beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海岸変化は地殻変動と海水準変動の合作 

宮崎県のHPには宮崎海岸について下のような解説がある。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shoukou/kougyou/m-geo/4th-n/4x322.htm
 
<最近の一ッ葉海岸の侵食は著しく、海岸線の後退が目立つ。砂丘はやせ細り、砂丘の一部までが直接暴浪に洗われて崩壊し、砂丘崖となっている状態は新潟海岸砂丘の侵食ぶりを思わせる。一般に諸河川からの土砂は移出量の減少と海浜沿岸における土砂移動の阻害は海岸侵食の大きな要因と考えられる。宮崎平野海岸に再び”縄文海進”が起こらぬことを願ってやまない。>

この文書の最後の引用部分、すなわち海岸侵食問題は宮崎市民にとって深刻な問題と受け止められている。そして、海岸侵食が進んでいる原因は上の文章で説明されたものと認識されているだろう。しかし、現場の様子を見ながら過去の空中写真で見られる海岸の変化を時系列で見て行くと、この説明が正しいとは思われなくなってきた。ここでは、その疑念について重要なポイントを説明したい。

上に引用した県のHPでは、説明の前提として以下の文章がある。

<本県の海岸地形は、第三紀末に起こったと思われる地塊運動と更新世末の海退、及び沖積期の海進と、その後の海退ないし沖積作用によって、現在の骨格がほぼ形成されている。海岸線の屈曲は、地塊運動時の地盤の差別的な変位と、その後の差別的侵食とによって生じたものであり、砂浜海岸は主に河川による土砂の供給と波食とのバランスの上に成立しているものである。>

この説明文は正しいが、一つだけ、とても重要なことが抜けている。それは宮崎海岸を支える岩盤が隆起性である点である。

九州大学のバーチャル博物館サイトでわかりやすく展示しているので見て欲しい。
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/PLANET/03/03-5.html
<地殻のゆっくりとした動きを確実に捉えるために、海成層を用いて12.5万年前の旧海岸線の現在の高度を調べました。当時の海岸線は現在の海岸線の高さとほぼ同一であったので、旧海岸線の現在の高度は過去12.5万年間に生じた地殻上下変動の累積量を示します。
調査の結果、宮崎平野では120mの大きな隆起、熊本平野では80mの大きな沈降、北部九州のゆっくりとした沈降が過去12.5万年間に生じたことが明らかになりました。この動きは過去20万年間続いており、将来も続くと考えられます。>


つまり、九州山地の西側で地盤の沈降、そして東側で隆起が続いているというわけである。

宮崎平野の地盤の隆起速度については、12.5万年前と比べて現在は120m高くなった、というのが地球科学者の見解である。もしそれが一定の速さであったら、10年間に約1cmの緩やかな上昇となる。

ところが、宮崎平野の周辺の縄文時代の遺跡分布を県の総合博物館のデータベースで見ると、そのほとんどが現在の海抜60~100mの、大淀川水系流域の各河川の縁に沿ったシラス台地(噴火灰が積もった場所)の上にある。これは何を物語っているのだろうか。

日本地図センターでは、宮崎平野の地形図を彩色して見やすくした画像をオンラインで閲覧できるようにしている。(日本地図センター彩色地形図閲覧)
http://net.jmc.or.jp/saishiki/MF_SearchSampleDigitalMapEX2.asp?cntLat=31.96181&cntLon=131.4351

もし、縄文遺跡が関東平野の場合と同様に海岸付近にあったとして、地盤の隆起が5000年間で5mだったとしたら、とても不思議なことになる。つまり、一桁違うのである。

縄文時代の初期には「縄文海進」という海面が上昇した時期があり、現在よりも数m高かったと推定されている。その後の、過去約5000年間、現在までの平均海水面は±1m以内の変動だったはずである。世界全体の平均海水面の変動について、地球温暖化問題の検証のために詳しい調査が行われ、地域的な地殻変動による地域的な水面変化と全地球的な変化とが識別できるようになっている。ちなみに、過去1世紀の全世界の海水面上昇は20cm程度と考えられている。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sea_level_rise

