beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

新潟平野における海岸侵食

国内では古くからもっとも有名であり、その規模の大きさでも有数な新潟における海岸侵食を振り返って分析してみました。

『ほっと ほくりく』クローズアップ 美しい浜辺を守る
http://www2.hokurikutei.or.jp/backnum/02jul/closeup/01.html

<新潟海岸における海岸侵食は明治22年以降最大で360メートルにも達する。その主な原因は、(1)明治29年から始まった新潟西港防波堤工事による西向き漂砂の遮断、(2)信濃川治水の大事業であった大河津分水路の通水による信濃川流送土砂量の激減、(3)昭和30年代以降顕著となった天然ガスの汲(く)み上げに起因する地盤沈下の影響等の要因が重なったものと考えられている。>

このように項目の中に地盤沈下が最後にあげられていました。しかし、その規模や影響の程度がわからないので、地盤沈下の環境省サイトでチェックすると、
全国地盤環境情報ディレクトリ(平成10年3月)新潟県 新潟平野
http://www.env.go.jp/water/jiban/98/15-1.htm
ここでも九十九里平野と同じ理由の地盤沈下が起こっていました。すなわち天然ガス採取のための地下水の大量汲み上げです。

<新潟平野の地盤沈下地域は、新潟市の中・西部から信濃川沿いにかけての約805k㎡に及んでいる。累計沈下量の最も大きいのは新潟市西部で、観測を開始した昭和32年から起算して最大値は約277㎝に達している。近年は大部分の地区で鈍化しているが、新潟東港から西港にかけての海岸部及び内陸部の一部地域では一貫して沈下傾向を示してきている。

また、平成5年度には新潟市河渡新町で3.6㎝(全国ワースト2位)、平成7年度には新潟市松浜町で2.5㎝(全国ワースト5位)など、本地域の地盤沈下は沈静化しながらも複雑な状況を呈しているため、長期的な見地からさらに監視調査を継続する必要がある。


最初に紹介した国の直轄の海岸侵食事業で対象地域となっているのが、この新潟市西部ですから、地盤沈下と海岸侵食が密接に関係していることが疑われます。

経済産業省が最近発表した天然ガス田調査の情報がありました。「新潟平野ガス田(水溶性ガス田)」等に関する調査結果について~工業用に地下水を採取する事業者の方々等に対しての情報提供及び注意喚起~(PDF形式:890KB) 平成20年7月16日(水)
http://www.meti.go.jp/press/20080716002/20080716002.pdf

新潟県が発表した情報:観測結果報告書:新潟平野の地盤沈下(平成20年3月)
地盤変動図(50年間:S32.9.1~19.9.1)( PDF形式 493 キロバイト)
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/19niigata_hendou50,0.pdf
地図上に過去50年間の累積地盤沈下量分布の状況が示されています。
海岸線に沿った地域のほとんどが2000mm=2m以上の地盤沈下です。

北陸地方整備局 信濃川下流河川事務所 記者発表資料
http://www.hrr.mlit.go.jp/shinage/oshirase/pressrelease/h20/080401.pdf
<新潟海岸(金衛町工区)における侵食対策の推進 ~安全で快適な海岸の保全と創出~
事業の概要
信濃川下流河川事務所では、新潟海岸(約 10.7km)を対象として侵食対策事業を進めています。昭和 52 年度より関屋分水路から新川までの約 7.9km区間(有明浜工区・五十嵐浜工区)において離岸堤、人工リーフ(人工サンゴ礁)及びヘッドランド(人工岬)等の整備を行い、約 40ha の砂浜が回復しています。 その一方で、関屋分水路から東側延長約 2.8km 区間(金衛町工区)は供給土砂の減少により侵食が激しく砂浜がほとんどない状況です。このため、昭和 40 年度から新潟県によって対策が実施されてきましたが、抜本的な保全対策を行なうため平成 19 年度から直轄事業として着手しました。  (中略)
平成20年度事業の実施内容
ヘッドランド(人工岬)の整備と養浜(砂の投入)を実施することにより、背後地の安全度向上を図ります。 平成20年度 事業費 約520百万円 >


この事業の説明でも、他の場所と同様に砂の供給バランスの問題が説明に使われていますが、同様に、地盤沈下については何も言及されていません。近年では汲み上げた地下水を還元したり、対策を強化しているのでやや沈静化していることもあって、問題視されていないのでしょう。しかし、沈下は最近でも続いていることは上に引用した情報に示されています。文章ではわかりにくいので、同じサイトで示されたグラフをコピーして示します。
e0094349_6263290.gif

新潟市内の水準点で観測開始から累計で1mを超える地盤沈下が起こっていて、特に1960年代の前半で激しかったことが記録されています。グラフでは1970年代から後は沈静化しているように見えますが、初期の沈下が極めて激しかったために目立たないだけです。最近の数値で、年間沈下量の大きい場所は全国的に比べてみて上位になっています。

