beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

土佐湾の延長上にある宮崎平野の地形

過去の巨大地震での地殻変動パターンを見比べたら、面白い発見。

土佐湾が東西で対称的に岬が突き出た綺麗なカーブを描いている理由がわかりました。あそこでは足摺、室戸の両岬の真ん中辺りを東西に走る線の北側で沈降、南側で隆起です。プレートの沈み込みが起こす地震で、手前が盛り上がって向こう側がへこむというパターンが繰り返され、岬は盛り上がりながら侵食され、湾内はへこみながら堆積する、という歴史が造った地形のようです。

宮崎平野の場合は、土佐湾を横切る線をそのまま西に延長すれば、一ツ瀬川のあたりに大きな断層があってその南側が競り上がり、平野の南端の先でへこむのでしょう。青島から日南でどうなっているか未確認ですが、その辺にも、もう一つの断層があって地殻変動の境界面が出来ているかもしれません。これから青島に投資するのは間違っているかも?

海底地形の画像と、マクロな陸上の地質図を付き合わせれば、以上のパターンを形成したプレート運動が何をやってくれたかが想像できます。

四国の山なみというサイトから画像ごと情報を借用します。
http://www.geocities.jp/kyoketu/index.html
五つの大地震
http://www.geocities.jp/kyoketu/sub8.html
<西南日本周辺の海底地形図。桃色の領域は南海、東南海地震の想定震源域。海水を取り除いて海の底にある地形をみれば、海底のプレートがゆっくり陸の下に沈み込んでいる様子がわかる。(地形図は平成一二年度南海トラフにおける海溝型巨大地震災害軽減のための地震発生機構のモデル化・観測システムの高度化に関する総合研究。想定震源域は地震調査研究推進本部、地震調査委員会、二〇〇一より)>
e0094349_22144745.jpg

e0094349_2215075.jpg

四国の土砂災害
http://www.skr.mlit.go.jp/sabo/disaster/disaster.html
e0094349_22193423.gif

四国と九州は海で別れていますが、地質図を見れば連続性が一目瞭然。
Eijun Ohta's Home Page
http://staff.aist.go.jp/ohta-e/ohtajap.htm
e0094349_22222048.gif

四国の愛媛県南部と大分南部から宮崎北部(日向市北部まで)の地形がよく似ています。
日向市の近辺には四万十帯が走っています。豊後水道のところをを掘り下げて四国と九州を分断したのが、ラインの北の沈降でしょうね。

宮崎平野は輪郭が三角です。四国の南端のすぐ上の構造線の延長が一ツ瀬川のところに曲がりながらつながり、三角の北側のラインを作っているのでしょう。南側の青島附近から北に向かう地形構造はそれと直交しています。日向灘の部分では、プレートの沈み込みが、四国から和歌山沖の直線から弓なりに曲がっているので、もしかしたらプレートがひび割れようとしているのか。それが数千年ごとに起こっているとしたら....

画像のファイルサイズが巨大なのでURLだけ紹介します。50万分の1土地分類基本調査
<本調査は、国土全域の自然的要素(地形、表層地質、土壌)の類型区分を概括するため、全国を6地域(北海道、東北、関東・中部、中部・近畿、中国・四国、九州)に分割し実施しました。>
http://www.tochi.nla.go.jp/tockok/inspect/landclassification/land/basis/50-1/F1_exp.html
オンライン情報が充実してきています。5年前には出来なかった仕事が自宅でできます。

{追記}

四万十帯の日向層群と宮崎層群の境界部分が宮崎平野の北側の輪郭と一致しています。
延岡衝上断層および塚原衝上断層のクリッペと変位量< 四万十帯の地層は,インシーケンス衝上断層(in-sequence thrust)でデュープレックスを作りながら付加したと考えられるため,それらを切る延岡衝上断層や塚原衝上断層は,アウトオブシーケンス衝上断層(out-of-sequence thrust)(Morley, 1988;木村,1997)ととらえることができる.延岡衝上断層や塚原衝上断層は,変位量の最小値でも60 kmあるいは30 kmもある大規模なもので,上盤・下盤相互の間には,同じ時代の地層が存在するものの,原岩の岩質まで対応する地層は存在していない.両衝上断層は,主分布域ではそれぞれ,10°~20°NW,10°~30°NWの傾斜であるが,尾鈴山付近と内ノ八重付近のクリッペの存在を考えると,現在の日向層群分布域の上では,断層面はほぼ水平になっていたことが分かる(第17図 97kb).これらの衝上断層の上盤は,付加体深部から10°~30°程度の傾斜で上昇し,浅部で水平になるランプ(ramp)とフラット(flat)のような関係になっていたことが考えられる(村田,1998b).>
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shoukou/kougyou/m-geo/5th/403ntk.htm

地学の基礎知識がまだ弱いので、上の用語の理解が浅くてヤマカンの理解ですが、これが海岸での地盤隆起や沈降と関係していそうです。そろそろ本職の地球科学者に助けてもらう必要が出てきました。

海洋プレートが大陸地塊(堆積岩、溶岩、変成岩、そして堆積物)の下に潜りこんでいる境界部分で、一緒に連れ込まれている地塊の不均一な構造が影響しているのでしょう。その参考になる海上保安庁情報:
日向灘で海底山脈の沈み込みを確認
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h19/k20071130/k071130.pdf
<平成18年までに日向灘~九州南方海域において実施した地殻構造調査の結果,日向灘の海底下に海底の大山脈が沈み込んでいる様相が初めて捉えられました.得られた地下構造は,当該海域の地震発生のメカニズム解明や地震波の伝搬の解析に活用されることが期待されます>

(追記、13日)

注文してあった宮崎平野の地質図がやっと来ました。
スキャンした関係する部分をクロップして、説明を加えた図です。
e0094349_18101080.jpg

これまでの想像を裏付けるような、佐土原の附近の地下に断層、そして周辺に重力異常が明示されています。天然ガス井がその中央部に集中しています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-12 22:23 | 海岸
<< 砂丘の前面に出来る浜崖は侵食地形? 宮崎平野の古海岸線の(大胆な)復元 >>