beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サザレイシ

本ブログのリンク先の一つである「原体験コラム」の中に「自然の形と知恵シリーズ」というエッセイ集があります。(http://www.proto-ex.com/gentaiken/gentaikentop.htm)
その70番エントリーとして「サザレイシ」の項目が眼につきました。その中で<「さざれ」のもともとの意味は「わずかな、ちいさい、こまかい」の意です。>と書かれていたので、やっぱりそうであった、と腑に落ちました。

小倉ヶ浜の北の端から隣の伊勢が浜にかけて、通称「さざれ石」の岩塊が多く見られます。小さな石ころではありません。日向のお伊勢さまと呼ばれる大御神社には大きな「さざれ石」の神座があります。(http://www.oomijinja.jp/)そして、この石にちなんだクッキーのような菓子が作られて販売されています。いただいて食べてみましたが、食感はジャリジャリしませんでした。

表面がツブツブ・ザラザラとしており、まるで生コンクリートを捨てて固まったかのような石(岩)です。>と神社の宮司さんが表現しているとおり、砂礫が集合して固まった、地質学的な名称では礫岩であり、極めて大きなものまであります。堆積物として貝殻などの石灰質が含まれていたものが水に溶け出し、それが再び一緒に固まって岩となるのでしょう。セメントを使ってコンクリートを造る時に、砂や礫の割合を間違えると、崩れやすい脆いものができますが、日向の天然の礫岩を見ると、まさに「できそこね」のコンクリート状です。つまり、かなり簡単に割れて崩壊するように思われます。神様が座る足場としては多少不安感があります。

礫岩が、地下深くで高い圧力を受けて生成した場合にはしっかりと固まって、壊れにくい岩となるでしょう。日向のさざれ石はあまりしっかりできていないようなので、堆積層としては浅い場所で生まれたものでしょうか。もともとこのような砂礫が堆積する環境は、河川が山間部から平地に出るようなところでしょう。その中に石灰質成分が礫岩形成に十分なほど含まれるようになるのは、おそらく珍しいことだろうと思われます。陸上で石灰質の地層を流れる河川は、多くの場合、石灰分を溶かしてしまうので、川底の砂礫中に石灰が残るようなアルカリ性の環境は珍しいかもしれません。

ところが、海では事情が異なります。海水は弱アルカリ性であって、その中に溶けている各種のイオンがその平衡状態を保ちます。表層の海水は普通はカルシウムイオンが過飽和となっていますので、貝殻やサンゴの骨などは水中のカルシウムから簡単につくられてしまいます。また、カルシウムイオンは温度が高いほど水中での溶解度が低下するという「へそまがり」(多くはその逆)ですから、温度が高い熱帯の海でサンゴ類が繁栄する理由の一つとなっています。

サンゴ礁の海岸で、場所によりますが、砂浜の潮間帯に板状の岩盤が見られます。沖縄や奄美の海岸ではこの「ビーチロック」が普通に見られます。自分が持っているビーチロックの写真画像はデジタル化していないので、ここではオンラインで見られる解説記事を紹介しておきましょう。
(http://www2.117.ne.jp/~tnk1998/b.r.html)
このサイトで次のように説明されています。<ビーチロックは比較的新しい時代の完新世の海面変化を示す良好な指標となりうる。

完新世、つまり過去2万年間の、さらに最近の海面安定期(過去5000年間)に現在の安定海水面に対応して形成されていますので、ビーチロックができる速度は(地質的に)極めて速いわけです。確かかどうかわかりませんが、ビーチロックを割って調べたら中からコーラ瓶が出てきたという噂を聞いたことがあります。それが真実であれば、人間の世代の長さで岩ができてしまうわけです。

ビーチロックができた後で地盤が上下に変動した場合、陸上に押し上げられたり水面下に沈んだりするので、それが水面変動の指標となります。しかし、海水に浸からない、陸上に乾出したビーチロックは沖縄の海岸で見た記憶がありません。水面下に沈んだビーチロックとしては、本島北部の大宜味村にある塩屋湾の外側にあるようです。下はGOOGLE EARTHの2007年に撮影された空中写真からその場所をクリップしたものです。
e0094349_10534157.jpg

湾の外側に島があって、島の南西側の海中にそれらしき構造が見えます。その南側の沖に離岸堤群があります。ここでは岩礁の映像が端で二又になっているように見えるので昔から不思議に思っていますが、水中の様子を見るために潜ったことはありません。

話を元のさざれ石に戻しましょう。日向市の海岸で見られるさざれ石が生まれた環境と時代背景などを明らかにすることは面白い研究テーマになりそうですが、科学的な検討対象にされてこなかったようです。神様の時代からあったものかどうか、その筋の専門家を招いて詳しく調べてみるべきでしょう。

いつもワンコを走らせている小倉ヶ浜の北端のビーチには、さざれ石の根無しの大きな塊が、別の岩盤の上に転がった(多分元の姿勢から反転した)形で鎮座しています。その姿は津波か台風の大波で海側にあった岩が打ち上げられたようにも見えます。(以前のブログで「津波石?」として紹介:http://beachmollu.exblog.jp/6966140)
この想像が当たっているかどうかを検証することも面白いでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-22 10:08 | 日記
<< チョウセンハマグリの稚貝の敵 砂浜侵食問題は裏返せば堆砂問題 >>