beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貝殻に穴を残さない捕食者

小倉ヶ浜の汀線付近に打ち上げられているチョウセンハマグリの稚貝の死因について検死調査の手始めとして、貝殻に孔が空けられている率を調べています。
画像は孔を開けられたチョウセンハマグリの稚貝です。1円玉は直径が2センチあります。
e0094349_9485672.jpg

ちなみに昨年12月11日に小倉ヶ浜南部海岸で幅100m以内に集中していた死殻で、2+才の数センチの殻(2枚が蝶番でつながっていたものだけ)を見ると、259個のうち191個(74%)にツメタガイ類の特有の円形の孔が見られました。おそらくホソヤツメタの捕食でしょう。孔の大きさが小さいので、捕食者の方も小さい個体が多いようです。2年前にツメタガイの砂茶碗(卵塊)が大量に浜に打ち上げられていた(http://beachmollu.exblog.jp/4636367)ことを振り返れば、2006年生まれのチョウセンハマグリを同じ年生まれのホソヤツメタが襲っているようです。捕食者の大きさとそれが開ける孔の直径との関係を調べる必要がありますので、飼育実験をしなければなりません。

チョウセンハマグリの稚貝の他の死因としては、噛み砕かれていたのが2個(ただし、2枚の殻がつながったままの条件で採集したので過小評価している)、殻の腹縁に孔が開けられていた(これはアクキガイ科の巻貝が捕食者と考えられる)ものが2個あった。残る64個の殻には捕食者の残した痕跡が見つからなかった。

貝殻を飲み込んで噛み砕く魚類(クサフグやエイの仲間)による捕食率を調べるためには、容疑者を捕まえて調べてみる必要がある。またキンセンガニも貝殻をバラバラにして中身を食べるので、殻の砕き方の特徴を踏まえてから、砕けた新鮮な殻の破片を砂の中から集めて調べることも必要であろう。

殻に明瞭な痕跡を残さずにチョウセンハマグリの稚貝を殺している容疑者としては、ヒトデ類が重要であろう。ただし、生きたまま打ち上げられ、そのまま死んでしまうと見られる稚貝がかなり見つかっていて、それを調べると、カクレガニに寄生されている率が極めて高い。また、ヒトデ類以外に殻の損傷をもたらさないで食べる捕食者がいるかもしれない。たとえば、タコの仲間が関与しているかどうか気になっている。アカニシはこの浜にはいないようであるが、孔を開けずに二枚貝を食べるような巻貝がいるかもしれない。とにかく砂浜に生息する生物の自然誌の情報が乏しいので、その孔を埋めることも重要である。

金丸昌洋(1980)「日向灘のチョウセンハマグリについて」栽培技研、9: 1-11, という報告には<小倉ヶ浜のヒトデによる食害調査>のデータが示されている。それによると、1979年の保護水面調査の時に採集されたヒラモミジガイとモミジガイ(砂浜に生息するヒトデ類)のそれぞれ82個体中の57個体と、18個体中の14個体の胃袋内に2~4センチをピークとしたチョウセンハマグリの稚貝が見られた。(6センチ以上の成ハマグリもかなり食害されていた。)

フジノハナガイもチョウセンハマグリと一緒に食べられていて、モミジガイ2種の餌はほとんどがこれらの二枚貝であり、他の貝類は数が少なかった。

最近数年間、これらのヒトデ類が小倉ヶ浜に打ち上げられている姿はそれほど多く見られない。ツメタガイも同様であろうが、チョウセンハマグリやその他の貝類の変動とリンクして個体数が変動しているのだろう。

チョウセンハマグリ資源の変動についてその要因を定量的に把握し、漁獲管理の基礎情報の一つにするべきである。まず繁殖のタイミングと浮遊幼生の出現時期の把握、稚貝の着底の時期と場所、そして稚貝の二次的な移動・分散などを知ることが最も重要である。その過程の中で稚貝がどのように減耗するのか、つまり、初期減耗における捕食者の影響の大きさを調べ、その対策を講じることを考えるべきであろう。

一昨日、北小倉ヶ浜に打ち上げられていたフレッシュなモミジガイとその成れの果ての映像を示しておきます。ヒトデ類は骨格が結合されていないので、死んだ後はバラバラになります。
e0094349_9332370.jpg
e0094349_933335.jpg

<追記>どこかに違和感を感じて調べてみたら、スナヒトデをモミジガイと混同していたようです。小倉ヶ浜の砂浜のヒトデ類はモミジガイとヒラモミジの2種であるという先入観に囚われていました。上の写真はスナヒトデに訂正しておきます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-23 09:34 | Meretrix ハマグリ
<< バード・ウオッチング スギの紅葉 >>