beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大笑い海岸

大洗海岸で2007年にチョウセンハマグリの稚貝(2才)が大量発生したのが気になっていたこともあり、茨城県の鹿島灘の人工ヘッドランドの様子をGoogle Earthでながめていたら、面白いことを発見しました。下のGoogle Earthの写真は2006年に撮影されたものです。
e0094349_9501377.jpg

この写真で見ると、ヘッドランドと突堤が海岸の砂の中に埋まっています。
そこで、国土地理院のオンライン空中写真で1974と1980年、そして1986年撮影の同じ場所の映像をクロップしました。
e0094349_983840.jpg

e0094349_934566.jpg

1974年には見えませんが、1980年の写真では防波堤が出来ていて、砂がその陰に溜まりこんでいました。後に「ヘッドランド」とされた突堤が1980年の写真には見えません。(画像をクリックすれば大きく見えます。)

20年余り前の写真で見ると、ただの突堤でしたので、後に改造されて「ヘッドランド」にされたようです。しかし、なぜ、堆積が急激に進んでいたこの場所に突堤をわざわざ建設したのでしょうか。おまけに突堤の先端に付け足された部分は何のためだったのでしょう。海岸工学は謎の多い分野ですね。特に1974年と1980年の写真を見れば、この海岸部で極めて強い北向きの沿岸漂砂の存在が見て取れます。結果がミエミエの無駄な事業に多額の税金を投入して国の借金を膨らませたようです。

海上保安庁の空中写真を見たら、1992年と1999年に撮影された空中写真がありましたので、クロップしたものを続いてご紹介します。
e0094349_1001424.jpg

1992年までに{ヘッドランド化}されたようですが、ほとんど埋没寸前です。そして1999年にめでたく埋没しました。砂の中の造型として見せるために建設されたようです。

ヘッドランド建設事業により、砂の堆積が促進されて、大洗海岸では砂浜が大きく広がり、チョウセンハマグリの稚貝が湧きました。というのは大嘘で、大洗海岸に流れ着いて堆積した砂はその南部から漂砂として逃げてきて、防波堤で堰き止められて溜まったものでしょう。その代わりにこの海岸の南では侵食が加速されているはずです。南側ではさらなる突堤建設が必要です。事業予算をもっと獲得しなければなりません。

突堤やヘッドランド建設の侵食の玉突き現象は都合よく伏せられているようです。また、突堤とヘッドランドが漂砂の足止めをするとされていることが嘘であることも、ヘッドランド越しの砂の堆積状況からわかります。

ほぼ同じように、九十九里浜でも中央部の片貝漁港の防波堤が漂砂をせき止めて堆積した砂浜が広がり、そこで奇しくも大洗海岸と同じ年にチョウセンハマグリの稚貝が湧きました。

Google Earthで見れば、鹿島灘の壮大な「人工ヘッドランド群」の景観をながめることができます。興味のある方は見てください。

宮崎市の海岸で計画されている{ヘッドランド}事業の行く末を暗示する情報でした。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-09 10:07 | 海岸
<< 微妙な距離感 砂が告げる海岸環境 >>