beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

仙台平野と宮崎平野の共通点

記者発表資料 平成15年5月28日 13時00分 仙台河川国道事務所
仙台海岸出張所開所式について
<1.概 要
 仙台湾南部海岸は、仙台市、名取市、岩沼市、亘理町、山元町の3市2町にまたがる東北地方でも数少ない長大な砂浜を有する海岸であり、背後には100万人以上の人々が生活する仙台都市圏を抱え、JR常磐線および国道6号線等の交通運送上重要な地域であります。
 しかし、近年は供給土砂量の減少に伴う海岸侵食が著しく、沿岸部に発生する台風や低気圧による波浪で堤防の被災が頻発しており、特に浸食の激しい山元・岩沼海岸を平成12年度から直轄の整備区間として、早急な対策事業を実施することになり、生態系への影響にも配慮したヘッドランドと養浜を合わせた海岸事業に着手しました。
 この度、本格的な海岸事業の整備促進を図るため、工事を担当する「仙台海岸出張所」が新設されたので、開所式を実施するものである。

2.事業計画
    ・山元海岸 ・・・・・・ 延長    9.2km
     (中浜・笠野)   ヘッドランド    16基
             養浜   350万m3
    ・岩沼海岸 ・・・・・・ 延長    4.7km
     (蒲崎)     ヘッドランド     3基
             養浜   100万m3
     ※ヘッドランド・・・海岸線から海へ「T型」に突き出た突堤を設置し、砂の移動を少なくするとともに海浜を安定化させる施設

3.事業経緯
    ・昭和33年度  海岸保全区域の指定を受ける
    ・昭和62年度  直轄調査開始
    ・平成 7年度~ ヘッドランド整備に着手
    ・平成12年8月  直轄編入
    ・平成13年度~ 「仙台湾沿岸海岸保全基本計画」の策定開始
    ・平成15年4月 「仙台海岸出張所」の新設>

http://www.thr.mlit.go.jp/wwwroot/Bumon/J74100/kisya/03052801.htm

おお、仙台湾よ、お前はすでに死んでいたのか。

東北大学大学院の松本研究室がこの問題に取り組んでいて、オンライン情報が豊富です。

公開シンポジウム 明日の仙台海岸を考える 資料 2002.04.21
仙台平野の海岸線の砂浜侵食問題と過去5000年間(縄文時代中期以降)の砂浜の成長速度
松本秀明(東北大学大学院理学研究科 環境地理学)
http://www.izcc.tohoku-gakuin.ac.jp/liberal/Hmatsumoto/gakuindai_web/research_kera/coastal_erosion/erosion.htm
仙台平野の砂浜と海岸侵食 -浜の写真集- 松本秀明 2003.05.25 掲載
http://www.izcc.tohoku-gakuin.ac.jp/liberal/Hmatsumoto/gakuindai_web/research_kera/tokusyuu/beach/hama_photo.htm

<5.浜堤列の形成年代から求められる海岸線の前進速度
 仙台平野の地表部には3列の浜堤列(Beach ridge ranges)が形成されている。内陸の第Ⅰ浜堤列(Beach ridge range - I)は約5,000年前に,中間の第Ⅱ浜堤列(Beach rige range -II)は約2,000年前に,そして第Ⅲ浜堤列(Beach ridge range - III)は約700年前から形成されたと考えられている(Matsumoto, 1985)。これにもとづくと,仙台平野の海岸線は過去5,000年間において,0.4~1.2m/yearの速度で前進し,とくに阿武隈川河口周辺については1.0~1.2m/yearの前進速度を読みとることができる。このことから,人為の影響を除いた場合,仙台平野の海岸線は土砂の供給により年間0.4~1.2mの速度で海側に前進してきていることが求められる。>


ここで記載されている仙台平野の「浜堤列」は、九十九里平野の「浜堤列」と宮崎平野の「砂堆列」と良く似た海浜沿岸地形であり、これら三つの平野の海岸では、前進速度は異なるが、5000年前から堆積しながら汀線が海に向かって進んでいた点が共通する。

仙台湾で侵食問題が深刻な海岸部を空中写真で見ると、海岸侵食のパターンもよく似ていて、沿岸部で海岸林が前浜に向けて拡大され、その前面の護岸で砂浜が消えている。

仙台平野では、都市部で地盤沈下問題は特に問題になっていないが、この地域ではこの点が調査されていないような気がする。また、最近半世紀の地殻変動の地盤への影響についてもわからない。しかし、仙台平野海岸の沖の太平洋では、海底下において太平洋プレートが沈み込んでいて、その境界で大地震が繰り返し起こっていることは改めて指摘するまでもないだろう。

松本研究室では過去の大津波が残した平野部で見られる地形・地層の痕跡を調査しているし、古い河道(自然堤防)の変遷が平野で広く見られることから2600年前と1600年前の前後に海面の上下変動があったことを推論している。これらの情報から想像を逞しくすると、仙台平野でも、すでに宮崎平野の砂丘列に関して推論した「大地震による大きな隆起と砂丘の内陸化、そしてその後の後背地の沈下による湿地帯の形成」のシナリオが成り立つのではないだろうか。

海岸林と汀線の距離が十分にあれば暴浪による前浜の侵食が護岸まで届かないだろうが、海岸構造物で漂砂の堆積が偏って護岸との距離が短くなった場所では前浜の衰退から消滅までの「悪夢のスパイラル」が起こったのではないだろうか。

ここでは国の直轄事業としてヘッドランド建設をすでに始めているが、その成り行きは、宮崎平野の海岸でではじまろうとしている同様な事業にも重要な参考情報を与えるだろう。九十九里浜のように「玉突き」連鎖侵食で、仙台でも侵食の北上展開を起こすだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-16 19:26 | 海岸
<< 潮位記録から推定された地盤変動 アカトンボ >>