beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Bruunの法則 - 海水面の上昇による海岸侵食

地球温暖化に伴って世界中の海岸で海水面の上昇が予測されている。験潮記録から推定されている過去半世紀の全世界の平均海水面の変化は10cm程度であり、それは海水の温熱膨張で説明されている。しかし、さらに温暖化傾向が進めば、世界的に水面上昇が加速されることは避けられないだろう。

海水面の上昇は低地の浸水や、熱帯の環礁の上にある海抜4m未満の低い島が地下の淡水レンズを失って居住できなくなる懸念、つまり住民すべてが疎開を余儀なくされる問題などが予想されている。あまり注目されていないが、砂浜海岸の侵食も重要な問題となるであろう。

日本では、世界的な海水準の上昇だけでなく、場所によって、地震・地殻変動と海岸平野で地下水の汲み上げなどで起こる地盤沈下が海水面の上昇を引き起こしている。地殻変動では短時間に大きな水位変化を起こすことがあるし、人為的な地盤沈下の水位変化も過去の地球上の気候変動で生じた変化よりも激しいことは珍しくない。

海水面の上下変動が海岸平野の砂浜に極めて強い侵食と堆積変化をもたらすことについて、日本語の海岸工学関係の書籍やサイトにはほとんど記載されていないし、問題として一般に認識されていないようである。ここでは高エネルギー環境(強い波浪)にさらされている砂浜海岸の侵食問題を考えるための基礎でありながら、日本の多くの関係者が忘れているBruunの法則について説明したい。法則を提唱した論文とその法則性を検証した論文を下に記す。

Bruun, P. M. 1962. Sea level rise as a cause of shore erosion. Am. Soc. Civil Engineers Proc., Jour. Waterways and Harbors Div. 88, 117-130.

Schwartz, M. L. 1967. The Bruun theory of sea-level rise as a cause of shore erosion. Jour. Geology, 75, 76-92.

この法則は、波浪と海岸流で運搬されて活発に流動する砂(後浜の砂丘と前浜から沖の流動部分)の収支がつりあっている(供給と消失が同じ)動的平衡状態を想定している。その条件で海水面が上昇(地盤が沈降)したら、その海底までの水深が水面上昇前と同じになろうとして、後浜の砂丘から前浜部分までの侵食で海に運ばれた砂が海底の堆積面を上昇させてバランスが保たれる。全体の断面図(Schwrtz, 1967による)としてこの状態を見ると、ビーチの形は保たれながら全体的に陸側に移動する。結果として、陸側部分で侵食される砂の量が沖側で堆積して海底をかさ上げする量に等しくなる。
e0094349_201032.jpg

このように、海水面の上昇は基本的に海岸侵食を駆動する働きがあるので、それに逆らって後浜の砂を残すために堅固な構造物で陸側を防護しようとすると、海岸の傾斜面が平衡にならず、護岸の海側で前浜を失う結果になるのだろう。侵食性の砂浜海岸で汀線を固定して陸の侵食を食い止めようとすると結果的に砂浜(前浜、潮の干満で露出する部分)を失う仕組みがこれである。

もう一つの重要な点は、水面の上昇が小さくても、それが水平方向の変化としてみると大きくなることがある。わずかな水面上昇でも、それが緩やかな勾配を持つ砂浜海岸であれば、平衡状態を達成するために多量の砂丘侵食をもたらし、結果として汀線を陸側に移動させる距離は大きくなる。

Bruunの法則は、侵食性海岸で砂浜保全を計画する戦略を立てる場合に必須であろう。しかし、日本中で行われている行政と海岸工学者による海岸侵食対策では、漂砂系に干渉する構造物の建設ばかりが盛んであって、法則を適用すること自体が無意味になっているのかもしれない。一時的な侵食から回復するビーチサイクルの実態も把握しないままで、いきなり侵食対策として固定的な構造物を造ってしまう「コンクリート文化」にどっぷり浸かった日本では、海岸にまともな砂浜が残されるようなチャンスは極めて少ないだろう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-13 20:10 | 海岸
<< 日記 サーフィン日和 >>