beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スギの紅葉

冬が深まると家の周囲のスギが真っ赤になることは最初の年に気がついた。花粉を出す花がついて色が変わっているのかと見て回ったが、近隣に花をつけたスギの木は極めて少ない。全くないことはないが、滅多に見つからない。下の写真は花が咲いたスギと葉が枯れているスギである。赤く見えるところでは枯れ葉が圧倒的に多く、強い風が吹くと枝ごと落ちてきて、枯れ枝が林道に一面に堆積する。
e0094349_17241950.jpg
e0094349_17242151.jpg

スギの葉っぱが赤くなっている様子を見ると、木の位置が日当たりの強い場所であることが多い。しかし、それもまだらになっている上、木の大きさにも関係なさそうである。鹿や熊が樹皮をはがしてスギの立ち枯れを起こすという話もあるが、熊はいないし、鹿も滅多に見ない。
e0094349_1730037.jpg

e0094349_1730453.jpg

寒い地方では、スギが葉っぱに赤い色素を出して太陽光の直射の害から組織を守るという情報もある。宮崎県は寒い地方か、という疑問があるが、山間部では寒波が来れば氷が張るし、霜柱も立つ。しかし、それは早朝の一瞬の出来事である。色素生産による時期的な紅葉も混ざっているような気もするが、それだけではなさそうである。

海岸林の松枯れ問題も気になるが、スギ林は挿木苗からつくられたクローン集団であると聞いたので、疫病が出たら、それには極めて弱いはずである。一斉に枯死して枯れ木の山、すなわち山火事の燃料になったりしたら、エライこっちゃになるだろう。カリフォルニアの山火事はただの対岸の火事ではない。あちらでは樹木の立ち枯れが蔓延したのを放置していた結果、被害が激化したとされている。何しろ、宮崎県の県の面積の約半分はスギ林である。家のまわりも完全に取り囲まれている。

情報検索してみたら、大分から宮崎の北部にスギの病気が蔓延していることについて調査報告が出ている。松枯れほど人目につかない問題なので調査研究結果も目立たないまま、病気の本質についてもまだ解明されていないようである。九州大学の黒木逸郎,讃井孝義が報告した「宮崎県におけるスギの葉枯症状被害の分布と枯死葉上にみられる病害」(九州森林研究、2005年)
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/58/58pr006.PDF
一斉調査によると、葉枯れの被害は耳川と一ツ瀬川の中、上流域に広がっているそうである。

宮崎県だけでなく、九州全体についても調査されているが、面白いことに四万十帯の中に集中している。このことから、地質的な環境条件が背景にあるのかもしれない。
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/57/57pr009.PDF

最近の報告を追ってみて、病原体は特定されず、生理障害についても明確ではないようで、この問題に携っている研究者グループが苦労している様子が下の二つの報告から読み取れる。
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/54/54pr001.pdf
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/60/p142-143.PDF

スギの植林において、病害問題に関する対策は考えられているらしいが、下のような報告もあった。

スギ挿し木苗の赤枯病 (讃井孝義,水久保孝英、2002 Kyushu J. For. Res. No. 55)
樹病学はスギ赤枯病の研究そのものという感じの時代があった。しかし,薬剤散布等の防除技術が確立された現在では,報告を見ることは少なくなった。以前,筆者らは,宮崎県のスギ造林はすべて挿し木苗によっており,苗木の赤枯病はほとんど問題とならないことを報告した。
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/55/55pr005.pdf
自宅近くに最近植えられたスギの苗の多くが赤くなっているが、これであろうか。

現在の林業のあり方が環境的に健全でないこと、適材を適所に植林しているようには見えないことを見ていると、財政赤字を膨らませながら一向に持続的な林業が出来るような状態に出来ない理由が見えてくる。赤くなったスギの木も林業関係者と一緒に苦しんでいるのかもしれない。

<追記>
「サイエンス」にアメリカ西部の樹木の枯死問題のレポートがあります。
Science
23 January 2009: Vol. 323. no. 5913, pp. 521 - 524

Widespread Increase of Tree Mortality Rates in the Western United States
Phillip J. van Mantgem et al.

Persistent changes in tree mortality rates can alter forest structure,
composition, and ecosystem services such as carbon sequestration.
Our analyses of longitudinal data from unmanaged old forests in the
western United States showed that background (noncatastrophic)
mortality rates have increased rapidly in recent decades, with
doubling periods ranging from 17 to 29 years among regions.
Increases were also pervasive across elevations, tree sizes,
dominant genera, and past fire histories. Forest density and basal
area declined slightly, which suggests that increasing mortality was
not caused by endogenous increases in competition. Because
mortality increased in small trees, the overall increase in mortality
rates cannot be attributed solely to aging of large trees. Regional
warming and consequent increases in water deficits are likely
contributors to the increases in tree mortality rates.


今朝のニュース:2009/01/23 04:05 【共同通信】

樹木の枯死、30年で2倍に 温暖化の影響と米チーム

 米西部の天然林でモミなどの樹木が枯死する比率が、約30年前と比べて2倍になっているとの研究結果を、米地質調査所やワシントン大などの研究チームが、23日付の米科学誌サイエンスに発表した。地球温暖化と、それに伴う水不足が原因とみられるという。

 これまで熱帯地域の森林で同様の報告があったが、温暖地域では初の大規模な分析。研究チームは、他地域の森林でも同様の現象が起こっている可能性を示唆。「世界の多くの人々は温暖の森林の近くに住んでおり、何が起こっているかを調べることが重要だ」としている。


原文では「地域の温暖化」としていますがニュースでは「地球温暖化」としています。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-21 18:05 | 評論
<< 貝殻に穴を残さない捕食者 小倉ヶ浜北部 >>