海岸部で地盤沈下が起こった場合に、そのまま自然の力に任せておけば、侵食を受ける砂浜では汀線が後退して、時間が経過すれば、海岸線が内陸側に移動してバランスがとれるでしょう。遠浅の砂浜ではその効果が大きくなり、現地の斜面の傾斜がわかりませんが、一般的に考えてみると、おそらく1mの沈下で数百mは動くだろうと思われます。しかし、これについて具体的な見積もりが検討されたかどうか、いまだに海岸侵食問題関係ではそのような情報が見つかりません。

沿岸漂砂の空間的〔特に水平的〕な収支の問題は日本の海岸工学の分野では熱心に論議されています。しかし、地盤沈下によって3次元空間で起こるバランスの崩れに注意が向けられていないようであることは「重大な見落とし」ではないでしょうか。

沿岸部の表層でおこる漂砂の堆積の偏りは目の前ですぐ見え、嵐のたびにめまぐるしく変化します。通常の沿岸流で動いている時も、海岸に造られた障害物の周囲での変化は見えやすいものです。海岸工学の専門家などはこれに眼を奪われて、肝心なところを見ていないのでしょう。

浅海部で砂がどのような動きをしているかをわかりやすく説明したファイルがニュージーランド政府のサイトにありました。Waikato大学の専門家が作成しています。

地盤沈下は特に注目されていなかったので、作成者あてに質問状を出してあります。どのような返事がくるか、お楽しみです。
http://sci.waikato.ac.nz/staff/erth/delange
この髭もじゃのおっさんがDr Willem de Lange、彼のResearch Interests:
Oceanography, coastal processes and climatic hazards; tsunami and storm surge prediction and mitigation; wave-induced sediment transport on the continental shelf and within estuaries; dispersal of materials in the coastal zone; numerical modelling.

日本に来ても商売になりそうな人です。どこかの大学で客員に招待して一緒に揉んでいただいたら日本人研究者にもよい刺激になりそうな。ところで、肝心の彼のビーチ・ダイナミクスの説明ファイルです。
http://www.ebop.govt.nz/coast/media/pdf/Dunes-WillemdeLange-UoW.pdf

ニュージーランドも日本と同様に地殻変動が激しい国です。平野部で地下水などのくみあげで地盤沈下が激しいのは日本(そして台湾)の特異性でしょうが、この人の場合は温暖化による海水面上昇を気にしていて、それが進行する場合は砂丘の部分をうまく使ってセットバックすることを提唱しています。

かなり前のことでしたが、北島のオークランド市に近いオマハビーチを訪れて、砂浜に打ち上げられた貝殻の山が出来ていたの見て感激しました。昔の日本の砂浜ではこれが当たり前だったことが懐かしく思われました。

そのビーチでは砂丘部分の環境保全を熱心にやっていました。ビーチの利用者のための施設はありましたが、砂丘よりも陸側にしかなかったし、海岸に下りる通路も海浜植物の保全のためにきっちりと決められていて、もちろん護岸は建設されていません。浜で砕ける波の音を聞いてください。
http://www.omahabeach.co.nz/

アメリカのEPA環境保全庁では砂浜での養浜の必要砂量を推定するために、このファイルで説明されているHallermeierの理論モデルを使っています。
http://www.epa.gov/climatechange/effects/downloads/rtc_leatherman_nourishment.pdf

要するに、嵐の影響も含めて、海岸で流動している砂は、移動はするが短期的に量は変わらない、という概念が基礎になっています。日本の行政関係者は、川から砂が来なくなったら侵食が起こると信じきっているようですが、それは時間のスケールが違っていて、おそらく効いてくるのは100年のオーダーでしょう。嵐で巻き上げられて流れで運ばれる砂はそのまま沖に消えているわけではなさそうです。

隆起した平野部で海の中で堆積した地層をボーリングして調べると、前浜の特徴をもつ、厚みが2mくらいの砂の層が見つかります。それをもとに、九十九里浜海岸の隆起の歴史を調べた論文がでています。かつて流動していた砂の層の「化石」が地殻の隆起でそのままに保存されてていて、しかも連続的に存在しています。

どこかの行政サイトで、海底の土砂崩れで砂が沖に消える、などと説明されていたので、思わず噴出しそうになりました。傾斜が緩やかな平野部の海岸の砂浜で、そのようなことが起こったら天変地異です。たとえ岸近くに深い切れ込みの海底谷があっても、なかなか海底で土砂崩れは起こらないでしょう。つまり、川からの土砂の供給が止まった後は、沖に向かって平野が広がる分として追加される堆積が止まるだけでしょう。(注、例外あり、コメント参照)

新潟海岸の紹介サイトで、空中写真を見ることが出来ます。ずいぶんお金をかけ、苦労して砂浜を維持している様子が良くわかります。宮崎の海岸もこのようにしてしまいたいのでしょうか。
新潟海岸情報ステーションhttp://www.kaigan-info.jp/n/kaigan/index.html
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-15 06:41 | 海岸
<< アカトンボ 閑話休題 >>