdf
これの27-28頁に宮崎県沿岸部の河川による土砂の海浜への供給について解説している。
一ツ瀬川の河口では四万十層群由来の土砂が流出していると説明されている。

一ツ瀬川の河口が堤防で固定されたのは1968年までであった。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000095218.pdf
このファイルは一ツ瀬川の河口の様子について、1902、1935、1953、1968年の状態を図解している(5頁)。

さて、本題の河口の砂州である。副導流堤(南の佐土原側)にあった砂州が最近消失したことが海岸侵食の象徴的な出来事であるように見られているようであるが、実態はどうであろうか。
e0094349_525072.jpg

1974年の画像では導流堤が未完成で、河口の北側(新富町の入り江のところ)で仕切られ、北側の砂州がこの堤防で分断されている。

1974年から1993年までの変化を見ると、北側の導流堤の南で砂州を浚渫しながら水路を掘って、砂州の中で南側に副導流堤を建設したと考えられる。副導流堤の南側で佐土原の河口の先端から砂州が伸びてきて河口部分がふさがり、二本の導流堤の間が川の水の出口水路となっている。この水路は浚渫によって人為的に造られたと考えられるが、副導流堤が完成してからは、それが北上する砂をブロックして砂州を形成したのだろう。

2006年の画像では副導流堤の南側の砂州が消滅し、再び1974年当時の河口が出来ている。すなわち佐土原側の河口部分が導流堤の建設以前の状態に復帰したように思われる。このようになった地形変化をもたらした要因は台風時の河川の増水と導流堤に当たった強い波浪であっただろうが、今のところ、どの台風でこのようになったのかは特定できていない。

2006年の画像は8月6日撮影だったと聞いているので、その年の台風10号(8月13日に宮崎海岸に上陸)よりも前のものが地形変化を起こしたと考えられる。

2005年には悪名高い14号が9月6日に九州南部に上陸して北上し、延岡などで竜巻被害をもたらした。2004年の8月末の16号は2005年の14号と同じようなコースをたどり、記録的な大雨をもたらして大きな被害があった。2004年にはその前に6月にも強い6号台風が宮崎海岸の東沖を北上(事実上宮崎を直撃)した。このように、宮崎の海岸に強い影響をおよぼした台風が相次いで襲来し、最近の海岸侵食を目立たせたのは間違いないだろう。

一ツ瀬川の砂州の消失は、直接的には嵐による侵食の結果であろうが、これはおそらく人為的に水路を掘り、導流堤を建設したことが遠因となったのであろう。自然の力が働いて、結局水路を造った以前の河口の姿を取り戻したようにも見える。

現在騒がれている宮崎港から一ツ瀬川までの海岸侵食とは、近年に重なって襲来した台風の波浪が、これまで次々に建設され続けてきた海岸構造物、護岸や離岸堤、そして導流堤とぶつかって起こっている現象ではないかと思われる。

護岸は陸地側を固定するものである。自然の力をさえぎり、抵抗するような構造物を海岸に建設することは、海での堆積物の激しい移動と地形変化をもたらす。たしかに自然の力で砂浜の侵食が進んでいるのだが、それをもたらしたのは人為的な海岸の改変だったに違いない。問題の海岸侵食(実際は海岸の後退でなく、砂浜の消失)を進めているのは人間側の行為の結果であろう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-29 05:44 | シジミの仲間 Corbicula
<< 一ツ瀬川の河口の短期変化 小倉ヶ浜のハマグリ漁獲量と台風の関係 >>