beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉ヶ浜の打ち上げ貝

チョウセンハマグリ稚貝に二つ孔があることでサンプルを見直していましたが、1%くらい出てきます。そこで、もっと詳しく調べるためにサンプルの追加を拾いに出かけて戻ったところです。

ついでに打ち上げの貝殻とカニ殻を撮影しておきました。
まずは大量発生しているヒメバカガイです。こいつらが多過ぎて、一緒に少数混ざって転がっているチョウセンハマグリを見つけるのがやや難しくなります。画面の中にチョウセンハマグリのペアの殻が1個あります。
e0094349_1254202.jpg

鹿島灘ではチョウセンハマグリの稚貝よりも深い沖合いに生息していると報告されたミゾガイの細長い紫色の薄い殻も沢山あります。これがどうやって岸まで運ばれて打ち上げられるのか、ちょっと不思議です。

もっと不思議なことは、イソシジミの打ち上げが多いことです。本来は干潟にいるはずの貝です。
e0094349_1312071.jpg

日向市史、自然編には、塩見川河口周辺干潟の底生動物が写真入りで解説されています。その255頁に「オキシジミ」とキャプションが付けられた写真の貝がこのイソシジミです。オキシジミも干潟の貝であり、塩見川の干潟に生息していてもおかしくない貝ですが、著者がよく似た名前の二種類の貝を混同したようです。説明文の方はイソシジミではなくてオキシジミのことを説明しているような気もします。

数が多いワスレガイの写真を撮ることを忘れましたが、珍しくベンケイガイが一つ転がっていました。
e0094349_13171321.jpg


干潟のカガミガイとよく似ているヒナガイは、外洋に面した砂浜の住民であり、ハマグリとチョウセンハマグリのペアやツメタガイとホソヤツメタのペア、などのように互いに生息域が異なっています。
e0094349_13194837.jpg

それぞれの生息環境に適応しているはずですが、どこが違っているのか、調べて比べてみると面白いでしょう。チョウセンハマグリとハマグリの差異は稚貝時代の環境に応じた行動生態の違いと関係しているようです。つまり稚貝の違いです。

打ち上げられたカニ類の甲羅はキンセンガニが圧倒的に多いのですが、今日はカラッパの類(メガネ君)が転がっていました。カラッパの仲間は、鋏を缶切りのように使って、巻貝の殻口のところから中身が引っ込んでいるところまで殻を壊して食べます。ホソヤツメタやダンベイキサゴなどの、これにやられたと思われる殻が転がっていましたが、写真を撮っていません。
e0094349_13254026.jpg
e0094349_13254829.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-02-18 13:25 | その他の貝類
<< アカガエル チョウセンハマグリの殻を砕く >>