beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

八代海のハマグリ

13日の金曜日が今年は二回目でしたが、見事に低気圧通過に見舞われました。

朝から晩まで強い風雨が切れ目なしで、脇本海岸まで出てみたものの、駐車場で車から出る気にもなれず、急遽、熊本県八代市に遠征を決めました。阿久根から八代まで国道3号線で60キロ余り、片道約2時間のドライブでした。今回は拘束道路は一切使わない計画を立てていました。今後も極力使わないつもりです。週末割引でETC利用者を増やそうなどという姑息な国土交通省の計画には絶対乗ってあげません。高速道路にみなさんが行ってくれれば、一般道路が空くだろうから、こっちのものです。

前日は大潮でよい天気だったから、潮干狩りで採取された八代海のハマグリが手に入るに違いないという予測でした。球磨川流域の環境が改善されてアサリやハマグリが復活中というネット情報が現地の漁協のHPにあったことを思い出しました。

復活の八代の新魚市場で初競り 2009年03月03日 asahi.com
<八代市港町に完成した八代共同魚市場で2日、初競りがあった。旧市場の破産から1年。2月末まで市内の鮮魚店が自主的に競りを続けてきたが、正式に地方卸売市場として復活した。>


魚市場を目指して道路地図を見ながらそれらしき場所に到達したところ、旧市場が地図に載っていたようでゴーストタウン状態。港の周辺を走っても砂やジャリ業者ばかりで、そこはあきらめて、広大な埋立地の南側よりにアサリ・ハマグリの産地があったはず、と思い出して市街から抜け出しました。

八代大橋と南川橋を渡り、北原町に出たところに産地直売店が道路沿いに見つかったので、中を見たらビンゴでした。店の名前は物産館「あんず」です。
e0094349_9224467.jpg

店内の片隅に鮮魚コーナーがあり、ハマグリの出品が2名の生産者から出ていました。
e0094349_9234485.jpg
e0094349_9235257.jpg

出品者の一人はプラスチック袋に無造作に入れていましたが、別の人はパック容器でした。
どちらも500円単位にしていましたので、それぞれ4つずつ購入しました。

アサリとニシ(種類は未確認)、そしてシマイシガニも販売されていました。
e0094349_9303087.jpg
e0094349_9304011.jpg

ハマグリから中身を抜いた時に驚いたのですが、容器の方はよい状態の貝でしたが、袋詰めの方は中に砂が残っていて、身が痩せていただけでなく、泥をかんだハマグリの死貝が二個混ざり、1個のアサリのおまけ付でした。おかげで生息地?の泥のサンプルまで入手できたのかもしれません。漁場の位置まではわかりませんが、当地のものであることは間違いないでしょう。それにしても、いい加減な出品者がいたものです。

貝殻をつらつらと見ていると、初めて見た八代海産ハマグリは、当然ながら有明海産に似ています。どこかの誰かさんが熊本産などのハマグリを見て、それをシナハマグリと思ってしまい、日本からハマグリという種が消えてしまったのではないかと心配したメモを出版しています。たしかに熊本沿岸のハマグリの輪郭はシナハマグリにかなり似ています。おそらく、大陸と陸続きだった氷期の遺伝的な交流の名残でしょう。それにしても不思議なことは、有明海の外側における長崎県沿岸(五島福江島を含む)のハマグリは、鹿児島や大分、宮崎沿岸のハマグリによく似ていて、有明海産ハマグリとは違っているように見えます。これらの差異や類似点を定量的に何とか現して説明できるようにしなければなりませんが、かなり難問です。
[PR]

by beachmollusc | 2009-03-19 09:42 | Meretrix ハマグリ
<< モミジガイの餌食となったチョウ... 楠本川渓流自然公園 >>