海水面がほぼ一定だった過去5000年間に、縄文遺跡のあったところが海抜50mまで上昇したとすれば、地盤の平均年間上昇率は100年あたり1mとなって、かなり急速である。妄想を逞しくした話で、この上昇が事実であったとすれば、九州大学サイトが示した大地震を伴わない緩やかな地盤上昇とは見かけだったのかもしれない。実際は、数百年くらいの間隔で起こった大地震のたびに繰り返し、毎回数mずつ一気に上昇していたのではないだろうか。そして、最近数百年の歴史では、この附近で巨大地震は起こっていない。

なぜ、このように考えるか説明を試みよう。12万年前の(現在と同程度の)温暖期から現在までの海水準(全世界平均の海水面)は途中の氷期の間は約2万年前まで、上下変動はしていたが、低下し続けていた。2万年前の海水面がもっとも低かった時代には現在の海面より130mくらい下だったと推定されている。その後、今より1万8千年前から8千年くらい前までの1万年間は温暖化による連続的な海面上昇があって、100年あたり平均約1m上昇のペースだったと考えられる。

問題は、氷期の最盛期だった、海水面上昇が始まる前の18000年前(海水準が現在より130m下)に宮崎平野がどのような姿だったかである。そこで、地盤の隆起を二つのモデル、すなわち、ゆっくり(100年に0.1m)と早い(100年に1m)にわけて考察しよう。数字はわかりやすく丸めて概数で扱う。

(ゆっくり説)
18000年間ゆっくり上昇を続けた結果、地盤は18mの上昇である。その間に130m海水面は上昇していたから、差し引き高さ112mの陸地部分が水没したことになる。最近5000年間、海水準は上昇していないから、海岸で5mの高さまで陸地が上昇して盛り返しただろう。

その間、海岸と平野はどうなっていたか。18000年前の海岸線は現在の水面下107mの計算となる。現在大陸棚と呼ばれる部分が陸地となっていて、それが当時の海岸平野だったわけである。今の宮崎平野の当時の姿は標高が高まっていただけで姿はあまり変わらず、縄文人は標高50m以上の川沿いの高台に住んでいたので、海の恵みよりも陸の恵みに依存していたのではないか。遺跡から出土する海産物の食べかすは少ないだろうか。

(早かった説)
海水準の上昇速度よりも陸地の上昇速度が全体として勝っていたことになる。実際の海岸の位置関係は、5000年前に現在の標高50mあたりが海岸線で、今の宮崎平野はすべて海面下となっていた。海岸線は今の大分から北部宮崎のような溺れ谷のリアス式海岸地形となっていた。その後の陸地の早い隆起で宮崎平野は陸上に姿を現し、海側に拡大を続けた。ただし、縄文海進の数千年間(今から7000~5000年前頃)は陸地側への侵食と地盤の隆起が拮抗していたかもしれない。

縄文期の遺跡が5000年前の海岸線を示すとすれば、その後の隆起にともなって、新しい時代の遺跡は海側に移動しているだろう。2000年前頃に稲作が始まっただろうが、その頃には宮崎の海岸平野の規模は拡大されていただろう。稲作文化の天孫降臨伝説は、このような状況で東九州に平野が出来てきたことが背景になっていたのかな。

以上は、あくまでも想像に過ぎない。ただし、地盤の隆起傾向は事実であり、問題はそのスピードである。これ以外にも違うシナリオは描けるだろうが、推理の前提となる情報を増やしてから整理する必要がある。

外山 秀一 (著) 古今書院 (2006) 遺跡の環境復原―微地形分析、花粉分析、プラント・オパール分析とその応用 
第4章 沖積平野の形成と遺跡の環境(宮崎平野―大淀川下流域における古環境の復原

という本があることを知ったので注文を出した。これを読むのが待ち遠しい。
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-05 10:25 | 評論
<< たまちゃん来る 延岡市の長浜海岸 >>