beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海水の逆流:副振動(あびき:網曳き、セイシュ)とインターナル・ボア

長崎から川の中に大きなアカエイが見つかったというニュースがあった。
西日本新聞の記事を代表として紹介する。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/81301
浦上川にアカエイ 副振動が影響か 長崎市 2009年3月6日

 長崎市の浦上川で5日、海水魚のアカエイが泳いでいるのが見つかり、同市の長崎ペンギン水族館に保護された。浦上川が流れ込む長崎港では2月下旬から、急激に潮位が上下する「副振動」が断続的に続いており、川へ逆流した潮流に乗って迷い込んだ可能性もあるとみられる。

 発見されたアカエイは体長1・35メートル、体重約12キロ。河口から上流2.5キロあたりで力なく泳いでいるのを住民が見つけた。
 (後略) >

{海洋学研究者の日常} 3月1日の記事:
<副振動は環境破壊とは関係ない>
http://blogs.dion.ne.jp/hiroichiblg/archives/8141532.html
テレビのマスゴミの海の自然現象に関する無知蒙昧さが見事に指摘され、報道伝達姿勢の問題点が解析・説明されている面白いよい記事です。

記者は読者に理解できるように、自分で考え、自分なりに理解した記事を書かねばならない。分からなければ、専門家に自分で納得できるまで質問し、確認を得るべきである。知らないことは恥ではないと思うのだが・・・。やはり、自分が十分に理解していないということを認識できないのだろうか?>まったく言われたとおり、過去にこれまで何度もマスコミ取材を受けた経験で、取材・記者側の思い込みや誤解が優先され、出したコメントは「脚本」に沿って編集され、ねじ曲げられてしまうことが多かった。

「副振動」という耳慣れない言葉、専門用語がいきなり出てきたことが悪かったようである。海洋学ではセイシュというカタカナの名称と「静振」が定着していると思っていたのが、いつのまにか、このようなわかりにくい名称が使われていたようである。

この「副振動」現象は教科書的にも詳しく解説されていて、一般人がオンラインで勉強することができるが、同じように長周期で海水が上下振動し、結果的に海水が陸に向かって逆流する「internal bore インターナル・ボア」現象はほとんど知られていないだろう。ただし、その一つと思われる河口から上流に向かって海水が逆流する現象tidal boreは、アマゾンのポロロッカとか、中国銭塘江の逆流として有名になっている。

あきれたことに、逆流の波に乗ってサーフィンを楽しむ勇者もいる。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070314_pororoca/
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mizutani/sl-12.htm
ハリソン・フォード主演で南米のジャングルで理想郷建設を夢想するマッドサイエンティストのお話
The Mosquito Coastの映画で、逆流する川に翻弄される場面があったような記憶がある。

ここでなぜ副振動の話題を取り上げたのかというと、インターナル・ボアがチョウセンハマグリの生態と密接に関係しているような気がしているので、それと似た海水の逆流現象、そして逆流によって海底にある砂や生き物などが下から上へと運ばれる(だろう)ことに注目したいからである。

砂浜海岸では嵐の時に様々なお宝が打ち上げられる。もちろん、浮遊していて風波によって打ち寄せられるものが多い。近頃ではその漂着ゴミの山だけが目だっている。かつて、貝を収集する人々は普段見かけないような多くの貝が打ち上げられることを期待して、嵐がくるとわくわくしながら海岸に出かける準備をするような時代もあった。波打ち際に近く生息する貝は種類が少なく、ほとんどの貝はかなり深い場所に分布していて、殻が砂浜のサンドバーの沖側から岸まで運び込まれて打ち上げられることは滅多にない種類が多い。

ごく浅い岸に近い場所にいる貝であるならばともかく、沖に分布するサクラガイの仲間などが大量に打ち上げられるのは突発的かつ一過性のようである。そもそも打ち上げられるべき物が無ければ話にならないが、あっても滅多に岸に現れてはくれない。最近では砂浜海岸の前浜の傾斜が急になっていて、浜に打ち上げられにくくなっていることも想像される。

チョウセンハマグリは、親は砂浜のサンドバーの沖に生息し、そこで産卵する。卵から孵化した幼生は、2週間足らずの浮遊生活時代に沿岸流によって拡散・移動して産卵場所から離れてしまうはずである。それが砂底のどの辺に定着するのか良くわかっていない。着底する稚貝の大きさが約0.2mm であり、沿岸海底の砂の粒子とほぼ同じ大きさであるため、砂の中からそれを見つけ出すことは不可能である。これまでの調査で見つかっている稚貝の最も小さいのは1mm程度、つまり5倍くらいの大きさに育っていて、0.5mmの目の篩いで砂から分離できるようになったものである。

夏に生まれた稚貝は冬の成長速度が低下する前の大きさはやっと1mm前後となっているはず(飼育結果の報告から判断)である。春先から初夏に潮間帯で(特定の場所:稚貝が集中する地形と餌の環境があれば、そこで)砂を篩えば数ミリ以上に育った稚貝を見つけ出すことができる。

潮間帯に定着直後のごく初期の稚貝がいるかどうかはわからないが、おそらくいないだろう。波浪が砕け続けていて、絶えず砂が巻き上げられている条件で、砂と同じ大きさの貝が安定的に成育できるだろうか。稚貝は軟体部と空間を持っているので、同じ大きさの砂粒よりも比重が小さい。そのために波で動く砂の中では安定した姿勢で潜ったままに態勢を維持できないはずである。

