beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハマグリの数学

情報検索でさきほど発見したのですが、面白そうな本が出版されています。
著者のHPで、その内容についてかなり詳しく見ることが出来ます。

『生き物たちのエレガントな数学』 技術評論社 [知りたいサイエンスシリーズ]
上村文隆 著
目次
 1、ハチの巣はなぜ六角形か
 2、植物の葉の付き方
 3、まつぼっくりの研究
 4、植物の葉や枝が描く形の謎
 5、樹木の生長
 6、ハマグリの数学
 7、貝の成長とマルサスの法則
 8、黄金率とフィボナッチ数列と等角らせんの秘密
 9、生き物の大きさと形の関係
10、地球環境と生態系を比例で読み解く
11、働きアリと怠けアリとパレートの法則
http://www.rd.mmtr.or.jp/~bunryu/index.htm

ハマグリに関する情報検索中ですが、オンラインで自宅にいながら手元に文献を集めることができる、便利な時代になっています。ただし、ネット上で公開されていない情報がまだ多く残っています。そして、公開されていてもダウンロードが有料のものもあります。

貝類学会関係の古い文献は、たとえば、波部忠重(1968):貝の風土記(13) ちょうせんはまぐり、ちりぼたん Vol.5 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004756107/
これは碁石の話が中心ですが、和名の説明として、以下のように書かれています。
(前略) 朝鮮産という意味でなく、似た別種というほどのことで、我々が食膳にのせるハマグリよりも殻が厚い。そして黒潮洗う海の河口に近い砂地にすんでいる。東京付近では鎌倉江ノ島で産し袋に入れて売っている(もっとも近頃は他地から来るらしい)。 (後略)

上の文は、三浦三崎の臨海実験所に自分が通っていた1960年代後半の頃に書かれていて、当時の鎌倉あたりの海岸で袋入りのハマグリが売られていたことは見た記憶があります。鹿島灘でチョウセンハマグリが豊富だった時代でもあり、それが販売されていた可能性が高いでしょう(宮崎県、日向灘に鹿島灘産チョウセンハマグリが移植されたのは1969年から。)

日向灘ハマグリ碁石について人文社会分野の論文が出ていたことは以前から知っていましたが、以前はできなかったのが、今日はダウンロードできました。
李 善愛 II Sun Ae
<論文>非日常的資源利用のための戦略 : 日向灘ハマグリ碁石を事例に
Strategy for exceptional resource use : the case of a go stone made from Hyuga Sea clamshells
宮崎公立大学人文学部紀要
Bulletin of Miyazaki Municipal University Faculty of Humanities
Vol.9, No.1(20020320) pp. 1-13
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000482987/
世界の囲碁人口などの情報が掲載されています。韓国と中国の人数が多く、日本ではファンの高齢化と減少でかなり衰退しているようです。日向碁石のプロモーションに関して地元の碁石製造業者はかなり苦心しているし、行政の支援で碁の全国大会を毎年開催していますが、日本国内でファンを増やして「ハマグリ碁石」の需要を喚起することは容易ではなさそうです。

貝ボタンは自然志向のブティック業界で珍重されていて、必ずしも安価なプラスチック材料によって完全に消えたわけではありません。おそらく、碁石を使うファンの高級感を誘うイメージ戦略が必用で、ファンの多い近隣諸国と碁を通して国際交流を進めることも効果があるかもしれません。欧米にも広めるくらいの意気込みが必要でしょう。日向市でお抱えの国際交流担当の外国人を活用しましょう。

日向市に来る観光客が、地元産のハマグリ料理、そして特産ハマグリをはぐくむ海岸の自然景観を楽しめるような工夫、仕掛けをして、全国と海外にアピールするための情報発信の取り組みを日向市が意欲的、積極的にやっているとは見えません。HPを見ると寂しくなります。

チョウセンハマグリ資源の調査研究情報は茨城県の水産試験場と千葉県水産総合研究センターのHPで過去に遡ってほぼすべての報告論文をpdfファイルで見ることができます。当然ですが、ハマグリ以外の項目も見ることが出来ます。

今日の午前中、以前はファイルがオンラインでは見れなかった報告を次々にダウンロードして印刷したら、プリンタの大容量インクカートリッジが空となりました。読むべき文献が増えたので、放流問題の考察は後回しです。

研究課題・研究業績データベースは、農林水産関係独立行政法人及び都道府県試験研究機関において実施されている研究課題及び研究業績(論文等)の情報を提供しています。
http://www.affrc.go.jp/Agropedia/
チョウセンハマグリをキーワードにして検索して出てきた情報で、宮崎県については下の1件ですが、題目だけで概要も要約もなし、中身が何も記載されていません(事業報告は印刷されているはずです)。

年度 : 2003
・県名 : 宮崎県
・研究機関名 : 宮崎県水産試験場
・研究対象 : チョウセンハマグリ
・試験研究課題 : 5水産増養殖部門 (1)資源の管理技術の開発 (ii)チョウセンハマグリの資源量の把握と管理技術の確立
・研究期間 : 継S58~
・概要 : 保護水面管理の一環として稚貝発生量及び成貝資源量を把握し管理の基礎とする。
・研究分担 : 生物開発科
・戦略 : 水産
・予算区分 : 国庫補助
・専門 : 水産増養殖
・部門 : 海洋

宮崎県の水産試験場が出している研究報告を見たいと思ってHPを訪問しましたが、フラッシュ動画で華麗に出迎えてくれたポータル頁がありますが、肝心な中身を探しても、過去の研究成果のファイルが見当たりません。以前は研究課題のリストがあったと記憶していますが、個別論文・報告のpdfファイルはおろか、研究成果の一覧リストも見つかりません。

11日にウグイスが初鳴きで、春の陽気が来ました。散歩中に見つけたカタバミの一種と思われる花がきれいだったので撮影しました。
e0094349_13584973.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-02-13 13:51 | Meretrix ハマグリ
<< 不思議なダブル孔 GHQのチョウセンハマグリ情報 >>