beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉ヶ浜の海軍特攻基地

小倉ヶ浜の海岸林の過去を調べるため、昔の空中写真を購入して見ていました。国土地理院のリニューアルされた国土変遷アーカイブ(http://archive.gsi.go.jp/airphoto/)で見ることができますが、オンライン画像は解像度が低くて、モニター上でモノクロの古い写真で読み取ることができる情報には限界があります。

空中写真センターから1枚1150円で密着版プリントを購入できますので、それを見ると、いろいろな発見があります。米軍が1947年11月6日に撮影したR169-62, R169-63というIDの空中写真、そして1948年5月17日のM1023-1を入手しました。

写真からまず気がついたことは、小倉ヶ浜の赤岩川と塩見川の間に挟まれた海岸林が赤岩川から南の部分と比べてスカスカになっていました。松を伐採して燃料などに使っていたのでしょうか。後の時代の空中写真を見ると、ここでは、1962年までに松林は急速に回復し、その後に海岸で砂浜に向かって拡大植林が行われました。ただし、赤岩川の北側では藩政時代から出来ていた海岸林が広かったようで、拡大域は川の南側ほどではありません。

1947年の写真は戦後2年を経過していたので、富高航空隊の跡地はかなり改変され、滑走路が一部しか残っていないようです。その跡地と思われる一帯には爆撃で出来た穴が一面に残されています。1948年の写真でも状況は余り変化していません。1947年の写真から跡地部分をスキャンした部分を画像として出しておきます。爆撃痕はすぐ修復されたという記述(下に引用)がありましたが、基地が機能しなくなった後の穴は放置されていたのでしょう。

1947年の写真から航空基地の周辺部と爆撃痕の集中域をスキャンしたものです。
e0094349_10463757.jpg
e0094349_10465024.jpg


日向市周辺の海軍関係史跡等を訪ねて
(黒木弘茂氏による御案内の聞き書きを中心として)
http://www.mod.go.jp/msdf/mf/spehyusiseki.htm

<富高海軍航空隊の跡

細島方面から南下し、橋を渡る。鉄道と塩見川、赤岩川で囲まれた広い土地が、旧海軍用地。富高海軍航空隊の跡、特攻の中継基地だったという。

(敵が爆弾を投下してあけた穴を1時間で埋めるのが黒木氏ら動員学徒の任務だった。秘密保持のためか、海軍の富高と陸軍の新田原で、10日間ずつ交替で働いた。海軍と陸軍では号令から敬礼まで違っていて、最初は戸惑った。父親と同年齢の新兵が、三八歩兵銃の組み立てで古参兵に学徒より遅いとしごかれていたのを見た。富高は前が川で隠れる場所がなく、爆撃の後の機銃掃射には、腹這いになって耐えるだけ、何名か犠牲が出た。)>


富高海軍航空隊跡でプロペラ展示施設の除幕式
http://www.mod.go.jp/msdf/mf/spetomi.htm

<除幕式の当日、黒木広茂氏から頂いた資料「ああ!富高海軍航空基地 財光寺 今村健一」を要約し、富高海軍航空隊の経緯を以下のとおりまとめた。

富高飛行場は昭和4年4月から約2ヶ月で完成し7万坪余りで発足、その後の工事で40万坪に拡張。

ハワイ真珠湾奇襲作戦の水平爆撃隊の訓練が鹿児島湾で続けられたと同様に、富高は急降下爆撃訓練基地となり、第1航空艦隊の「赤城」「加賀」の艦爆隊が割り当てられ、開戦直前の昭和16年10月から11月にかけて猛訓練が続けられた。搭乗員の手記によると、訓練は午前午後ぶっつづけで、先ず、1キロの小型爆弾を搭載し、飛行場東方海岸(お倉が浜と思われる)の岩を標的として、高度5000メートルから650メートル(実戦時は450メートル)まで降下して、1キロ爆弾を叩きつけ、再び高度をとってから、再度急降下に移った。この訓練を繰り返して、次は標的艦に対して急降下爆撃を反復。夜間の発着艦の次は、照明隊が先発して投下した吊光技弾の光に浮き上がってくる艦に対する急降下爆撃訓練。こうした、生死を度外視した超凄烈な訓練が行われた。

(中略)

昭和20年3月18日、空母15隻からなる米機動部隊の艦上機が南九州一帯の航空基地を攻撃。富高基地が初めて戦場となり、零戦64機が迎え撃った。最初にして最大の空中戦が富高基地付近の上空で展開された。3月の終わり頃から特攻隊が続々と進出、富高を後方基地として補給整備し、鹿屋基地に送り込まれた。最後の特攻攻撃は6月22日、翌23日には沖縄決戦が終わっている。

