beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

GHQのチョウセンハマグリ情報

ハマグリの放流について、古い文献を総ざらい中に、見落としていた情報を見つけました。

太平洋戦争の終戦後に占領軍の総司令部General Headquarters, Supreme Commander
for the Allied Forces のNatural Resources Sectionは当時の日本の農林水産資源と鉱物資源の状況を詳しく調査して記録し、多数の報告書を出しています。その146番目で1951年に出版されたCLAM CULTURE IN JAPAN by A. R. Cahn はカキ類を除く二枚貝類の資源利用を養殖を軸として既存資料を丁寧に収録しています。

手元に持っているのはこれ以外では117番の琉球の水産資源についての報告だけですが、リストを見ていると、いろいろ参照してみたいものがあります。おそらく、国会図書館あたりには収蔵されているでしょうから、参考のためにその一部をブログ読者のために紹介しておきます。

22番:日本の魚場、71番:日本の漁具、73番:小笠原の捕鯨、95番:1908-46の日本の漁獲量、104番:日本のマグロ漁業、122番:日本の真珠養殖、126番:1946年までの捕鯨。 予備調査の報告でカキの種苗輸出計画、海綿養殖、沿岸漁業、内水面漁業などの項目もあります。

Cahn Reportのまず最初の口絵として、日本と朝鮮半島の重要な食用二枚貝資源(カキ類を除く)の分布がまとめられています。本文では種類ごとに記載されているので、資源分布の全体像はこの図で見ることになります。(クリックすれば画像が大きくなります)
e0094349_1812044.jpg

この図でハマグリはMeretrix meretrix lusoria という学名で示されています(黒田1947、日本動物図鑑の記載によっている。謝辞を見ると、著者は黒田本人から意見を聴取している)。つまり、タイワンハマグリの亜種扱いですが、これは、戦前の文献でハマグリの学名としてM. meretrixが当てられていたのを黒田が改訂したものです。

図にチョウセンハマグリが示されていないのは、この報告では、重要種とみなされなかったからと思われます。

鹿島灘ではウバガイ、九十九里浜ではアカガイ(実際はサトウガイであろう)だけが重要種として図に示されています。

日向灘ではアサリ、シオフキ、バカガイ、イガイ、トリガイ、ホタテガイがマークで示されています。ホタテガイはこの海域に分布していないので、おそらくイタヤガイが混同されたものでしょう。それにしても、近年の日向灘でこれらの二枚貝類が重要な漁獲物となっているとは思えません。ここで示されたように、かつて本当にこれらの貝が重要な水産物だったのかどうか、情報を確認したいものです。

朝鮮半島の沿岸各地にハマグリの分布を示すマークが見られますが、黄海の分はシナハマグリの誤りでしょう。戦前の文献などを見ていると、ハマグリと朝鮮半島のシナハマグリは混同されていたように考えられます(ただし、朝鮮半島の日本海沿岸部のものは種の認識が難しく、どちらとも言えると考えています)。

Cahnは、本文中のハマグリの項で、ハマグリ属各種の記載が混乱していることを記述し、黒田の図鑑の記載を英語に訳してシノニムや分布域などの詳細をリストアップしています。
チョウセンハマグリに関しては:
Meretrix (petechialis?) lamarckii Deshayes
Japan proper (Honshu, Shikoku, Kyushu), Formosa
と記載しています。
これに対してシナハマグリについては:
Meretrix (meretrix) petechialis Lamarck
Korea, China, etc.

以上の記載の分布域と種の対応を見れば、朝鮮半島にハマグリが示されていることのつじつまが合っていません。

チョウセンハマグリが朝鮮半島沿岸に分布しているかどうか、いまだに実物は未確認です。また、台湾産のハマグリにチョウセンハマグリそっくりな種がいるのですが、これも同種かどうか査定が難しいと思います。チョウセンハマグリは種子島以北、本州北部(宮城県が最北)まで分布している日本の固有種ではないかと思っているところです。

Cahnの報告でチョウセンハマグリは、81頁に計17行の記述があります。その英文を日本語に訳しておきましょう。

10. Meretrix lamarckii Deshayes
和名: チョウセンハマグリ
   1853 Meretrix, Cat. Conch Brit Mus: 39 (大英博物館、貝類カタログ)

 この二枚貝はハマグリにとても良く似ているが、以下の点で異なる。 殻はより大きく、厚くて重く、腹縁がほぼ直線に近く、また殻幅の殻長に対する比を見るとやや薄い。分布は、ハマグリが内湾や遮蔽された場所に生息しているのに対し、外洋に面した海岸に限られる。通常の個体の大きさは、殻の長さ100ミリ、高さ75ミリ、幅45ミリである。

 繁殖期は6月から8月であるが発生と成長に関して何も知られていない。

 本州では茨城県と千葉県、九州では大分県の外洋に面した海岸で特に多く、よい漁場となっている。漁具は貝桁網(34図)あるいは腰まき又はジョレン(35図)が使われている。この貝は食用として非常に好まれる。貝殻は高級ボタン、そして日本で人気の高いゲームである碁の白碁石として加工される。


e0094349_1931716.jpg

別図でこれらの漁具の扱いを示しています。
e0094349_19474758.jpg

以上のように、宮崎県と大分県を取り違えた部分を除いて正確に記述しています。チョウセンハマグリに関する科学的な情報として、この半世紀前の時代には博物学レベルに止まっていたことが理解できるでしょう。   
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-09 19:10 | Meretrix ハマグリ
<< ハマグリの数学 放流効果 >>