beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
最新のコメント
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

九十九里浜 - 海岸砂丘はどこにある?

10月20日、九十九里浜まで埼玉(旧浦和)からドライブしました。3大砂丘の続きです。
とにかく遠かった。千葉の内陸部を見たことがなかったので、一般道路を走ったのが失敗。
九十九里浜北部に到着した時にはすでに太陽が西の空、約60キロの海岸道路の北側は海岸が見えず、南側の有料道路までひたすら走り、片貝地区から南の様子を3箇所の海岸でちらっとながめてお仕舞となりました。帰路は有料道路を突っ走って晩飯に間に合いました。

事前情報を確認したかったことの一つ、海岸道路沿いに天然ガス・ヨード採掘用の地下水くみ上げ施設が並んでいて、その工場らしきものも宮崎平野と同じ会社の看板を見つけました。砂浜侵食が騒がれている南部海岸ですが、地下水汲み上げの影響で地盤沈下が起こっていることが基本要因であるはずなのに、それが(科学的な研究調査でさえ)スルーされている現場の確認でした。

海岸道路沿いにある松林はボロボロ、海浜植物も貧相で、砂丘らしい高まりも見当たらず、これが有名な砂浜海岸の成れの果てという姿を見せ付けられました。

3箇所の海岸の名称をメモしなかったのですが、まずは北側の砂丘もどきがあった場所です。

海岸の有料道路よりもさらに波打ち際によって自転車道路がありました。
九十九里浜に産卵上陸するアカウミガメの数は少ないといっても、このような舗装
道路は邪魔になるでしょう。
その舗装部分は砂に覆われていました。海水浴場の監視塔にしては贅沢な施設が、
近いうちに自転車道路と共に近いうちに波に飲まれるようになるかもしれません。
(津波が来たときに浜で逃げ遅れた人がよじ登るためのタワーなのか)

夕暮れが迫っていたこと、人気もほとんどなく、わびしい九十九里浜の訪問でした。
下の場所では他所から土砂を運んできて海岸の「養浜」をやったような感じでした。
自然の砂浜海岸の美しさを失っている姿が目に付いた九十九里浜でした。


by beachmollusc | 2008-11-11 10:25 | 海岸 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://beachmollu.exblog.jp/tb/8946824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by miyazaki at 2008-11-11 18:28 x
あっ、ここも知っています。
子供心に、何だろうこの塔みたいなのは…と思案に暮れたのが懐かしいです。
言っちゃあなんですが、人家も少なからずあるのに
なんだか活気がなくてとても侘しい感じの浜だったのを憶えてます。
Commented by beachmollusc at 2008-11-11 20:03
高知の入野海岸には松林の中に津波避難施設が出来ていますが、九十九里浜でそのようなものが必要あるのかしら。
1704年の元禄地震で南房総では大きな地盤隆起が起こったそうですが、九十九里海岸では地盤変動は起こらなかったとか。
津波の波高はこのような単調な海岸ではそれほど高まらないでしょう。道路まで逃げればよいのでは?
Commented by kkneko at 2008-11-16 20:23 x
三大の中じゃいちばん悲惨でしょうね(--; 千葉県民としては恥ずかしい限り。。
Commented by beachmollusc at 2008-11-17 09:08
九十九里浜に限らず、日本中で海辺が悲惨な姿にされています。
鳥取砂丘はまだ現地を見ていませんが、鹿児島の吹上浜は北から南まで何度も行って見ています。
http://beachmollu.exblog.jp/1605288
南部の万之瀬川河口付近の砂丘は、海岸から見上げるとものすごい崖になっています。
http://beachmollu.exblog.jp/5203809
名前 :
URL :
削除用パスワード 
<< 散歩道の路傍を彩る草花 遠州灘、中田島砂丘 - 動く砂... >>