beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砂丘の「安定化」という治山思想

東シナ海に面した鹿児島県の吹上浜では、かつてはチョウセンハマグリ漁業が行われていた。地元の知人によれば、海底の砂の中に潜んでいる貝の目(水管)を、船の上の漁師が箱眼鏡を通して見つけて獲ることができたそうである。また、吹上浜北部の市来、矢房川流域にある川上貝塚からは干潟のハマグリと一緒に砂浜のチョウセンハマグリの殻が出土しているので、古くからこの貝が地域住民の食材に利用されてきたことがわかる。

吹上浜の砂浜全域でチョウセンハマグリの打ち上げ殻を探索した際には、海岸イベントの時に放流されたらしいシナハマグリの貝殻しか見つからなかった。つまり、漁業資源としてのチョウセンハマグリ集団は存在していないばかりか、地域集団がほぼ消滅しているのかもしれない。その詳細を調べるには海岸が広大すぎるので、憶測に過ぎないが、砂浜侵食の激化が関係していることを疑わざるを得ない。

吹上浜の海岸砂丘は日本三大砂丘の一つとして知られている。この海岸の内陸部には砂丘が続いていて、過去に海に向かって砂浜が拡大していったことを明瞭に示している。しかし、近年では砂丘の付け根が激しく侵食され、万之瀬川の河口付近では見上げるばかりの切り立った砂の崖が見られた。 (下の写真、2003年3月20日撮影)
e0094349_13503073.jpg
e0094349_13504112.jpg

上の4年後の2007年2月20日に撮影した大体同じ場所の状況:
e0094349_10153135.jpg

e0094349_10154898.jpg

この海岸に流れ出ている万之瀬川の河口ではハマグリが一般市民の潮干狩りの対象とされていて、さらに地元のスーパーの鮮魚コーナーや道の駅で販売されていたので、小規模漁業も行われていたようである。しかし、チョウセンハマグリ集団について稚貝や打ち上げ死殻などを調べてみたところ、河口の外側の砂浜では存在が全く感知できなかった。

九州の西岸では、長崎の平戸島沿岸、熊本の白鶴浜そして鹿児島の吹上浜などで外海に面した砂浜の侵食が進んでいるようである。ただし、長崎の五島・福江島の高浜と鹿児島北部にある阿久根市の脇本海岸は例外的である。これらの海岸付近の験潮記録を見ると、特に海水準の大きな変動は起こっていないようであって、侵食を引き起こしている要因は不明である。しかし、長崎や鹿児島では沿岸部で海砂の採掘が特に盛んであって、それが要因の一つとなっている可能性が考えられる。

やや古い、一昔前の情報であるが、瀬戸内海を中心に海砂採取問題に関して中国新聞が特集記事を出している。その中で、吹上浜の海砂採取と海岸侵食・漁業被害などを報告した。
緊急・鹿児島 吹上浜からの報告
<中> 採取後、急激に進行/浜が細る ('98.5.15)
http://www.chugoku-np.co.jp/saisyu/fukiage/980515.html

砂浜侵食が起こる以前の吹上浜では、飛砂によって砂丘の発達が進んでいたようであり、内陸部の飛砂被害防止のための調査研究が行われ、その報告書が1966年に出ている。

海岸砂丘の研究 吹上浜砂丘地帯における前砂丘造成による安定法の研究
西力蔵・木村大造 1966、九州治山協会、143頁

宮崎県を含む全国各地の砂浜海岸で撮影された1960から1970年代の空中写真を見ると、多くの海岸で後浜から海岸砂丘の部分で(クロマツの)植林や海浜植物の植栽とそれを防護する堤防の建設が盛んに行われていたことがわかる。

上の研究報告では海岸砂丘についての概説があり、吹上浜の砂丘と対比させる形で宮崎平野の海岸砂丘についての記述がある。その説明に(9頁)使われていた現場写真として、一ツ葉海岸の砂丘における植生(その1)と松の植林の初期状態(その2)、を下に引用する。撮影年月日は示されていないが、1966年以前である。この時代の海岸林を人工的に植林していた状況が良くわかる貴重(希少)な写真であろう。空中写真では砂丘上に升目状の区画が認められるが、その現場の状況が撮影されている。

e0094349_135366.jpg

この報告の著者達は宮崎の海岸砂丘について、植物による被覆が行われていて「静止系」であり、植物による被覆は行われない「活動系」(日本海沿岸の砂丘と同様)タイプの吹上浜と区別した。

