beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

浦城海岸のナミノコガイ

先月26日に浦城海岸でナミノコガイ集団を確認し、3年分の年級群が出ていたので、
その後の追跡を始めました。

沖縄のナミノコガイは同じ年に半年にわたって繰り返し産卵・繁殖します。しかも、
異なった年級群がシンクロ繁殖しないこと、同じ年級群が同一年内に2回産卵する
らしいこと、などが二枚貝類での一般繁殖パターン(年一回の集中シンクロ産卵?)
という温帯の標準的なありかたと明らかに異なっているようでした。

温帯のナミノコガイ集団については海外の異なる種でいろいろ調査報告が出て
いるのですが、たいていは月に一回程度のサンプリングのために解像力不足に
なっていて、時期的に複数回の産卵があるかどうか、同じ個体が年内に繰り返し
産卵するかどうか、繁殖戦略の詳細が不明です。

外洋に面した砂浜では繁殖時期に来る台風などの影響で産卵しても浮遊幼生が
沖に運ばれて帰れなくなる「無効分散」のリスクがあります。沖縄ではその影響が
極めて大きく、それに応じた繁殖時期の分散(リスクヘッジ)が起こっているようでした。

発生に関しての繁殖水温の制約があるようなので、ナミノコガイ(チョウセンハマグリ
も同様)は初夏の水温上昇までは繁殖できないようです。温帯では繁殖適温の時期
が限られているので、「その期間だけ集中的にやるしかない」でしょう。

この繁殖戦略の問題はチョウセンハマグリで調べてみたいのですが、まとまった数で
繁殖サイズで大きさが異なる個体を入手する必要がある、という大きな制約があります。
つまり、100個体のオーダーで少なくとも2週間間隔で調べる必要があります。
年金生活者はその購入費用だけでパンクします。毎日ハマグリを食べるというのも、
好きな人でも嫌でしょう。私はもともと二枚貝は好きな食材ではありません。

鹿島灘や九十九里浜では、それぞれの県でチョウセンハマグリの繁殖について調べて
いますが、宮崎県では半世紀前に、ついでのやっつけ仕事があっただけです。
小倉ヶ浜でチョウセンハマグリの繁殖期が7~8月と考えられ、禁漁期が7~9月に
設定された根拠は希薄です。データ不足ですが、ヤマカンで6月からが繁殖時期で
あって、9月までに再度産卵があるかどうかでしょう。

北浦の浦城海岸までは片道1時間のドライブですので、定期的にサンプリングする
ことはあまり負担になりません。先月も今月も良い天気で、共に北風が強かったの
ですが、この海岸が東の海に面しているので風の陰となって飛砂もありません。

e0094349_9585822.jpg
e0094349_9591067.jpg

貝殻由来の砂粒が多く、それが比重の関係で波によって篩いわけされ、白い砂の
層が波打ち際で縞模様になります。砂浜を掘ると、縦方向にも縞模様が見られます。
e0094349_9592382.jpg

この砂浜で汀線に打ち上げられていた貝類はキサゴが多く、バカガイとトリガイが
ありました。また、ツメタガイもいるようです。ここでフジノハナガイが見られないこと
がかなり面白いと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-28 10:02 | ナミノコガイの仲間 Donax
<< 砂に関する本 ヒメバカガイの謎 >>