beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砂に関する本

最近出版された「砂」に関する2冊の本について、AMAZONJPの書評欄に投稿しました。

A Grain of Sand by Gary Greenberg
Voyageur Pr (2008)

砂粒の姿, 2009/1/30

地質学(堆積学)の定義では便宜上2mmより小さく0.063mmより大きい粒を「砂」としている。このように大きさだけ定義されているが、砂粒となっている鉱物組成は極めて多様であり、成因も様々である。この本は肉眼だけでは詳細が見えない砂粒を相手に、解像力を高め焦点深度を深くした顕微鏡写真で、形の面白さと色彩の美しさを見事に表現している。芸術と科学の融合、あるいは自然の造型美のミニチュア版として、砂粒の画像を楽しめるように工夫されたすばらしい本である。芸術的な美的な表現が主体であるが、この本では砂を造り出し、循環させる地球科学的な基礎情報が説明され、さらに、「砂浜の動態:砂の動き」や「鳴き砂」についても紹介されている。世界各地から集められた砂粒のギャラリーだけに終わっていない。
--------------------------------------------------------------------------------

Sand: The Never-Ending Story by Michael Welland
Univ of California Pr (2009)

地球の過去から未来の果てしなき物語, 2009/1/30

この本は、信じられないほど広範囲の話題を網羅しながら、「砂」の物語を「砂」に語らせています。地球科学を中心にしていますが、歴史・芸術・文学・科学技術など、砂に関する多くの考えられる限りのあらゆるエピソードがあり、その中には意外な事実が数多く出てきます。雑多な話が綴られて、時には与太話に飛んでいますが、全体的に話の筋道がしっかりしていて、明快でリズミカルな文章で書かれているので、最初から最後まで飽きずに楽しく読むことが出来ます。科学啓蒙の本としては、極めて質の高い、近来稀に見る優れた作品であることは間違いありません。日本の話題としては、風船爆弾に使われたバラスト砂のエピソードをはじめ、仁摩のサンドミュージアムの世界一大きな砂時計や安倍公房の「砂の女」などが出てきます。ただ、残念ながら、「浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」の辞世の句は知らなかったようです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-01-30 10:40 | 日記
<< ゲンジボタルの幼虫 浦城海岸のナミノコガイ >>