この研究報告では、活動系の砂丘が発達する吹上浜の砂浜海岸において飛砂を足止(安定化)させる砂防の技法、特に砂のトラップとなる垣をつくり、前砂丘を造成する方法が考案され、それに関する物理的環境条件などの測定が行われた。

著者達が認めたように、九州の西(鹿児島の吹上浜)と東(宮崎平野の砂浜海岸)では季節風の当たる方向が異なり、飛砂の発生状況が大きく異なる。また、黒潮の影響で冬でも温暖な気候に恵まれた日向灘では海岸植生がよく発達する。したがって、宮崎海岸では飛砂よりも潮害が重要な問題であり、また高潮や津波から内陸を防備する海岸砂丘と海岸林の維持がより重要な課題だろう。

潮害や高波から内陸を守るためには、遠浅の砂浜と安定した砂丘を守ることが最も効果的であると考えられる。つまり、宮崎海岸では「砂防」の思想を修正して砂丘を含む海岸地形と海岸林の総合的な保全が重要な課題である。

遠浅の緩やかな砂浜海岸は大きな波浪を繰り返し砕けさせ、エネルギーを消費させた後で汀線に波が行き当たる。砂はコンクリートの護岸や消波ブロックなどのように大量に海水の飛沫を発生させない。したがって、機能的な広い前浜を維持することは防波・防潮効果が大きいだろう。さらに、広い後浜に加えて前浜が広く干上がって乾燥することが飛砂を増大させ、それが海岸砂丘を維持・増大させる。砂丘が十分な砂のリザーブとなっていれば、稀に襲来する極めて強い台風の波浪で一時的に砂丘部分までの浸食があっても、前浜から海側に砂丘の砂が移動するだけですむだろう。移動した砂は(ビーチプロセスとして)平常時に後浜に運ばれ、さらに飛砂として砂丘に戻る自然循環(ビーチサイクル)を繰り返すであろう。

海岸砂丘の高まりの頂点から内陸部分に海岸林を造成し、砂丘の海側の前面では自然の海浜植生が砂を安定化させるような姿が、宮崎海岸の自然環境を活かす上で理想的な設定となるだろう。

海岸林として(寒冷地を除いて)全国一律にクロマツの植林を林野庁などが進めてきているが、これは地域特性を無視している。温暖な四国・九州の太平洋沿岸部では、照葉樹を主体とした海岸林がよく成育しているところが多い。串間市の石波海岸では見事な照葉樹の海岸林が国の天然記念物に指定されているほどである。

日向灘の砂浜海岸では宮崎市の海岸だけでなく、小倉ヶ浜などでも同様に、砂浜の後浜部分から前浜に向けたクロマツの拡大造林が1960年代以降に積極的に行われた結果、砂浜が大きく狭まっている。上で論じたように、砂浜の地形・環境を人為的に変えてしまったことは、おそらく全国一律の中央主導の公共事業により行われたことであろうが、結果的に地域の特性を生かしたものでないばかりか、海岸侵食問題の引き金にもなりかねない愚かなことが莫大な税金の投入で行われてしまった、と考えられる。

宮崎市の海岸で深刻化している砂浜侵食には様々な要因が複雑に絡んでいるが、海岸林の拡大造林で砂浜が狭められたことがビーチサイクルを阻害しているに違いない。砂浜海岸の保全には砂丘から後浜・前浜、そして沖合まで含め、砂が循環するシステム全体の構造と定量的な動態把握を基にする必要がある。砂浜海岸のダイナミズムに干渉して固定させようとする「砂防」思想を保持したまま、現行のような、海岸保全を中央政府の縦割り行政で行っている限り、全国で広く起こっている「砂浜海岸の消失」の拡大を、宮崎県において食い止めることは期待できない。砂浜海岸に関する行政が砂浜全体の環境保全と防災機能などの保全を調和させるためには、本来そのような仕事を担当するはずである環境省の直轄とすべきではないだろうか。これは山林の水源涵養林保全行政などでも同様であろう。林野庁や林業公社などによるなりふり構わない奥山での皆伐なども含めて、国の森林保全行政のありかたを根本から変えるべき時がきている。
[PR]

by beachmollusc | 2008-11-19 13:53 | 海岸
<< 寒波襲来 タニシ元気 >>