beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

門川町の向ヶ浜探訪

今朝のミッキーの散歩は門川に遠征しました。とはいっても、片道30分のドライブでした。
目的は向ヶ浜の現状を見ることです。空中写真を見て推理したことが当たっているかどうか、実際に確認しながら、間違っていたら考え直しです。空中写真では水平にしかつかめない(ただし二枚の近接写真を並べて立体視ということは可能であるが、オンラインでは難しい)。特に海岸林と垂直護岸の海面からの高さなどの状況はわかりにくいものです。

この海岸の後背地は、南町の住宅街となっています。宅地の海面からの高さは7~8mあるようで、海岸林は土地のよう壁の下にあり、その海側に垂直護岸が建設されていました。この護岸では台風の高潮や大津波を防ぎきれないでしょうが、よう壁が高いので住宅地は通常の波浪に対しては十分守られているようです。海岸のすぐ縁に建売住宅が売り出し中でしたが、多分、購入して住んでも大丈夫だと思います。いつでも海岸に出て、釣りでも散歩でも出来ます。浜には投げ釣りをやっている人がいて、獲物はヒラアジのチビが1尾、バケツの中で酸欠状態でした。

垂直護岸が建設された年代は不明ですが、かなり古いようです。

ミッキーがすぐバテてしまうので、今回は中央から南側の半分だけ歩いて見ました。
e0094349_8132968.jpg

5枚の写真を組み合わせて、現状の概略を示します。

写真は垂直護岸の中に造られたトンネルから浜に出て、少し北に歩いてから、浜の中央部で撮影しました。

この浜の北側の半分は護岸の前に消波ブロックが置かれていました。色が白とグレーのマダラになっていて、損壊と補修が最近行われたように見えます。

南側のはるかかなた、浜の端部分に工場がありました。この浜の南端部は日向市になっていますが、不思議なところに町と市の境界線があります。

1993年の空中写真で見られたように、南側では海岸の砂が堆積して盛りあがってきているようでした。垂直護岸の付け根部分が砂で覆われて、護岸の見かけの高さが北側よりもかなり低くなっています。そして、護岸の前の砂浜には海岸植物群落がよく育っていました。
エアープランツもいました。
e0094349_9483715.jpg


砂の上の植物は北側ではほとんど見られません。つまり、北半分は波がよくかぶるのでしょう。護岸をガードしている消波ブロックの配置を見ても、この海岸では南北で波あたりの程度が大きく違っていると思います。これは湾口に建設された細島港の巨大な防波堤で波が遮蔽されているからだと思われます。ただし、東北東からまっすぐ入って来る波が浜に直接当たります。

外洋から門川湾に入っている大きい波が部分的に遮蔽されているとはいえ、うねりの波は浜の全体に打ち寄せて砕けていました。今朝は穏やかな天気でしたが、寄せ波はかなりありました。うねり波が造る独特の地形である、ミニカスプが出来ていました。

この浜の波打ち際の砂の状態は、砂利が多く、小倉ヶ浜などの外洋に面した海岸とは違って、波による浜の堆積物の淘汰が不規則だということがわかります。

1993年の空中写真で見られた五十鈴川の河口付近、その護岸で砂浜が侵食された状態は、その後はあまり変化していないようです。まだ浜の北側を歩いていないし、最新の空中写真を見ていないので、変化の程度は確認できませんが、少なくとも南半分の砂浜は侵食ではなく、堆積が進んできたようです。ということで、護岸に沿った侵食の連鎖が広がるような経過は辿っていません。すなわち、この浜は北で幅が狭くなっていても南で広がり、その状態で安定したと思われます。

侵食が広がるかどうかは波当たりの程度によりますから、浜の南側は結果として嵐の影響で侵食されない状態に保たれているようです。細島港の防波堤は1974年の写真では見えないが、1993年の空中写真ではあります。この写真の後で防波堤は強化されているようです。

結論として、向ヶ浜の砂浜侵食の拡大は杞憂だったようです。
e0094349_9323691.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2008-09-04 09:14 | 海岸
<< 延岡市の長浜海岸 シーガイアの前の海岸で起こったこと >>