beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シーガイアの前の海岸で起こったこと

e0094349_1952931.jpg

1974、1993,2006年の空中写真から読み取ってみよう。

1974年に一ツ葉道路が完成した。
その時は1960年代から進められていた海岸林の海岸側への拡大が最終段階になっていた。
道路の海側ではバームの上で植林の準備中であった(高解像度で見るとわかる)。
この時点ではこの写真部分の海岸の侵食は見られない。

1993年には宮崎港の防波堤は出来ているが、マリーナと海水浴場はできていない。
サンマリーナの建設予定場所では砂の堆積が著しい。これが後でマリーナの入り口での砂の堆積問題(嵐のたびに航路浚渫が必要になったこと)につながっているだろう。

1993年では離岸堤が並んでいて、その岸側に砂が堆積している。道路の海側の植林は完成したが、林の下の浜崖で侵食が起こっていて、それが著しい道路のカーブの部分で護岸が建設されている。しかし、構造物がない北側を見れば、広がった林のすぐ下で浜崖は出来ているが陸側への侵食は起こっていない(固定されている)ように見える。

2006年の写真にはすさまじい侵食状態が、護岸の建設を追って進んだように見える。
この写真部分では見えないが、時期的にすぐ前に建設された北側の石崎浜の護岸では侵食が見られない(前のブログ参照)。

以上のように、砂浜の縮小はまず海岸林の拡大とその完成によって起こってきたようである。次に波打ち際での海岸道路の建設に伴って、大波がそれを侵食する可能性が高くなり、それを防ぐために護岸が建設されたが、そのために砂浜は護岸部分で消えた。さらに、次々に新しい護岸が建設され、新しい侵食を促し続けているのが現状だろう。

もし、大淀川から出ている土砂が港の建設で北への流動が遮断されて減ったとすると、1993年に見られたマリーナの建設前に北側の防波堤の付け根に堆積した砂はどこから来たのだろうか。離岸堤のところは全体として砂が堆積して浜が広がっている。そして、さらに北側ではとくに変化していないようである。つまり、防波堤の付け根に溜まった砂は沿岸流による漂砂で運び込まれたと見てよいだろう。

もし、このような解釈が正しければ、海岸林の造林および海岸道路と護岸の建設が砂浜消滅を引き起こした主犯であって、砂の供給と消失のバランスシートが崩れて砂浜が消えたと考えるよりも、むしろ海岸林を含む人工的な海岸構造物が次々に建設された自然の反応だったのではないか。それが本当のシナリオだった場合には、道路の廃止と海岸林の縮小で昔のような(1960年代まであった)広い砂浜の海岸が取り戻せるかもしれない。
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-03 20:31 | 海岸
<< 門川町の向ヶ浜探訪 砂浜が消える門川町 >>