beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ツメタガイはチョウセンハマグリの左右の殻を選ぶか

チョウセンハマグリ稚貝の捕食痕についての続きです。

ホソヤツメタ以外のタマガイ科の巻貝が捕食者となっている場合もあるでしょうが、ここでは一緒くたにしておきます。ツメタに開けられた(と考えられる)「孔」のあるチョウセンハマグリだけについて比較して見ます。

先に進む前に、左右両方の殻に一つずつ開けている、という不思議なことが(今のところ)小倉ヶ浜だけで約1%見られました。それとは別に、左右の一方の殻に貫通した孔が2つ見られた貝殻が2つありました。なぜ二つ目を開けてしまったのか、という点が不可解ですが、空想すると、一つ目の孔を開け終わってから殻が開かなかったのではないか、ということが思い浮かびます。そもそも、このツメタの孔とは、餌の閉殻筋を弛緩させる毒液を注入する「しかけ」かもしれない、という想定です。貝の中身がすでに死んでいた場合には殻が開かない(茹でても開きません)ので、努力を重ねるのではないか(そしてムダに終わる)ということです。中身が死んだ二枚貝は、殻を閉じる筋肉が腐れれば蝶番の力で自動的に開きます。つまり、死に立ての貝でなければこのような変なことは起こらないでしょう。だから、出現率が低い。また、小倉ヶ浜の場合、生きたまま打ち上げられて浜の乾燥した場所に長時間取り残されて死んでいるチョウセンハマグリの稚貝がかなり多数見られます。満潮で再び潮をかぶっても復活できないモノがいるのかもしれません。

二つ孔の貝の画像の例を出しておきますが、ほぼ左右対称のもあればズレているのもありました。殻を閉じて斜めから見ると楕円形ですが、正面から見たら正円に近い輪郭です。
e0094349_96693.jpg

さて本題の左右のどちらかに孔が偏って開けられているかどうかの問題です。
結果は下のグラフを見てください。
e0094349_975722.jpg

千里浜ではだいたい同じようですが、他はどこでも、どちらかといえば左殻を開けるのが好きなようです。
カイ二乗検定というのをやれば、有意に異なるかどうか議論できるのですが、きっちり同数になることを前提にした検定をやることについて、本質的に疑問を感じているので、あえてやりません。(複数のサブサンプルを用いる必用もあります。)

チョウセンハマグリの稚貝の殻について、形態が左右で明瞭に異なっているとは思えません。多分、ツメタガイが餌を押さえ込む姿勢、そして、砂の中に潜んでいる姿勢が絡んで、殻の左右上下の位置関係が偏るのかも知れません。しかし、一方に極端に偏っているわけでもないので、これ以上追求する意義を感じません。

さて、ツメタガイの仲間は二枚貝類を専門的に襲って、孔を開けて食べるようですが、チョウセンハマグリの稚貝と同じ環境に暮している他の二枚貝類はどうなっているのでしょう。小倉ヶ浜の場合は、おそらくヒメバカガイ、フジノハナガイ、ワスレガイが主な同居者であり、他にマルサルボウの稚貝、ナミノコガイなどもいるようです。これらの死殻についても調べていますが、ヒメバカガイは二枚そろいが少なく、ワスレガイの稚貝のみ、まとまった数のサンプルがとれています。孔あき率はまだ出していませんが、犯人が同じだろうということ、そして犯人のツメタの大きさと餌の大きさがある程度相関関係にありそうだ、という点がチョウセンハマグリの稚貝と同様に思われます。

ワスレガイに開けられた孔の写真を下に示します。
e0094349_9244772.jpg

おまけはフジノハナガイですが、この貝は沢山いるくせに打ち上げが少なく、しかも孔の開けられた率が大変低いので不思議に思っています。
e0094349_926329.jpg

ホソヤツメタがチョウセンハマグリの稚貝集団と一緒に混ざっている他の二枚貝類、特にヒメバカガイとワスレガイを盛んに捕食していることは孔の開いた打ち上げ貝殻の様子でわかります。これらの同居者たちは、(高密度であれば)餌の取り合いの競争相手となっているかもしれませんが、ツメタガイ類やヒトデ類などの餌食となる場合にターゲットの分散効果があるかも知れません。資源の維持管理の観点から、チョウセンハマグリ稚貝の生存率が捕食者の影響をどの程度受けているか、それが他の二枚貝を含めた群集の中でどのようになっているのか、調べておくべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-24 09:32 | Meretrix ハマグリ
<< カラスがヒトデを食べた! チョウセンハマグリの稚貝の敵 >>