beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

チョウセンハマグリの稚貝の敵

小倉ヶ浜の汀線付近に打ち上げられていたチョウセンハマグリの稚貝で殻が二枚とも揃っていて砕かれていないもの、そして殻長1から5センチに絞って、捕食された孔の様子を調べてみた。昨年12月以来、繰り返し採取して集めた約700個中に孔がダブっている割合を見るためであったが、ついでに左右の殻で偏りがあるかどうかも調べた。その検死作業の過程でツメタガイ類とそれ以外の捕食者の影響の相対的な重要性も見ることにした。

このデータは、満1才から3才くらいまでのチョウセンハマグリの稚貝が潮間帯の下部からサンドバーとの間の生活環境でどのような敵から攻撃を受けているかを推察する一助になるだろう。

この大きさの範囲の稚貝では、エイやフグなどに噛み砕かれたと思われる破片はあまり見かけない。また、1センチ未満の貝殻は目視で見つけることが極めて難しく、砂から篩って取り出すような別途の調査法が求められるので、ここでは考慮しない。もちろん、より小さい稚貝の捕食者とその影響を調べることは重要な課題であり、いずれそれにも取り組みたい。

小倉ヶ浜以外の海岸でも打ち上げられた死殻を機会があるごとに拾い集めている。頂紋や色彩型の出現頻度が地域集団間でどのようになっているのかを知るためであるが、捕食者の地理的な差異を推察することにもサンプルが利用できる。今回は十分な数が集まっている、千葉県の片貝海岸(協力者である千葉県在住のKYさん採集)、石川県の千里浜、高知県の大岐の浜、鹿児島県の脇本海岸、そして小倉ヶ浜を比較した。

大岐の浜では2005年以来繰り返して4回採集しているが、いつも貝の大きさが揃っていない。その他の場所のサンプルは一度に集めた、ほぼ同じ年生まれの(水産学でcohortと呼ばれる)同一年級群である。成長の個体差があるが、貝の大きさには正規分布に近い頻度分布が見られる。片貝海岸の場合は下のグラフのようになる。
e0094349_20102441.jpg

殻が揃っている死殻は死後の経過時間がそれほど長くないし、まとまって採取できる場合は海で稚貝が大量に成育していて、それが盛んに捕食者の攻撃を受けている状況を示しているだろう。この状況は、稚貝の移植放流事業を計画する場合の参考になるはずである。餌になる貝も捕食者もどちらも自然変動しているから、ここで示されたデータの再現性は弱いが、時期を変えて繰り返してデータを蓄積すれば地域的、時期的な捕食の受けやすさを推量できるかもしれない。

砂浜海岸では、ツメタガイに良く似たホソヤツメタが開けたと思われる孔が特定できそうである。孔の開けられる位置が殻頂付近に集中すること、そして孔が外から内側に向けて直径が小さくなる、つまり円錐状の孔がそれである。下の写真では外側と内側から見た典型的なツメタガイ孔を示す。孔の大きさは、時には小さいものもあるが数ミリ以上である。(ツメタガイの大きさと開けられた孔の大きさは比例関係になっているだろう:実験室飼育観察でその関係式を出しておけば、捕食者の大きさの情報も得られるはずである)。
e0094349_20205464.jpg

検死作業の過程で小倉ヶ浜に限られた面白い孔が見られた。これは下の写真のように1ミリ未満の直径で、ほぼ円筒形で、きれいな孔、髪の毛がやっと通るようなピンホールである。
e0094349_20233553.jpg

このような孔を開けることができる犯人として、とりあえず小型のタコを考えたい。沖縄にはタカラガイなどにこのような極めて小さいピンホールを開けて捕食するタコがいるし、黒潮流域で伊豆・房総半島あたりまでにも同じことをやってしまうタコが生息しているらしい。小倉ヶ浜以外のサンプルでも出てこないかとじっくり探してみたが、他所からは全く出てこなかった。

小倉ヶ浜の岸近くには砂底から岩礁があちこちに出ているので、そのような場所にタコが潜んでいて、砂の上に出てくるのではないか、と想像を逞しくしている。ピンホールのあった貝殻は8個で、ツメタガイの孔がダブルであった7個と似たようなほぼ1%の出現率であった(サンプル全体で778個)。

おまけであるが、二枚の殻がかみ合う腹縁に小さな刻み込みを穿って捕食したらしい痕が、どこの場所でも少し見られた。これはアクキガイの仲間の巻貝の得意技と思われる。

以上のようなツメタガイ類の孔、ピンホール、腹縁の刻み孔、全く孔なし(ただし途中まで開けて中止されたものがわずかな数あった)の4つのカテゴリーにまとめて地域ごとに出現率を比べたグラフが下のようになった。
e0094349_2036332.jpg

ツメタガイ類が汀線近くの数センチの稚貝の重要な捕食者であることは明らかであるが、約75%以上の片貝、脇本、小倉ヶ浜に対し、大岐の浜と千里浜は約50%であった。

孔を開けずに捕食するものは主にヒトデ類(スナヒトデとモミジガイ、ヒラタモミジなど)であろうが、ヒトデ類の捕食については小倉ヶ浜で調査報告が出ている。巻貝類で二枚貝に孔を開けずに捕食する可能性が考えられるものがある(テングニシなど名前にニシが付く巻貝類が怪しい)ので、それを調べて確認するべきであろう。鹿島灘ではホタルガイが捕食者として報告されているが、小倉ヶ浜にこれが生息しているだろうか。

過去の小倉ヶ浜では、鹿島灘産のチョウセンハマグリ稚貝を長距離輸送して、弱っているものを本来の生息場所とずれた位置に放流していたようである。捕食者たちが、待ってましたと襲い掛かった様子が想像できる。放流された稚貝の運命について追跡調査は行われたのだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-23 20:48 | Meretrix ハマグリ
<< ツメタガイはチョウセンハマグリ... サザレイシ >>