「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

近未来の環境

日本第四紀学会の町田ほか編、地球史が語る近未来の環境、という本を注文してあったのが昨日配達されていた。本の包装が大きくてポストの中に入らず、外にはみ出ていたらしく、今朝見たら包装の段ボールと本の表紙カバーなどが噛み千切られて散乱、本体も危うく読めなくなる寸前で回収、作業を楽しんだワンコたちが幸せそうな表情で出迎えてくれた。写真は上下の角が噛まれてしまった本の成れの果てである。本の惨状は地球の近未来を示唆しているのかも。しかし、読むのに支障はなく、午後になってから3分の2ほど読んた(150頁余り)。今夜中には読了するつもり。日本第四紀学会というのは日本国内にひきこもって、ろーかるデータの記載ばかりやっているような印象を持っていたが、最近では国際的な視野で日本発のグローバルな仕事を進めている研究者がいることは頼もしい。
e0094349_17153964.jpg

地球温暖化と海面上昇、という第2章の著者は東大の横山裕典、これがかなり面白かった。「縄文海進―そのとき氷は融けていたか」そして「西九州の海底遺跡と海水準」などの話が目から鱗がポロポロで、地球表面の変形を視野に入れるべきことが理解できた。おかげで、以前からなぜなんだと不思議だったブラジル沿岸の海岸平野と海水準変動の様子が北アメリカ大陸の大西洋沿岸とは大きく異なる理由を理解できた。(ブラジルの海水準変動は日本と似ている)

産業技術総合研の斎藤文紀の第3章、アジアの大規模デルタ、にはタイ国における地下水くみ上げによる地盤沈下がチャオプラヤ河の河口デルタ平野の海岸線を大きく後退させた話があった。これまでに1mの地盤沈下で海岸線は約1km後退したそうである。とにかく河が土砂を大量に運んで海に向かって年間10-20mの割合で広がっていたデルタ平野で海岸を侵食する海面低下の効果は絶大である。沿岸侵食の結果で海中に電柱が林立する様子が見られるというのが凄い。(ネット上で画像は発見できず)

新潟平野では2mの地盤沈下が起こっていて、海岸侵食が起こっている地域と地盤沈下の地域がピッタリ重なっているのだから、それが海岸侵食の主要因であることは容易に理解できるはずなのに、行政当局が海岸侵食の要因としてあえて軽視していることは大変おかしい。
http://beachmollu.exblog.jp/8615692
宮崎平野北部でも沿岸部の地盤沈下が砂浜の侵食と絡んでいる気配があるが、行政当局はこれをスルーしたがっているかもしれない。

[追記]

上高地では砂防ダム建設や河川改修事業で自然改変(破壊)が進められ、相当メチャクチャになりつつあるらしい。国立公園として自然景観と生態系を保全するはずだった場所で、防災という錦の御旗をたて、それも自然環境への侵入者である人間側の営利活動などの都合を優先させるということで、河川の自然の営みが生み出した生態系を拘束する、一時的な姿に固定するための人工化で、結果として生態系そのものを破壊する「公共事業」が行われていることが報告されていた。立教大学の岩田修二の「国立公園上高地の未来像」という章である。

この件で重要なポイントは、海岸の問題でも全く同じ図式であるが、国立公園の管理のあり方として、「林野庁の土地を環境省が管理する」、そして「管理人は地主に口を出せない」という誰のための行政であるのか訳のわからない姿である実態である。公園利用が優先され、その管理手法は自然に対する干渉として行われ、その公園の姿を生み出した自然の営みを尊重しないまま人工化する、という自然破壊行為を税金を使って続けている、というのは狂っている。
[PR]

by beachmollusc | 2008-11-21 17:10 | 評論
<< 秋が深まる小倉ヶ浜 寒波襲来 >>