beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サクラガイ

サクラガイの仲間の打ち上げは、量的に激しい変動がありますが、日本各地で見られるようです。いろいろなサイトで記述が見られますが、昔からサクラガイの打ち上げで有名な鎌倉海岸では、
鎌倉材木座産貝類のホームページとその付属ブログ:
http://homepage2.nifty.com/zaimokuzasan-kairui/index.htm
http://zaimokuza77.cocolog-nifty.com/blog/
ブログ:鎌倉の貝 こんなものが拾えたよ
http://ebisugai.blog89.fc2.com/blog-category-7.html

鎌倉に近い茅ヶ崎海岸のサイト:さくら貝の湘南茅ヶ崎海岸
http://members.jcom.home.ne.jp/nekketu/index-sakuragai.html

山田海人さんのブログ:鎌倉の浜は「桜貝の歌」ゆかりの地
http://www.kamakuratoday.com/suki/kaito/1.html
サクラガイの歌のサイトもあります。
http://www.geocities.jp/marucyann1/sakuragaisong4.html
http://www.geocities.jp/marucyann1/sakuragainoutahiwa.html

遊びをせんとや…(弍)」 亜郁の現自分史、というブログでは
<2006年05月30日 様々なさくら貝の歌>という記事があります。
桜貝波にものいひ拾い居る 高浜虚子
ひく波の跡美しや桜貝 松本たかし

http://blogs.dion.ne.jp/ike590/archives/2006-05-1.html

鎌倉の外に、和歌山県の和歌の浦と石川県の増穂浦も名所だそうです。
どちらの海岸も現地を見てきましたが、いずれも打ち上げが減っているようです。

小倉ヶ浜でも打ち上げがかなりありますが、青島海岸では大量にサクラガイの仲間が打ち上げられる時があります。そのほとんどがカバザクラでモモノハナガイとオオモモノハナガイが混ざっています。サクラガイも少しあるような気がしますが、査定に自信がありません。
e0094349_9403975.jpg

上の写真のカバザクラは外洋に面した砂浜海岸で普通に見られる貝ですが、海の中でどのような生息状態であるのか、情報が見つかりません。潮間帯には生息していないようですが、亜潮間帯のどのくらいの深度にいるのか、見当がつきません。ヒメバカガイのゾーン(水深5mくらい?)に共存しているかどうかわかりません。想像すると、おそらく砕波帯の沖側でしょう。
殻の色に個体変異が見られ、真っ白なもの(色なし)がごくわずか見られますがピンクからオレンジ、黄色が混ざっています。代表的な色彩型を写真で見てください。
e0094349_9481584.jpg

モモノハナガイは数が少なく、二枚の殻が付いたままの打ち上げはわずかです。
e0094349_949493.jpg

オオモモノハナガイはさらに少なく、このコレクションではハンペラだけでした。
e0094349_9494251.jpg

サクラガイの仲間はニッコウガイ科に属していますが、この類の特徴は、平べったい薄い殻を持ち、砂泥の中に深く潜って水管を長く伸ばす習性が見られることです。波の荒い外洋に面した砂浜で砂が舞い踊るような浅い場所に生息できるような形態ではありません。

アメリカの著名な地質学者であるS. M. Stanleyが
Relation of Shell Form to Life Habits in the Bivalvia (Mollusca),
The Geological Society of America出版(1970年)という本を書いています。この本の中には二枚貝が砂に潜っている様子をレントゲン撮影した写真が掲載されています。サクラガイに近い種類の様子が見られる写真をスキャンしたものを下に示します。砂の中に深く潜って長い水管をのばし、その位置をしばしば変えています。それは、水中のプランクトンを吸い込むのではなく、砂の表層に堆積した有機物(デトリタス)を吸い込んで食べるからです。
e0094349_10182513.jpg

これに対してナミノコガイの仲間は砂のすぐ下にいて、短い水管を砂の表面に出します。
e0094349_1020417.jpg

同様にチョウセンハマグリを含むマルスダレガイの仲間は水管が短く、浅く潜っています。

ナミノコガイやチョウセンハマグリ(稚貝)は殻が丈夫であり、潮間帯において自発的に砂の中から海水中に飛び出して、波と砂にもまれて暮しています。それに対し、華奢な殻を持つヒメバカガイやサクラガイ類、そしてミゾガイなどは波の影響が弱い場所で暮していると想像されます。

これらの貝類が深い場所から浜に打ち上げられるための条件として、強い波浪で沖から岸に運ばれなければならないでしょう。そして、打ち上げ殻の数が時期的に大きく変動するのはそのためでしょう。打ち上げが多くなったり少なくなったりするのですが、それは海の中の数の変動と必ずしも一致していないかもしれません。環境指標として貝類の打ち上げのモニタリングは重要な手がかりとなりますが、まずデータの変動をもたらす要因について把握してから解析しなければなりません。

カバザクラをはじめ、砂浜で殻が多数打ち上げられる貝類の観察データを全国的に集めることは有意義であると考えますが、その背景となる生態的な情報が不足しているので、これまでほとんど研究がおこなわれていない砂浜の「非」食用貝類の生態を詳しく調べる必要があります。

<参考>北大を退職された向井さんが2007年から「海の生き物を守る会」として「砂浜海岸生物調査」を呼びかけています。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hiromuk/research.html
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-05 10:37 | その他の貝類
<< 吉野川河口 ゲンジボタルの幼虫 >>