beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アリソガイ

15日に小倉ヶ浜の南部で二枚そろいのアリソガイの殻の打ち上げを見つけました。
大きいバラバラの殻と小さい二枚そろいの死殻は割合普通に打ち上げられますが、
大き目のフレッシュ・デッドの打ち上げは珍しいことです。殻長94mmです。
e0094349_8542235.jpg

アリソガイとは、小倉ヶ浜だけでなく、日本各地の砂浜海岸で遭遇しています。
沖縄にはよく似たリュウキュウアリソガイが分布していて、佐敷干潟では時々生きている貝を見つけることが出来ました(沖縄本島では絶滅寸前でしょう)。

鎌倉海岸で山田海人さんが13.5cmのモンスターアリソガイを見つけています。
http://www.kamakuratoday.com/suki/kaito/181.html
殻の輪郭がハマグリに似ているために間違えられることもあります。しかし、手に取ってみれば、極めて薄い殻であること、ちょうつがいのかみ合わせが殻の内側にあることで、バカガイの仲間であることがわかります。
e0094349_9125645.jpg
e0094349_913586.jpg

小さいときはうす紫のきれいな色ですが、ある程度大きくなるとその色が消えて、単調な白っぽい殻となります。ハマグリなども同様に稚貝時代の殻色が成貝と違っています。また。大きい貝の殻には汚れた色の殻皮があり、ハマグリのように美麗ではありません。和名の由来は、越中「有磯濱」という産地にちなんだものだそうです。

アリソガイの若い貝の殻は極めて薄いものです。出雲大社の前の砂浜で、干潮時に潮間帯の砂の上に水管穴を見つけたので、手を砂の中に突っ込んでそれと知らずに本体をつかんだら、クシャッと殻が割れました。荒波が寄せる外海の砂浜に生息しているくせに、なんて弱い殻なのだと驚きました。浅瀬ではなくて、波の影響が弱い深めのところに生息場所の中心があるのでしょう。干潟にもいるようですが、内湾であっても、主な生息環境は波浪があって細砂が堆積する環境に限られると思われます。もともと外海に面した砂浜海岸が生息場所の中心ではないでしょうか。

WWFJのScience Report Vol. 3 (1996) 「日本における干潟海岸とそこに生息する底生生物の現状」(和田恵次ほか)の68頁にアリソガイを「絶滅寸前」として、「宮崎県日南海岸はかつては多産地だったが、現在では非常に稀である」という記述がありました。

「非常に稀」とされると違和感を感じます。青島海岸から小倉ヶ浜までの日向灘沿岸の砂浜には(多産ではないが)普通に分布しているように思われます。

海産貝類はレッドデータの対象として吟味される地域が少なく、現時点で千葉と愛知の2県でアリソガイは「絶滅危惧Ⅰ類」と認定されています。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=110505030131551

宮崎県の改訂RDでは:
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000097439.xls
ハマグリ、シオヤガイ、スダレハマグリなどが追加されていますが、アリソガイはありそうでないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-18 10:06 | その他の貝類
<< GIビーチ 講演会 >>