beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大岐の浜の現状レポート

高知県の足摺岬の付け根の東側にあるポケットビーチ(的)な美しい砂浜海岸です。
これまで何度も現地を訪問してチョウセンハマグリの状況をモニタリングしてきました。

今年の夏ごろまでに、浜の海岸植生部分までの侵食が起こって、小さい浜崖が出来て
いたのを見た訪問者が「海岸調査研究会」サイトの情報コーナーに投稿していました。
http://www.kaigan-info.jp/weblog/cat118/
現地在住の海癒の岡田さんと情報交換したところ、ビーチサイクルによる一時的な侵食
であろうという意見で一致しましたが、念のために今回の旅行の途中で立ち寄ってみて
状況を確認しました。

この海岸は国立公園域内にあって、アカウミガメの保護区に指定されていることを示す
看板が立てられていました。
e0094349_19465528.jpg

訪問した10月16日は良い波が出ていてサーファーが波乗りを楽しんでいました。
e0094349_19481347.jpg

以前から海岸林の松枯れが進んでいたところですが、今回見たところでは、ほぼ完全に
松のゾーンが消えて、セイタカアワダチソウの群落になっていました。砂に埋もれた垂直
護岸から陸側に向けて、数十mがこの松の植林域でしたが、それが消滅したわけです。

しかし、古くからある(江戸時代からの?)照葉樹林が分厚く海岸林をなしているので、
松は不要です。ここでは松枯れ対策の薬剤散布をしないで、成り行きに任せたという
話を前に聞いたと記憶しています。それは地元住民の賢明な選択だったと思います。
高知や宮崎で海岸林として松を植える必然性はないでしょう。
e0094349_19551423.jpg

e0094349_19553972.jpg

この松の植林されていたゾーンは、本来は砂丘が出来るはずだった所と思われます。
垂直護岸を撤去(埋没していても地下水の浸透循環を阻害しているので有害)して、
松林をガードするための竹垣を撤去し、繁殖した外来植物を取り除き、在来の海浜
植物群落を復活させることで、日本中で失われてしまった自然海岸を甦らせることが
できるでしょう。国立公園の海岸として、できるだけ自然環境を保全し、ウミガメの産卵
上陸にも好適であり、チョウセンハマグリ資源も維持・利用できるようにするべきです。

砂丘の陸地側に海浜植物群落を維持・保全して、ビーチサイクルの侵食リザーブの
機能を復活させることが大岐の浜の環境保全上の重要な課題となるものと考えられ
ます。現在の砂浜部分は満潮線と海浜植物の成育ゾーンの間の距離が短くなって
います。とにかく、最近出来た浜崖から護岸までの距離が数十mしかありません。
e0094349_20145632.jpg

e0094349_20114724.jpg
e0094349_2012261.jpg

この海岸で浜崖が出来たのは昨年の台風の波浪が働いたものと思われますが、
それを誘導している懸念材料としては、南海地震が起こる前の地盤沈下(地震後に
隆起する)と、現地の海岸に建設された水産加工の工場が地下水を大量に汲み上げ
ているとすれば、それによる地盤沈下の影響です。地盤沈下で海面上昇があれば、
波浪による侵食が進み、垂直護岸に波が直接当たるような事態になる恐れも考え
られます。護岸がなければ砂丘部分がバッファーになるでしょうが、護岸の足元が
選掘されてしまい、それを消波ブロックで守るようなことをすれば、結果的に砂浜を
失うことさえ起こりかねません。
[PR]

by beachmollusc | 2008-10-30 20:17 | 海岸
<< 土佐の桂浜 油壺訪問 >>