beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

一ツ瀬川の河口の短期変化

e0094349_1258741.jpg

1993年5月と1995年3月の間にどのような変化が起こっていたかを調べた。
モノクロ写真から読み取れる情報は限られるが、写真の中に記載した変化があった。

この期間に宮崎を襲った台風は2つ、共に1993年で、5号が7月18日早朝に接近し、994ヘクトパスカルで暴風域なし、最高風速45ノットであった。志布志湾に上陸し、中心は日向灘の西側の陸上をまっすぐに北上したと観測された。

<ノットとは速さの単位です。1ノットとは1時間に1海里(nautical mile)を進む速さを意味します。このウェブサイトでは、台風の中心付近の最大風速や、台風の動きの速さを表す時に用います。換算式は1kt = 1.852km/h = 0.514m/sですので、ノットの値を半分にするとm/sの値が計算でき、倍にするとkm/hの値が計算できる、と覚えればよいでしょう。>
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/help/unit.html.ja

台風の区分(10分平均最大風速). 34~63ノット: 台風. 64~84 ノット: 強い台風. 85~104ノット: 非常に強い台風. 105ノット以上:猛烈な台風、と気象庁の階級区分があります。

次の13号は9月3日の午前中に薩摩半島に上陸して、宮崎の海岸のすぐ西側を北東に進み、大分県南部から豊後水道に抜けた。宮崎に接近した時の勢力は午前9時に925ヘクトパスカルで最高95ノット、宮崎ではほぼ半日間、暴風が続いたと思われる。これが非常に強い台風だったのです。その後に1995年3月までは台風が接近しなかった。

海岸林が相当痛んでいて、台風13号通過の1年半後でも痛々しい姿が読み取れる。しかし、海岸の砂浜は見てすぐわかるような変化は認められない。変化した場所は浚渫などが行われたと考えられる(直線的な輪郭の変化である)。

13号台風は、宮崎の日向灘の海岸線に対して東からの大波を打ちつけ続いたはずである。南に中心があったときは北東風、そして通過後の吹き返しは南東風だったであろう。(当時の風の記録データは手元にないので、詳細は確認が必要)

自然状態の海岸では、過去に繰り返された多くの台風の洗礼を受けており、通常のコースと強さの台風はそれほど大きな変化を海岸にもたらさないと考えられる。ただし、コースが普通と異なって、波浪の当たる角度が変化すると、思いがけないことが起こるかもしれない。

このような嵐が海岸の構造物に波をぶつけて、浅い海底の堆積物を巻き上げながら流動させる様子は想像を絶すると思われる。一ツ瀬川の河口では導流堤がこの時点でほぼ出来上がっていて砂州が南側に出来ていた。この砂州は13号台風で特に変化しなかったのか、あるいはビーチサイクルで1年半後には元の姿に戻っていたのだろう。2006年のすぐ前に見られたこの砂州の消失のメカニズムを探るためには、このときの状況との対比が重要である。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-29 13:38 | 海岸
<< 一ツ瀬川の河口の昔の姿 一ツ瀬川の河口砂州の変遷 >>