この問題に関して、沖縄の砂浜でナミノコガイの稚貝の出現動態をモニタリングしていた時に観察した経験がある。ナミノコガイの親貝は潮間帯に生息していて沖浜には分布していない。そして、砂浜に出現する最初の大きさは殻長が1mmから(ただし、2~3ミリの集団の中でごく少数だけ)であった。ナミノコガイも浮遊期間は2週間程度で、着底する大きさは0.2mmとなっていて、チョウセンハマグリと同様な初期生活史である。

沖縄は台風が頻繁に襲ってきて、砂浜はそのたびごとに一変する。ナミノコガイの稚貝も大変動するが、嵐が過ぎ去って平常の波が続くと浜から消えていた砂が戻り、稚貝も一緒に戻ってくる。親貝は通常の嵐の時に砂の中に深く潜ってやり過ごし、生き残っている。(チョウセンハマグリも同様であろう)

1mm以下のナミノコガイの稚貝を何とか見つけようとして努力していたが、潮間帯にそれはいないだろうという結論を得た。その根拠として、潮間帯に出現したばかりの1mmくらいの多くの稚貝の殻にシルトの粒子が付着していたことがある。泥が堆積している波浪の静かなところで待機していた稚貝が、ある時何かによって浜に向かって移動している、としか見えなかった。その何かがなんであろうか、と考えていたが、沖から岸に向けて流れが「逆流」する必要がある。外海に面した砂浜の潮間帯ではシルトは堆積しないので、貝殻にシルト粒子がこびりつく環境ではない。

一旦砂浜の潮間帯に定着したナミノコガイの数ミリの稚貝集団が1週間以内という短期間に、一斉に消えたり、また突然大量に現れたりしたこともある。これらの変動時には砂のモニタリングをやっていなかったので、沖から岸に砂ごと運ばれたのか、あるいはナミノコガイの稚貝の得意技である「粘液糸」による流動によっていたのか判別できない。しかし、運搬・流動方法がどちらであるにしても、岸と沖の間で行ったり来たりしていることがあり、海水の逆流を考えないと説明できない現象である。

インターナル・ボア、という現象は、(水温と塩分の差異で)密度が異なる海水が上下で層を成している場合に、その境界面で発生する長周期の波であって、実態解明はあまり進んでいないが、潮汐に関係しているようである。海岸付近では沿岸の表面海水が地下水の染み出しや河川水の流出で希釈されて(塩分が低下して)いるし、気温が海水温より高いときはその低い密度が強調される。境界面にそって波が発生すると、岸に向かった海水の逆流が起こるはずである。

まず(最初に?)この現象を認識したのは海洋物理学者ではなくて、生物学からだったように思われる。密度の不連続層の存在はもちろん広く認識されていたし、それに関して、たとえば櫂や櫓で船をこいでいる時や小型船のスクリューがたまたまこの層で回転すると(境界面の攪拌で)エネルギーをとられるため推進力を失う現象は昔から認識されていた。しかし、アビキのように災害に結びつかないで、深く追求されないままであったのだろう。水面下で起こっている現象なので、実感がわきにくい。

1980年台以降であるが、カリフォルニアの沿岸で岸壁のフジツボの付着加入を調べていた研究者が、沖から岸に向けて浮遊幼生が運搬されて定着することに気がついた。海岸動物の浮遊幼生は、岸から沖に運び出された後、海岸に戻って来る。魚の場合、沖に分散して育ったものが接岸するメカニズムとして、海岸で砕ける波の振動が導いてくれて、自力で泳いでくることが判明している。しかし、無脊椎動物の浮遊幼生、しかも貝殻などがしだいに重たくなり泳ぐこともできずに漂うだけの幼生が接岸するためには何らかの外力が必要だろう。

インターナル・ボアについては世界各地で岩礁や砂浜で(生物のモニタリングを通して)間接的に観測されるようになっている。しかし、日本ではまだ誰も調べていないのではないだろうか。アメリカの海洋学会が発行している啓蒙雑誌OCEANOGRAPHYでは、この分野の第一人者であるJ. Pinedaたちが記事を書いていて、それをオンラインで見ることが出来る。
Larval Transport and Dispersal in the Coastal Ocean and Consequences for Population
Connectivity (836 KB pdf) by J. Pineda, J.A. Hare, and S. Sponaugle
Vol. 20, No. 3, September 2007 Special Issue on Marine Population Connectivity
http://www.tos.org/oceanography/issues/issue_archive/20_3.html

日向市の塩見川は、その名前のように小倉ヶ浜の河口から6キロくらい上流まで潮が差してくる。そのあたりに生息しているヤマトシジミやイシマキガイは幼生時代は河口周辺の汽水ゾーンで発育しているはずである。カワエビや魚類の多くも河口周辺で稚仔・稚魚時代を経て、その後上流に移動しているだろう。

二枚貝のヤマトシジミの稚貝や巻貝のイシマキガイの稚貝が河口付近に定着した後で上流に向かうのか、定着時に上流にいるのか良くわからない(多分、定着後の移動だろう)が、上流にどうやって移動できるのか考えてみると、海水が淡水の下でくさびになっているのが底に沿って逆流しているはずである。干満のサイクルで塩水が川に差し込むときに、ミニポロロッカのタイダル・ボアか、境界面のインターナル・ボアかどちらかが起こればOKであろう。自然の営みを阻害する河口堰もないし、塩見川はそれを実際に観測できる面白い良い場所であろう。
[PR]

by beachmollusc | 2009-03-07 11:13 | 海岸
<< Olivellaから出てきたチ... 越冬した?タテハ >>