beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

楠本川渓流自然公園

12日に遡った過去日記です。

宮崎市内から宿泊する予定地の出水市までどの経路を走ろうかと地図を見ながら考えた結果、国道10号→268号線で小林市、えびの市経由で伊佐市の菱刈バイパスを通ることにしました。447号線の方が地図上では距離が短いように見えますが、かなり険しそうな山中の道路のようなので今回はパス。大口市で国道447号に乗り移りました。

このバイパス(268号線)の途中から枝道を山奥まで行くと楠本川(川内川の支流)沿いに渓流公園があります。地元の役所サイトの案内や旅行・キャンプ案内ナビサイトを見て探しましたが、建設された年度は不明です。

<楠本川渓流自然公園(伊佐市菱刈田中)

「日本一の星空と、渓流の水辺で森林浴」

楠本川渓流自然公園は、星空日本一に輝いた菱刈の北東部の国有林に位置し、自然豊かな公園です。公園内に流れる楠本川は、アブラハヤやカワムツも生息しており、渓流釣りはもちろん、夏場は多くのキャンパーや地元の子どもたちの水遊び場となっています。星空観察やクワガタ採集を、キャンプをしながら楽しんでください。バンガロー、遊具、芝スキー場、五右衛門風呂など年間を通じて利用できます。>


年末年始を除いて年中無休の施設となっているようですが、現地を訪れた午後4時頃に管理棟は施錠されていて人っ子一人も姿は見えませんでした。宮崎県でも行政が建設した同様な施設があちこちで利用者でなく施設が「遊んで」いますが、ここも夏場の限られた時期だけ(どの程度かわかりませんが)利用されているのでしょう。ナビサイトで口コミ情報を探しても何もありません。おそらく、鹿児島市あたりの住民の認知度は極めて低いかもしれません。位置的に熊本や宮崎が近い場所ですが、県外ではその存在すら知られていないことでしょう。

川べりの(オート)キャンプ場へ降りる唯一の車の侵入路がブロックされていました。
e0094349_8123253.jpg

渓流の様子を見てみると、わが家の脇の奥野川とほぼ同様でした。
e0094349_8174646.jpg

e0094349_8182814.jpg

川の中にカワニナの姿を探しましたが、全く気配なしです。ここでホタルが出るという情報も無いので、多分生息していないのでしょう。

この施設のセールスポイントは、五右衛門風呂に入って、星空をながめてくださいというわけです。

公園内は丁寧に手入れがなされていて、極めて几帳面な管理人がいるような気がしました。
この公園の利用者のとあるブログ記事には融通が利く管理人が登場します。
http://firststep.naturum.ne.jp/e382435.html
<管理人のおじさん曰く
  このキャンプ場はペット禁止だそう。前に噛まれる事件があって現在裁判中だとかw
言っても訊かない人が居るらしく、おじさんと二人「最近の人はマナーがなっちょらん」と熱く語ってましたw>


道理で公園内にペット禁止、のみならず、あれこれ禁止の立て札だらけでした。役所が管理運営している施設ですので、利用者は「利用させていただく」ために申請書を出して、決められたいろいろな規則にしたがって利用させていただかなくてはいけません。立て札の列をながめながら、誰のための施設かしらんと思いました。

建設費用は莫大だったろうと、施設の様子からわかりますが、公共事業として投資効果の評価はされているのでしょうか。維持費がかかるだけのお荷物となった箱物の一つではという印象でした。案内の看板を見ると、大変欲張った施設です。
e0094349_8254226.jpg

建設費の出所が立派なプレートに記載されていました。
e0094349_8331180.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-03-18 08:27 | 日記
<< 八代海のハマグリ 砂の上の模様 >>