beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砂浜における拡大造林と護岸建設

小倉ヶ浜の南部には吉野川という小さい川が流れ出ている。その南側にはサーファー用の駐車場などの施設があり、休日には路上にまでサーファーの車があふれている。

小倉ヶ浜の砂浜で侵食問題が起こっていないのは幸いであるが、これは海水準が安定していることに負っていると思われる。

この海岸のすぐ北にある日向市の細島港には明治時代に設置された験潮所があって、海水面の変動を1世紀前まで、オンライン情報で遡ってみることが出来る。
日本列島沿岸の年平均潮位=グラフ 海域Ⅵ
http://cais.gsi.go.jp/cmdc/center/graph/kaiiki6.html
e0094349_9473081.gif

小さな変動を繰り返しているが、地盤沈下や隆起が進んでいるようには見えない。

国土地理院の1974年撮影空中写真と海上保安庁撮影の1993年の空中写真を見比べると、その間に海岸で起こった大きな変化を知ることが出来る。
e0094349_15351057.jpg

北側では赤岩川の河口部にゴルフ場が出来ている。
南側では海岸利用者のための駐車場が出来て、漁港の防波堤ができている。

1974年の写真で見てわかるが、砂浜の前浜部分では松林がすでに広がっている。その植栽域の前面には、吉野川河口の内側からはじまった護岸が松林の途中まで出来ていたが、それが1993年までに少し北まで延長されたように見える。

この松林の内陸側には国道10号線に一部が接している海岸林が昔からあった。戦後すぐに米軍が撮影した空中写真のアーカイブを見てそれがわかる。
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/index.jsp
60年前の米軍写真(USA-M812-32)では、赤岩川が現在の拡大された松林の陸側に流路を持っていて、吉野川とほぼ同じ場所に河口があった。余計な松林がなかった時代の砂浜は広々としていた。

1962年に撮影された国土地理院の空中写真(MKU-6211-C5B-10)を見ると、赤岩川が砂浜部分に出てから分流して、河口を3箇所につくり、そのうちの一つが吉野川と合流していた。同じ写真で、砂浜での拡大植林の準備のためか、区画の輪郭が出来ている。

1967年撮影の写真(MKU678X-C4-4)では、1974年の状態に近い姿が見えるが、モノクロでオンラインで提供されている写真の解像度が低いため、詳細はよく見えない。

もし小倉ヶ浜の地盤が沈下を続けていたら、この松林の拡大の結果も重なって、海側の護岸が汀線に近くなり、嵐の時の波浪で基盤侵食を受け、日本全国で見られている護岸前面の砂浜消失のスパイラルが起こっていたかもしれない。

現実には、汀線から護岸までの遠浅の砂浜が嵐の波浪を十分に弱めてくれたので、侵食が問題にならなかったのであろう。今回、2008年9月19日に接近した台風の波浪はこの護岸に到達していなかったようである。
e0094349_1675698.jpg

護岸に付けられたプレートの年度の表示が読み取れなくなっているが、かつて災害復旧工事がこの護岸で行われたらしい。ということは、松林の裾の侵食か既存護岸の損壊をもたらした極めて強い波が当たることもあった、と解釈できる。

護岸の周囲を見ると、北側では頻繁に海水が届いていて、海岸植生の成育が難しそうである。しかし、その南側から吉野川河口までにかけては、砂が堆積している上に植物が生い茂る状態が続いている。実際、護岸の南カーブはコンクリート部分が植物に覆われて見えなくなっている。足元も砂で埋もれて、上側しか出ていないのだろう。

そもそも、この松林を砂浜の上で汀線に向けて拡大植林したのはなぜだったのだろう。その内側には照葉樹の見事な海岸林が昔からあるので、写真で見られるマツクイムシ被害も気にしないでよさそうである。

広々とした砂浜をわざわざ半分くらいに幅をせばめ、おまけに植林した場所の海側に護岸を建設している有様は無様である。赤岩川の北側でも同様に「拡大造林」と護岸の建設をやっていることはすでに指摘したようにアカウミガメの産卵場所を奪っている。

日本中の海岸を探して回っても、この海岸より優れた自然景観に恵まれた砂浜海岸は少ない。それを無意味で、潜在的には有害な公共工事であえてスポイルしてしまった犯罪的行為は誰の責任であろうか。地元住民が望んでやったこととは到底考えられない。

この吉野川と赤岩川の河口の前の砂浜潮間帯では、かつてチョウセンハマグリの稚貝が湧いていた。小倉ヶ浜のハマグリ資源を養っていた、もっとも重要な場所であったことは確かだろう。1950年代に行われた調査でそれが知られたことで、赤岩川の河口部分は漁業資源を守る制度である「保護水面」に指定された。

この調査時の河口は、茂野邦彦 (1955) 日本水産学会誌 21, 218-225. チョウセンハマグリの生態について、という報告で図示されたように二つの川が合流していた。

図のSt2とSt3で稚貝が高密度に生息していた背景には、河川が運んでいた栄養素があり、それをもとにして砂浜の砂粒に付着して繁茂する微細な藻類がハマグリ稚貝の餌となったに違いない。

潮が引くと藻類が砂浜の表層に出てきて光合成をし、砂が茶色や緑色に見えるような場所が出来るが、それが餌となる藻類である。現在でも、小規模ながら浜の一部でそれが出来るので、ハマグリ資源が残っているのだろう。遠浅で、その面積が広いことも大切な条件である。
e0094349_15501416.jpg

赤岩川の平野部を流れていた流路は、1974年当時は自然状態で蛇行していたが、1993年までに直線化され、三面張りの護岸にされている。改修後には、出水時には急流が河口に一気に出るようになったはずである。また、源流域である山地では人工林化が進んで、最近では保水力を失っているだろう。

山地から平野までゆったりと流れ、陸から海岸へ栄養を供給していた赤岩川の環境を大幅に変えた結果、日向名物のハマグリ資源の激減と不安定な変動を招いてしまったものと想像される。
[PR]

by beachmollusc | 2008-09-23 11:36 | 評論
<< チョウセンハマグリ集団を失った... 台風通過後の小倉ヶ浜 >>