beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

一ツ瀬川の河口の昔の姿

国土変遷アーカイブ
空中写真閲覧
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/index.jsp

古い空中写真を購入するつもりで国土地理院サイトにアクセスしてみたら、これが最近公開されていたことを発見しました。宮崎市から日向市までの沿岸部の古い空中写真を見ることが出来ます。画像のダウンロードとプリントは出来ないようにガードされているので、ここで実物を貼り付けて紹介することは出来ません。

一ツ瀬川の河口部の1947年と1948年(米軍)と1966年、1971年の写真を見つけて、再び、本当にびっくりしました。

1947と1948年の写真では、河口は川の流路のほぼ延長線上にあり、佐土原側の河口海岸には短い砂州がありました。川の北側には奥深い入り江が見えます。

ところが、1966年の写真では河口が北の入り江側に移動していて、佐土原からは長大な砂州が出来ています。よく見たら導流堤のハシリのような構造物が入り江の中に建設されています。

1971年の写真は1974年のイメージとほとんど変わらず、導流堤の北側がほぼ完成していて、河口は南側に移動しました。これは入り江のところで仕切られた結果でしょう。
1966と1971の写真を二つ並べて比較するアーカイブの設定で見ると変化がわかります。
(1966年はMKU665X-C3B-9、1971年は MKU711X-C5-15の写真ID)

つまり、導流堤の建設の進行に伴って、河口は一時期は北上した後で南下しています。砂州がそれにつれて大きく変化していました。海岸の構造物の影響で海辺の姿が激変していました。

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000095218.pdf
このファイルには1902年、1935年、1953年、1968年の河口の様子が図解されていますが、それを見ても昔から一ツ瀬川の河口と砂州の姿は大きく変化し続けています。

古い写真はさておき、2005年の写真が公開されていました。この写真では導流堤の南側で砂州がすでに離れていて、川には濁流が流れています。この写真の撮影日は10月17日で、その年の台風14号(9月に接近)の後の濁流の様子が見てとれます。この時点で砂州が導流堤から離脱していたことがわかりました。この時は佐土原の河口でわずかに砂州が残っていたのが、2006年8月にはそれも消滅したということです。

{追記}

1948年から1966年の間の大きな砂州の変化はどの台風が犯人か、特に強かったものの個々の履歴をチェックしました。台風情報アーカイブは1951年以後のものだけなので、その中から拾い出しました。

1951年 15号 1951.10.14 接近時の最低気圧 929 hPa 九州中央を北上
1954年  5号 1954.08.17  940 直撃(西から東へ抜ける)
1954年 12号 1954.09.12  945 九州中央を北上
1955年 22号 1955.09.29  940 同上
1961年 18号 1961.09.15  920 東側沖を北上、四国に上陸
1964年 20号 1964.09.24  930 直撃(南西から北東へ抜ける)
1965年 15号 1965.08.05  950 九州中央を北上
1965年 23号 1965.09.09  940 東側沖を北上、四国に上陸

これだけ数多くの台風に見舞われたことから、どの台風がどうだったなどということはできないが、この期間に大きな変化があったのは不思議ではないと言えるでしょう。ただし、古い台風の影響はより新しい台風の力で上書きされると思われるので、1966年の状態は1964年から1965年にかけて相次いだ3つの強い台風の力が働いたと考えるのが妥当でしょう。

次に、1966年から1971年にかけての大きな変化をもたらした台風を考えると、

1968年 16号 1968.09.24  950 hPa 接近後、九州西岸で数日間停滞
1969年  9号 1969.08.19  960     南西から北東へ抜けて直撃

1971年の空中写真は4月に撮影されていたので、その年に来た2つの台風は無関係として、上の2つの台風の影響が重なり合っていたのだろう。

{追記2}
アーカイブには1962年8月19日撮影の一ツ瀬川河口の空中写真(MKU6212X-C3B-11)があったのを見落としていた。これと1966年9月29日撮影(MKU665X-C3B-9)と並べてその間の河口周辺の地形変化を見ることが出来る。

この期間に起こった砂州の変化としては、河口部の切れ目がかなり北上したことである。北側の入り江の中では陸地側に護岸が建設されている。

1962年の時点で、河口部に人工的な構造物は認められないので、1948年から1962年までの変化は構造物に無関係であったが、その後に次々と護岸と堤防が建設され、それが一ツ瀬川の流れ、河口の移動と砂州の変化をもたらしたのだろう。

上のはじめの追記で述べた「1966年の状態は1964年から1965年にかけて相次いだ3つの強い台風の力が働いたと考えるのが妥当でしょう。」は正しかったと考えられる。また、1948年と1962年の間の大きな地形変化は1961年の18号台風の影響が強かったのかもしれない。
[PR]

by beachmollusc | 2008-08-29 21:09 | 海岸
<< 田んぼ湿地のリセット 一ツ瀬川の河口の短期変化 >>