beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

九十九里浜の海岸林造成と砂浜環境の破壊

砂浜侵食問題と海岸林の関係を整理する必要があると考えて、九十九里浜を中心に情報を集めて考えてみた。そのきっかけとして、菊池英治さんの海浜植生に関する報告があった。(海岸砂丘の遷移、沼田眞編:現代生態学とその周辺、東海大学出版会1995)

これには、九十九里浜で1974年から1980年までの現地調査の報告として、まさに海岸林造成がたけなわだった頃の砂浜の様子、海浜の自然植生が剥ぎ取られた後で人為的に海浜植物群落が植栽されていたことが記録されていた。外洋に面する砂浜で、防災事業として全国で熱心なクロマツの植林が続けられていたことは、空中写真の映像を時系列的に見たときに明確に認識できたが、その過程で砂浜の草まで改変されていたことを知って大変驚いたのである。
e0094349_926771.jpg

上の図は著者の了解を得てここに引用しているが、海岸林(松林)の海側に、重機で砂を寄せて圧縮した高い堤防を造成してから海側に海浜植物を植栽している。そのような工法が取られ始めたのは1965年からだったとある。植栽には現地性のものだけでなく、九十九里に自生していなかったハマニンニクとワセオバナが用いられていた。

この調査地の砂浜は図に示されたように急速に海に向かって拡大中であった。そして堤防造成工事後に新たに堆積し続けた砂の上では群落が海側に広がりながら、その上で植栽された植物と自生植物の遷移が起こっていた。植栽された草の成育場所が変化し、さらに年数の経過で、もとから自生していたコウボウムギやチガヤに取って代わられていたようである。

日本人の多くが好む「自然景観」は白砂青松という言葉が示すように、人為的に整然と管理された姿であるかもしれない。近年ではその維持が様々な理由で難しくなっている。海岸林の危機的な状況を受け、「海岸林が消える」(大日本図書2000年)を出版した近田文弘は次のように主張している。

日本の海岸林の現状と機能
<海岸林の保全のために、1)マツノザイセンチュウによるマツ枯れ被害の防止に万全を期すべきである。このためマツノマダラカミキリを殺虫剤で駆除することは止むを得ないと考えられる。2) 国有林を中心として、公有の海岸林の広葉樹林化に対応し、マツ林の保全する林分と広葉樹林化にゆだねる林分および、公園等に利用する部分の区分を明確にした海岸林整備計画を策定し、それを実施することが必要である。この場合、海岸林の防災機能を確保するためには、大部分の林分をクロマツ純林とするべきと考えられる。 (後略)>
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jscf/RonbunPDF/JSCF1(1)/JSCF1(1)1-4.pdf

海岸林の保全管理が防災上重要な課題であるが、このようなクロマツ海岸林保全が核となる原理主義のような主張を見ていると、これまで全国的に砂浜海岸で地形改変と自然環境撹乱そして農薬汚染を伴う自然破壊が極めて熱心に行われてきたことの背景が見えてくる。上の二項目の問題点の指摘は、それぞれ前提部分ではまことにもっともなことである。しかし、後に続く対策部分は生態的、持続的な環境保全の方策としては受け入れられ難い主張ではなかろうか。

海岸林の拡大植栽とその後の保全管理に並々ならぬ努力が多くの関係者によって積み重ねられてきた歴史は尊重したい。しかし、クロマツ林一辺倒となってしまい、その保全だけが自己目的化され、砂浜海岸全体の保全という視点がどこかに消えてしまったのではないだろうか。

昔の海岸林の造成、維持の様子を古い写真で紹介しているサイトがある。

森を作るということ
<何気ない海岸のマツ林
しかし、本当はものすごい大変な作業で作り上げたのです。
昭和30年代に行われた記録写真です。風の松原と呼ばれているところです。
米代西部森林管理署作成 能代海岸防災林の造成の記録「風に学んで」より一部拝借>

http://www.kikori.org/reforest-kaigan.htm

まさに自然との闘いであるが、近年では重機の使用で大掛かりな海岸工事が進められている。

海岸林について、行政や工学関係の研究者が書いている文書や論文を見ると、「あるべき姿」それも人為的に管理されるべき姿を想定した上で、それを達成するために技術的にどうするか、という発想が根幹にあるように見える。自然の移ろいや時とした暴威を理解し、それに効果的に、しなやかに対応する、というような視点はほとんど感じられない。また、海岸の自然の力による変遷過程、たとえば海岸線の前進、後退現象やビーチサイクルについて無理解である。関係者たちは、何でも固定することが保全管理と思っているようである。

海岸林の造成
<海岸林の造成は、松くい虫と過湿化対策を中心に進めています。
特に、九十九里海岸南部地域は過湿化対策が重要となっています。
Ⅰ 砂丘の造成
汀線に平行に人工の砂丘を築き、砂の移動に強いハマニンニク、コウボウムギなどを植えます。
 また浸食の激しい海岸では、砂丘の前に防潮提を設置したり、特に必要がある場合には、砂丘上に間伐材等を利用した防風柵を設けることもあります。>

http://www.pref.chiba.jp/ringyo/hokubu/profile3.html
この説明では自生種のコウボウムギの存在に気がついたようであるが、砂丘を造成して海岸部の流動的な前浜部分をなんとか固定したいという点は昔のままである。

過湿化対策ということは、おそらく砂浜の消失と護岸のコンクリートに直接波が当たっていることから起こっている海水飛まつの問題であろう。海岸の前浜に張り出した植林、植栽領域が結果的に砂浜を消失させ、波浪を砕けさせて力を弱める緩衝力を失わせた、そのしっぺ返しではないだろうか。

飛砂による後浜の地形変動と海岸植生の効果に関する研究
有働恵子
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/B22/B2281014/1.pdf
頑張って研究し、役に立つ情報を集めて立派な報告を出している。しかし、これを読んでいて、何かがおかしいという印象がぬぐえなかった。

南日本における海浜植生の成帯構造と地形 中西弘樹,福本紘 - 日本生態学会誌, 1987 Vol.37, No.3 pp. 197-207.

海岸の自然環境を保全するためには、上のような地道な植生の調査記述をはじめ、基礎的な情報をしっかり集積しないといけないが、それをやりたくても自然の海浜植生が残された場所がすでに日本の海岸から消えてしまっているのではないだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-12 09:38 | 評論
<< 宮崎平野の古海岸線の(大胆な)復元 縄文時代以後における宮崎平野と... >>