beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砂浜が消える門川町

宮崎県でダムが建設されていない唯一の大きな川である五十鈴川の河口にある門川町の砂浜の時代変化を調べてみた。これは、いわゆる砂浜侵食が河川から海への土砂の供給が減って起こっているという説を検証することを狙っている。この川が門川湾に運んでいる土砂はダムでブロックされていないだろうから、近年の流域での斜面崩壊での流出を受けて、むしろ増えているのではないかとも考えられる。

五十鈴川の流域面積のデータを宮崎県内の主要河川と比べてみる。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shoukou/kougyou/m-geo/4th-n/4x21h.htm
大淀川(2233), 五ヶ瀬川 (1214), 耳川 (851), 一ツ瀬川 (839), 小丸川 (467), 五十鈴川 (209), の順となっていて、第6位である。また、基底比流量(m3/sec/km2)の値がカッコつきであるがその中で最大で、渇水でも枯れない流域環境に恵まれた川と思われる。おそらく流域の人工林化が他の主要河川よりも低いのではないだろうか。

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shoukou/kougyou/m-geo/4th-n/4x21.htm
< 水は環境資源としても最も重要なものの一つである。幸いにして本県は水に恵まれること本邦最大と言ってよく、年平均降水量を仮に2,500mmと見積もれば、本県には年間約190億m3、日量平均約5,000万m3の水が与えられていることになる。しかし、その大部分は洪水流量として、いち早く日向灘に放出されるので、実効的な水量は基底流量と呼ばれるものである。これは長期間降水がない次期(低・渇水期)でも、ほぼ定常的に流れている水量である。若し降水が直接岩石の表面を流下するとすれば、五ヶ瀬川や大淀川のような大河川でも、数日を出でずして河の水は涸渇する筈である。>


空中写真のアーカイブで古い写真:1947年(USA-R169-51)そして1948年(USA-M826-107)、1962年(MKU6211X-C4-13)、1967年(MKU678X-C5-9 )をオンラインで見たところ、門川漁港の防波堤は1967年までに現在の形になっている。

1974年の国土地理院のカラー写真と1993年の海上保安庁のカラー写真を比べると、門川湾の海岸の過去の大きな変化が読み取れる。
e0094349_9312649.jpg

北部の海浜総合公園の建設の埋立てで五十鈴川の北側の砂浜は消滅している。そして庵川漁港建設のための埋立てがあった。面白い変化は、公園と漁港の間に挟まれた入り江状になった部分に丸バエ川が流出しているが、その河口に干潟が誕生している。ここでハマグリやアサリ、その他の貝類が潮干狩りの対象になっていることはすでにレポートした。

湾内には乙島というヒョウタンの形に似た無人島があって、釣りや無人島探検の観光客を呼び寄せている。その北側に1993年までに防波堤が建設されている。この島の西側から門川漁港に向けて伸びている防波堤は1967年の写真には写っていない。なお、カラー写真で良くわかるが、この島の北西岸から北西に、鳴子川の河口近くの海岸まで伸びている海底地形(多分岩礁)がある。この湾の海底の堆積物を取り除いた地形は相当複雑になっているのだろう。

ちなみに門川湾の南の海岸は日向市の細島港があって、それに関連する防波堤があるが、ここで示している写真の外側にある。

おしまいに、五十鈴川の南側にある向ヶ浜について考察してみたい。この海岸は1967年の写真で見て、海岸には護岸の類が全くない自然のままの砂浜だったらしい。1974年の写真でも同様な自然状態が保たれていたらしい。砂浜の後背地には狭いながら海岸林がある。

1993年の写真を見ると、全体的に見て大きな変化はないが、河口に近い部分に護岸建設がなされている。そして、この部分では砂浜の幅が縮小しているように思われる。特に護岸の北端では砂浜が消えて、波が直接護岸に当たっている。

この1993年以後の写真を入手していないので、現在の時点でどうなっているのかわからない。最近この海岸に立ち寄ったことはあるが、たしか、砂浜の状態が悪くて、貝類の生息が期待できなかったので見ただけであきらめたと記憶している。護岸も浜の全面に建設されていたような気がする。おそらくここの砂浜は護岸建設に伴って縮小を続けているだろう。

五十鈴川にはダムがなく、流出している砂の減少は考え難い。門川湾の北にあった砂浜は公園「整備」の犠牲にされたようであるが、南に向ヶ浜があったことが北の浜を消滅させるときの口実になったかもしれない。しかし、この残されていた浜も風前の灯ではないだろうか。

門川湾はリアス式海岸であり、海岸の基盤の傾斜は急深になっているのだろう。湾口が東に開いているので、沖から太平洋のうねりが絶え間なく入ってくるだろう。そのような地勢、環境のところに出来ている砂浜を消滅させることは簡単なことだろう。砂浜の維持をになっていた仕組みは、海岸に護岸整備して内陸を守ることで壊れてしまう。たしかに嵐の時に海岸を越えて集落などに波が来ることは食い止めたい。しかし、護岸を造ることで砂浜が消えることがあらかじめ予想されていたら、他の対策を考えることが出来たのではなかったか。

{追加}
向ヶ浜の護岸建設に反応した砂浜の姿を見やすくするためにその部分の大きい画像を示す。
e0094349_18203276.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-09-03 10:40 | 海岸
<< シーガイアの前の海岸で起こったこと 日向市の伊勢が浜は大丈夫だろうか >>