beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

潮位記録から推定された地盤変動

日本列島沿岸の年平均潮位(1894年~2005年)=グラフ
http://cais.gsi.go.jp/cmdc/center/annualgra.html
日本沿岸の験潮所で記録された海水面の年平均値の変動がグラフで公開されていました。

そして、潮位データを元にして、験潮所のある港の地盤変動を計算しています。
http://cais.gsi.go.jp/cmdc/center/hendou.html
潮位観測から推定された地盤変動 
加藤&津村(1979)の解析法による各験潮場の上下変動

これによって、海域ごとに同じような振る舞いをする場所をまとめて、それと過去の地震記録と対比できるように工夫されています。

全国的に砂浜侵食が問題になっている場所と地盤沈降の対比をしてみましたが、地盤変化が重要な要因であることが想像できます。

身近なところでは、日向市の小倉ヶ浜で砂浜侵食はありません。そして細島港の地盤はOKですが、油津港などではわずかに沈下する傾向が見えます。

鹿児島県阿久根市の脇本海岸も海水面が安定していてOKです。しかし、枕崎はやや沈降しています。砂浜侵食が深刻な吹上浜の近くに験潮所記録がないのが残念です。吹上浜の場合は海砂採取が怪しいと思っていますが、データがありません。

九十九里平野をはさんでいる銚子港と勝浦は変化が小さいようです。それと同様に、新潟平野の周辺で地盤変化は小さいようです。地下水のくみあげで平野部の天然ガス田部分に局限された地盤沈下は、周辺の岩礁海岸まで影響していないのでしょう。

仙台港は短期間の情報だけしかないので、仙台平野の両端の近いところの鮎川港、福島県の相馬港は共に地盤沈下が進んでいます。鮎川港は2005年に砂浜消失のショックがあった石巻市の横須賀海岸の近くです。

高知平野も気になります。室戸岬と足摺岬が共にゆっくりと沈下していますが、高知港は奇妙な変化を示しています。南海大地震が近くなれば、変化が明確になるでしょう。土佐清水港は南海地震の時の急激な地盤の上昇を潮位の変化で記録しています。(宇和島港も)
http://cais.gsi.go.jp/cmdc/center/graph/tosasimizug.gif
その後の緩やかな沈下が現在まで続いていることがわかります。

これまで論議していませんが、遠州灘の砂浜でも侵食が問題となっています。御前崎港の地盤がグングン沈下しています。これを見れば、遠州灘から駿河湾西部で起こっている砂浜侵食が地盤沈下の影響であることが言えそうです。東海地震はこのあたりが震源域となるはずです。大地震がかなり近いのかもしれません。清水港と焼津港でも沈下しています。

地殻変動と地盤変動が海岸で汀線移動を促していることは確からしく見えてきました。河川などからの土砂が大量に供給されている平野部では沈下の影響が出てくるのが遅くなるでしょうが、九十九里浜のように少ないところは仙台よりも早く侵食傾向が出てきたのでしょう。

宮崎平野の沖積部分の地盤が実際にどのようになっているのか、データが乏しいので判断できません。佐土原の周辺ではわずかに沈下しているようですが、その南側の水準点での過去の変動を調べねばなりません。オンラインではそれがまだ見つかりません。国土地理院サイトでは水準点についての詳しい位置情報を出していますが、過去の変動は示さず、変動を修正し続けています。
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-18 00:40 | 海岸
<< 宮城県石巻市横須賀海岸の砂浜侵食 仙台平野と宮崎平野の共通点 >>