beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カラスがヒトデを食べた!

新しいデジカメ、オリンパスのミュー6000タフが来たので、その野外テストのため、昨日の干潮を狙って小倉ヶ浜に出かけました。カラスたちが盛んに潮干狩りをやっていたので、現場チェックしながら被害者たちの様子を撮影しました。

現場の様子ですが、カモメ達が汀線付近でくつろいでいました。連中は何をしているのか、わかりません。サギやシギなどと違ってボケーとしています。世間話でもしているのでしょう。
e0094349_9575061.jpg


昼間の干潮の引き方が大きくなり始めています。塩見川の河口付近では、大潮の干潮には広大な干潟状に砂浜が干上がります。日本の太平洋岸では、日に2回の干満があり、大潮と小潮が約2週間周期で繰り返されます。このサイクルは月齢で決まっていますが、2回の干潮の潮が引く程度は異なっていて、春から秋にかけては昼間がよく引き、冬の間は夜間によく引きます。満潮線の位置は干潮の汀線位置のような大きな変化はありません。つまり、春になると大潮の昼間の干潮でよく潮が引くので、潮干狩りシーズンとなります。
e0094349_1003939.jpg


傾斜がゆるい砂浜の汀線の位置は潮の干満の潮位差(大潮で約2m)によって、大きく変わります。小倉ヶ浜では、満潮線から陸側の(通常の波浪が届かない)乾いた砂が100m前後の幅を持っています。汀線が大潮の干潮時にさらに100m近く海側になるため、実に広々とした砂浜となります。小倉ヶ浜で砂浜侵食が起こっていると思い込んでいる人々が多いようですが、砂浜の広さが異なる時に見た変化の記憶と世間で騒いでいる侵食問題とがリンクしてしまうのでしょう。マスゴミの決め付けと刷り込み効果は絶大です。

空中写真で過去半世紀の小倉ヶ浜の汀線変化を見て比べると、ほとんど変化がありません。ただし、2000年以後の写真がないので、平岩漁港の防波堤の影響が読み取れません。2000年の時点で、平岩漁港付近では砂浜の汀線が海側に拡大しています。(つまり堆砂が進んでいるので、その分が北側で削り取られている可能性が考えられます)。砂の量が有限であり、新たな供給が乏しい環境のように思われるので、平岩港の航路浚渫で出た砂の取り扱いには注意が必要です(取り除いた分が侵食を誘発するかもしれません)。

今のところ、塩見川の河口近くから赤岩川河口までの間で、護岸に対して砂が堆積し続けていて、特に北側では古い垂直護岸がほぼ砂の下に埋没しています。つまり、砂丘は成長を続けているわけです。特別大きな波浪が来るまでは、このあたりが(一時的)侵食を受けることはないでしょう。より南側では砂浜が拡大中です。

さて、塩見川河口の北側でカラスたちがホジホジした跡を見て回ったら、びっくらこいた発見でした。なんと、ヒラタモミジが掘り出されて、中身が食われてしまっていました。
e0094349_9591287.jpg
e0094349_9592615.jpg
e0094349_9593886.jpg

ヒトデの形に砂が掘り出されていて、その星型の砂が転がっていました。念のために突いて見ましたが、砂だけでした。ヒトデの本体は体壁が破られて内臓が消えていました。カラスは悪食です。

カラスが掘り出していた相手は、チョウセンハマグリの稚貝、フジノハナガイ、そしてヤドカリが入っていた貝殻(ウミニナの類)でした。
e0094349_1041653.jpg
e0094349_1042885.jpg

このほかに、砂の表面に何かの這い回った跡があったので、それをチェックしたら、ムシボタルが出てきました。
e0094349_10553.jpg

e0094349_1061767.jpg
e0094349_1062569.jpg

カラスはこれを相手にしていないようでした。何しろ小さい巻貝です。フジノハナガイ同様に、掘り出してそのままにしたらしい様子も見られました。

ムシボタルは基本的に掃除屋だろうと思っていますが、ごく小さい生きている貝を襲って食べることも考えられます。そこで、飼育観察をするため、30個体ほど採集して持って帰りました。詳しいことは項を改めて続けます。
[PR]

by beachmollusc | 2009-02-25 10:27 | 海岸
<< カラスとハマグリ ツメタガイはチョウセンハマグリ... >>