beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向灘沿岸域の海底堆積物の分布状況

2000年に出版された地質調査所発行の海洋地質図54:日向灘表層堆積図が入手できた。

説明書によると、これは1983年に地質調査船「白嶺丸」(1820トン)によって実施された調査航海をもとに、その時に採取された表層堆積物などの採取試料について分析し、結果を図に示したものである。大陸棚の上の部分で水深20mより浅いところは採取試料がないが、この図と堆積物の詳細な解析結果からいろいろな情報が抽出できる。著者は海洋地質部の池原研である。

この図から大淀川と一ツ瀬川の間の部分を中心にしてクロップし、説明を加えてみた。
e0094349_7481148.jpg

一ツ瀬川と大淀川の間の沖で、水深30mより浅い部分に露岩(岩盤がむき出し)があちこちにあったことは面白い。堆積物で埋められずに残った高まりであるが、基盤岩の地形が複雑であること、そして堆積速度が遅いことを物語っている。氷期に100mくらいまでの海底が陸地になっていた時代の大淀川が流れて刻んだ峡谷が堆積物で埋められずに残っているように見える。

砂浜とその周辺の堆積物の動態に関する部分について、私の解釈も交えて説明したい。なお、当初の調査目的の一つは海底堆積物の資源的評価であったが、その結果として別途報告されている文献の引用によれば、砂粒として軽石や火山ガラスなどの火山起源物質に富み、「細骨材として適さない」という評価があった。この情報から、結果的に宮崎県の海岸近くの海砂採取が行われてこなかった理由が判明した。

図を見ると一目瞭然であるが、宮崎平野の沿岸に出来た大陸棚の上にはほぼ全面的に細かい砂が堆積している。その粒子はファイ・スケールで3から4、すなわち0.125mmから0.063mmの粒子が主成分である。特に浅いゾーンではシルト〔泥〕の含量が低く、淘汰がよいのが特徴である。その水深分布特性のグラフを引用する。
e0094349_7493959.jpg

浅い部分(といっても30mより深い)では中央粒径が0.1mmくらいであった。
それより深い陸棚の部分では中央粒径がやや粗くなっている場所があることが面白い。
このパターンについてはいろいろな想像が出来そうである。

宮崎海岸の前浜ではおそらく細砂で0.2mm付近が中央値であろう(確認が必要)。
場所によってそれよりやや粗めかもしれない。

水深40mあたりまでは嵐の表層の波浪の影響が届くが、通常は20mより深い海底では流れが弱くて泥が堆積しやすい。しかし、この海域で泥(シルト)が堆積していたのは陸棚斜面よりも下の水深200m以深であった。つまり、この日向灘の大陸棚の上にはかなり強い流れがあるということである。深海カメラによる海底映像から、場所によるが、陸棚の縁近くまで砂漣(砂の表面の浪模様)が見られたことは、海底で特に流れが強い場所もあることを示している。

説明書では、豊後水道から九州の陸よりに南下する海流が、黒潮の変動周期にあわせて張り出して来る現象を指摘している。おそらく黒潮は水深100mくらいまで、陸棚の上の流れに間接的に影響しているだろう。黒潮はこの付近で四国に向けたべろを突き出す癖があるらしい。

このような堆積環境であり、水深約900m地点(青島の東沖の深まり)で堆積面から2mあまり下まで採取されたコアサンプルの解析結果によれば、(アカホヤと呼ばれる火山灰層で年代が判明しているところから上の部分で)厚さ約1mの堆積層が6300年間で形成されたことが推定された。過去1000年あたり18.5cmの堆積速度となるので、陸棚斜面の下のところが泥で埋まる速度はゆっくりである。

陸棚の上面部、つまり100mよりも浅い部分について考えると、約2万年前に陸地になっていて、その後の海進で水没したが、浅海性の砂が堆積し続けていたことになる。この海進には地盤の隆起も含まれていることが、陸棚斜面のはじまる水深が約100~110mであることと整合する。世界平均の海水準上昇が130mとすれば、20~30mが地殻変動による上昇であろう。(地盤が動かなかったら、斜面は130mくらいから傾斜が急になりだすはずであるから)

過去5000年間の海面変動が小さかった間に岸に程近い海底でどのくらい砂が積もったかが推定できれば面白いのであるが、コアサンプル調査データは浅海部を欠いている。もっとも浅い部分では時代を特定するための火山灰層が出てこないはずなので、年代の特定が難しいだろう。コアサンプルで一番浅い場所は水深150mあまり、約40センチまでのコアで、muddy very fine sandとなっていた。陸棚の上のコアサンプルがなかったのが残念である。ただし、この調査で用いられた重力だけでコアを掘りぬく方法では、泥の堆積したところしか調査が出来ない。

結論であるが、この図を見る前に想像していたイメージを大幅に修正しなければならない。つまり、40~50m以深の海底では河川から流れ出たシルト(泥)が静かに堆積し続けているだろうと思ったことは完全に違っていた。100mより浅い陸棚の上では泥がたまらないような速さの海底部分の流れがあることになる。このように、砂だけ堆積していたことから、陸棚の海へ向かって広がる速度は小さかっただろう。もし地盤が隆起を続けていなかったら、傾斜の強い狭い陸棚になっていたかもしれない。
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-20 17:03 | 海岸
<< サンゴが記録した大異変 宮城県石巻市横須賀海岸の砂浜侵食 >>