beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉ヶ浜のチョウセンハマグリ - 現況報告

さわやかな朝に誘われて、小倉ヶ浜の赤岩川河口、チョウセンハマグリの保護水面をチェックするべく出動しました。

南側の河口に向けて北から汀線に平行な浅い水路部分が干上がっていて、その流れが漣痕を造っています。
e0094349_9298100.jpg

e0094349_9292855.jpg

海水が残っている凹みの砂の上はチャイロに変色していました。
e0094349_9294435.jpg

色から見て、珪藻のようです。朝日に反応して砂粒の間から砂の表面に移動し、
光合成しながら増殖するので、陸から染み出る栄養分の効果があるようです。
このような場所にチョウセンハマグリの稚貝が集中分布する傾向が明らかです。
汀線に沿ってスナガニが活発に活動していて、砂団子だらけになっています。
渚の波間で餌を漁るシギらしき鳥の数十羽の群れが見えました。
e0094349_9295984.jpg

e0094349_9301517.jpg

チョウセンハマグリのフレッシュな死殻を見ていると、海の中の集団の様子が想像
できます。昨年の同じ時期に比べて、満2歳クラス(2センチくらい)はかなり少なく、
2006年生まれは2005年生まれに比べて生き残りが極めて少ないようです。

2007年生まれは今頃数ミリになっているはずですが、まるで気配はありません。
2007年には産卵期(幼生が浮遊していた事期)と思われる時期に強い台風が
接近していたので期待していませんが、その前の2006年生まれが少ない理由は
わかりません(親を乱獲したのか?)。

3才クラスの3~5センチの大きさまでは汀線に近い、ごく浅いところにいます。
そして、時々波間に躍り出て砕け波で波乗りをやっています。大きい波によって
汀線の陸側に打ち上げられたまま、砂の中に潜り損ねてそのままゴロンと
横たわっている生きた貝をしばしば見かけます。潜る元気がなくて、そのまま
死んでしまう個体があるようですが、殻の中をチェックするとカクレガニに寄生
されて身の痩せたのが大部分です。そして、弱ったものはスナガニの餌食に
なっているようです。カラスも同じくこれを狙っていると見受けられます。
e0094349_930425.jpg

打ち上げられた死殻の何割かは巻貝のツメタガイの仲間(ここではホソヤツメタ)
にやられたもので、殻のちょうつがいの付近に穴が開いています。また、殻が
噛み砕かれたものが時々見つかりますが、エイの類に食べられたものでしょう。

小倉ヶ浜のチョウセンハマグリ集団は一応存続していますが、現在3才の年級群が
来年の夏には繁殖集団になると思います。もしこれを乱獲すると、その後に続くはず
の2年分の集団が十分には加入していないために、再び、ジリ貧状態に陥ることが
予想できます。

この資源の繁殖・加入動態をモニターしながら、漁業者が漁獲管理するような仕組み
をつくる必要を感じます。特に、繁殖時期がどうなっているか、今の禁漁期間がそれに
マッチしているかの確認が必要です。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-09 09:30 | Meretrix ハマグリ
<< 秋のあぜ道 潮干狩りの跡 >>