beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉ヶ浜の砂の起源

小倉ヶ浜に(現在)流れ出ている主要な川は塩見川ですが、山間部の谷間から平野部に出たところで支流の奥野川が永田川と合流しています。奥野川をはじめ、周辺の山間部の谷川を見てまわってきましたが、流域の地質は大体同様で、四万十帯の日向層群と呼ばれる頁岩を主体とし、透水性の悪い岩盤です。奥野川の本流は渇水期でも流れが枯れることはありません。

宮崎の地質サイトで地質図が示されていますので、塩見川のところを含んだ表層地層図を引用します。図の中のHhは乱雑層(メランジュ相,混在相)、Hsは砂岩、Hmは泥岩、Hrは赤・緑色珪質泥岩とされています。始新世~前期中新世という、数千万年前に海底で砂泥が堆積して固まった岩層です。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shoukou/kougyou/m-geo/
e0094349_12332995.jpg

図の中の矢印の部分、平野に出る手前の谷間で海抜20m弱のあたりの奥野川で川の写真を撮影しました。この上流では、山中で急傾斜になって砂防ダムが建設されているあたりまで大体似たような景観が続いています。岩底の瀬とジャリや岩がある淵が交互にありますが、淵はせいぜい腰までの深さしかありません。川筋の屈曲部には礫と砂が溜まっている部分があります。
e0094349_12354645.jpg
e0094349_12355442.jpg
e0094349_1236270.jpg

これまで3年近く、奥野川の様子とその変化を観察してきました。
この川筋に見られる砂は黄褐色の粒子が中心です。小倉ヶ浜の砂浜の砂の中にも
同様な色の粒子が混ざっていますが、おそらく花崗岩が風化したものでしょう。
台風の時などの大雨で濁流となった奥野川から塩見川を経て海に運ばれる砂の
中には黒い粒子が余り含まれていないようです。

下は小倉ヶ浜の汀線付近の砂の顕微鏡写真です。粒子の大きさは0.1から0.3mmの
径の砂がほとんどを占めています。磨耗度が低く、角張っている砂が多いようです。
e0094349_1247514.jpg

陸から海に運ばれている砂は風化・破砕と磨耗、溶解などの変化を受けていて、
さらに海水の中で波浪による淘汰により大きさと比重で選別されて堆積します。

石英という鉱物は物理化学的な抵抗力が大きく、波が強く当たる砂浜で主要な成分と
なることが世界的に普通です。ところが、日本の海岸では石英を主成分とする岩石が
乏しくて、河川流域にあるごちゃ混ぜの地層から、特に未固結の砂泥が洗い出されて
出てきたものが砂浜を養っているようです。つまり使いまわしの石英砂の成分が頼り
なのですが、それが少なく、その他の雑多な成分が混ざるという特徴が現れている
ように思われます。

小倉ヶ浜の砂が黒っぽく見えるのはなぜだろう、と以前から考えていましたが、まだ
結論は見えていません。白い砂浜は日本海沿岸にかなり多く見られるのに、太平洋
沿岸部に「白砂」が見られない理由は石英砂の不足を意味しているのでしょう。

究極的には海洋性の溶岩である玄武岩由来での砂が黒い色をもたらすのでは
ないか、と想像しています。日向層群の頁岩も黒いのですが、これは古代の泥が
黒かったことを引きずっているのでしょう。多量にある頁岩から砂が出来ているか
どうかを確かめる必要があります。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-01 13:05 | 評論
<< 塩見川の鳥たち 加重試験 >>