米軍の本土上陸は秋と考えられ、日向灘も一番可能性の高い上陸地点と目されていた。富高基地の周辺では、陸軍の菊池兵団が都濃町に司令部をおいて配置され、また海軍は、細島に回天、震洋の特攻部隊を配備して、陣地構築や、米軍の上陸に備えた訓練が進められていた。

戦後、富高基地は海軍省から大蔵省に移管され、さらに自作農創設のため開墾され農地となった。その後、日向市の発展とともに、各種企業の事業所や住宅地帯となり状況は一変した。

僅かに飛行場跡を偲ばせるものとして、協和病院前の航空基地の慰霊碑や、滑走路跡のコンクリート、空爆跡などがある。往還区公民館西側には、掩体壕の一部が残っており、名残をとどめている。>


上で述べられたように、滑走路の一部が、現在は病院の敷地の中に保存されているようです。
富高海軍航空隊
http://www.asahi-net.or.jp/~UN3K-MN/sinpu-tomitaka.htm

爆撃訓練の標的とされた岩礁とは、塩見川の河口からやや南沖のトドロバエだったのでしょうか。まだ岩礁が残っているのは、あまり直撃を受けなかったからか?

米軍によるこの基地攻撃の様子が詳細に書かれたサイトがありました。以下に部分的に引用します。

富高航空隊などの思い出  2002.3.5
http://www2u.biglobe.ne.jp/~ji5auw/data1/tomitaka.htm

<「土浦海軍航空隊」を昭和19年9月1日卒業、宮崎の「富高航空隊」で飛練教程、赤とんぼの飛行訓練で単独飛行を終了、編隊飛行訓練に入った頃、のことでした。富高の町の中心部に小山があって、その上に立派な家がありました、そのお家を休日の日に訪れると、我が子のように可愛がってくれて、いつも美味しい物を食べさせていただいていました、この家から飛行場が見渡せる見晴らしの良い場所です。春には道路から家まで梅の花が綺麗に咲いて香りがすごく良かったのを思い出します。

ある日曜日、そこに遊びに行っていたとき、突然戦闘機の編隊がやってきました、見ると次々に着陸します、80機程でした、一機は足を折って着地失敗、これが鹿児島基地からやってきた、神雷戦闘隊、というゼロ式戦闘機の精鋭でした。米軍も注意していたと思います。

この戦闘隊がきて、我々は「岩国航空隊」に転勤、富高の駅にいた時突然「空襲警報」見ると、グラマン、シコルスキー、などと空中戦、相手は、あばれた後は空母に帰って給油、波状攻撃で300機ほどはやってきたでしょう、こちらは給油している間にやられてしまう。上空で戦闘機が火を噴いた、やったーバンザーイ、ところがくるりと方向を変えたら日の丸、ありゃーー途中で搭乗員が飛び出して助かったと思ったら、なんと搭乗員の身体から燃えている、落下傘の上まで燃えて落ちてしまいました。

米軍のガソリンタンクは生ゴムで巻かれていて、ガソリンが漏れることは無いのですがこちらの戦闘機や爆撃機はガソリンタンクはブリキだけ、一式陸攻という爆撃機は一式ライターなどと呼ばれるほど、撃たれるとすぐ火を吹くので有名でした。ゼロ戦も撃たれたらガソリンをかぶってしまうのです。

シコルスキーが我々の目の前を飛行場に向かって飛んで行きます、窓を開けていて搭乗員の顔がちゃんと見えて、飛行眼鏡をかけているのが、笑っているように見えました。飛行場に向かって射撃、20mmの機関砲の薬夾がバラバラと雨のように降っていました。どのくらい時間が経ったか覚えていませんが、こちら80機は全滅、アメリカ機はいなくなってしばらくしたら列車が到着、我々は岩国に向かって出発しました。 (後略)>


小倉ヶ浜が米軍の上陸作戦の候補地になっていたかどうか、わかりません。沖縄のように戦争中の空中写真がないので、候補地ではなかったような気がします。しかし、九十九里浜や遠州灘などに比べて上陸用舟艇の作戦に都合がよい波浪条件がありますので、一応検討されていたはずです。多分、ここに上陸しても、地勢を見ると、その後の作戦の展開がややこしいから止めたのでしょう。福岡までの陸上攻撃の入口にはならないし、本州と違って、九州で太平洋岸は「裏日本」です。

日向市には海軍の特攻基地がありましたが、今では世間一般にほとんど知られていないようです。ナマの記憶を持った人たちは、地域外から一時的にやってきた人が多く、情報管制されて基地と住民の接触は限られ、そして関係者はすでに高齢で、多くは逝去されていることでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2008-12-08 10:38 | 海岸
<< タテハモドキ 遅い紅葉 >>