beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

放流効果

先日、ブログ読者の地元の方(KENCRAFTさん)から小倉ヶ浜におけるチョウサンハマグリの放流について書かれた古い新聞記事(昭和51年2月26日、夕刊新都タイムズ)の切抜きを送っていただいた。それをスキャンしたものを示します(クリックすると画像が大きくなります)。
e0094349_843134.jpg

これまでに入手している県水産試験場によるチョウセンハマグリの放流に関する情報では、データ分析に必須である情報:貝の大きさと数、そして具体的な放流方法などの詳細が省略されたものだけだったので、何がどうなっていたのかさっぱりわからなかった。また、試験場が放流後の追跡調査や事業効果の評価などの報告を出していないことも理解できなかった。
放流「実績」情報として出された数値は各年度の全重量だけである。グラフにすると:
e0094349_8492211.jpg

放流された貝が鹿島灘産のチョウセンハマグリであることは、初期の金丸の報告では記載されているが、その後の事業報告には記載されていない。具体的な放流場所(水深、波浪環境)や時期も重要であるが書かれていない。もし学生が出した実習レポートだったら、注意メモの書き込みで真っ赤にして、書き直しを指示するような報告書である。

これに対してハマグリの漁獲量(総重量のみで金額は省略する)の経年変化のグラフは:
e0094349_8545963.jpg

新聞記事では1976年2月に実施された放流の詳細が報じられていたのと、放流効果に対する問題点についても解説されていたので、いままで控えていた論評が可能となった。

チョウセンハマグリに関連する文献リストは「ひむかのハマグリ」のHPに掲載してあるが、放流に関するものを抜粋し、補足したものを示す(未入手文献含む)。

阿井敏夫 (1964) 伊豆半島におけるチョウセンハマグリ移植事業の効果事例 水産増殖 12, 95-108.
阿井敏夫 (1965) チョウセンハマグリの移植の現状と問題点 水産増殖 臨時号5 pp. 2-8.
阿井敏夫、野中忠、大須賀穂作 (1959) 伊豆半島におけるチョウセンハマグリの移植 水産増殖 6, 1-7.
石田修、坂本仁、高尾義廣 (1974) チョウセンハマグリ移植放流調査 千葉県水産試験場研究報告 33, 59-64.
金丸昌洋 (1980) 日向灘のチョウセンハマグリについて 栽培技研 9, 1-11.
金丸昌洋、大久保兼清、松本正勝 (1980) 保護水面管理事業調査-チョウセンハマグリ- 昭和54年度宮崎水試事業報告、 314-321.
茂野邦彦 (1955) チョウセンハマグリの生態について 日本水産学会誌 21, 218-225
坂本龍一、松本正勝 (1996) 保護水面管理事業 宮崎水試事業報告平成6年度 138-142.
関屋朝裕、永友聖代、中川豊 (2000) 保護水面管理事業調査 宮崎県水産試験場事業報告書平成10年度 110-120
遠山忠次ほか(1971)チョウセンハマグリ移植放流調査 千葉県水産試験場報告24, 108-126
千葉県(2003) 九十九里地域広域的貝類資源管理推進指針 28頁

これらの報告を再読し、内容を分析してから日向灘の放流事業の何が問題であるのかを考察したい。

<つづく>

考察するために必用なポイントの情報整理が不十分であるので、つまみ食いでこの項の話を後で切れ切れに続けるしかないようである。

鹿島灘と日向灘は基礎生産のレベル(想像だけで比較データはない)と水温環境(データあり)がかなり違っているので、冬の水温低下などが生活史(繁殖時期や成長)に影響していることだろう。

集団間でいろいろ異なる点が見られるが、カクレガニの寄生率については日向灘で圧倒的に高いと思われる(鹿島灘におけるデータがないが、これまで生きた貝から出ていない)。また、鹿島灘の貝と比べて、日向灘の貝は殻の膨らみが強く(つまり、より丸い)、平均値で統計的に有意差がある。この形質は遺伝よりも環境によって変動している可能性があるだろう。

集団遺伝的に見て、頂紋の出現率が日向灘の過去と現在で異なっているようである(これについては全国的に比較検討中)。稚貝の殻の色彩と模様の出現率はかなり差異が見られるが、これも表現型をどのように分類するかで、まだ決着が着いていない。

過去の長年にわたった移植放流にも関わらず、集団遺伝形質と考えられる色彩、模様(頂紋を含む)がそれぞれ独自性を保っているようである。(地質的時間尺度で変化する)アロザイムで識別できるような集団遺伝的な地理分化は起こっていないかもしれないが、生態的な時間尺度では集団間で分化しているのだろう。

地域的に異なった環境に適応して、独自性を保っている集団間での移植・放流については、たとえばメダカやホタルなどで「放流はダメ」というメッセージが飛び交っているが、水産生物は別世界の話となっている。そのおかげで、検疫なしで世界中から様々な水生生物が流れ込み、コイヘルペスの問題が生じたりする。国内の地域間移植で、アサリでは捕食者(サキグロタマツメタ)の大発生、寄生動物(ウミグモ類)の出現、そして原虫による感染症かもしれない大量死が起こっている。

貝類は高密度の集団をなす動物であり、利用されている種は、その中から十分な大きさがあり人間の嗜好に合ったものとなっている。地域的に感染症の耐性ができている集団が別の耐性のない集団に添加された場合、発症して集団の衰退が起こる場合もあるだろう。松枯れ問題はその典型的な例である。水産動物では南太平洋で真珠貝の移植に伴った病気の蔓延があった。放流が資源利用に貢献したケースがあることは間違いないが、安易な放流は危険な行為であること、そして経済効果を無視した放流「事業」が無意味であることを認識するべきであろう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-08 08:59 | Meretrix ハマグリ
<< GHQのチョウセンハマグリ情報 吉野川河口 >>