beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

モミジガイの餌食となったチョウセンハマグリ

15日に脇本海岸で採集したモミジガイ39個体について、解剖して胃の中に取り込まれていた貝類を検査しました。海岸の中央部で、午後4時頃の干潮時間に、干上がった潮間帯の砂の上に出現した星型模様を見つけたものです。キュウシュウナミノコの採集を優先させていたので、それが終わった後で、成り行きで集めました。

モミジガイが現れたゾーンが丁度砂を篩っていた場所の周辺だったことで、モミジガイが食べていた貝類の出現頻度と生息密度とを比較することができました。

表層数センチの厚さの砂を0.7mmメッシュの袋で篩って、のべ面積で1平方メートル強から、ターゲットのキュウシュウナミノコ20個体あまりを採集し、付随してチョウセンハマグリの稚貝約400個体、オキアサリの稚貝3個体、ナミノコガイの稚貝1個体、そして巻貝のシチクガイ4個体が同時にとれました。

食われていた貝類を合計すると、チョウセンハマグリが10個、キュウシュウナミノコが2個だけでしたから、数が多かったチョウセンハマグリの稚貝がより多く食べられていた、というわかりやすい結果です。

放射形のヒトデ類では体の中心から腕の先端までの長さ(R: radius)を大きさの指標にします。脇本海岸で採集したモミジガイの大きさはRの値が、最小28~最大56、平均値は39.4mmで、ヒストグラムを描くとほぼ正規分布となりました。

胃の中から貝が出てきたモミジガイはたったの4個体でしたが、おそらく前日まで続いた強い波浪の間に餌を食べていなかったのでしょう。やっと食事ができるような状況になったのもつかの間、採集されて解剖されるという不運なヒトデたちでした。チョウセンハマグリの稚貝集団については、敵の数がかなり減ったはずです。

モミジガイに食べられていたチョウセンハマグリの大きさは、最大殻長が19.4、最小が1.9mmの範囲で、3ミリ前後の1才に近いクラスが中心となっていました。これはメッシュで採集した稚貝集団と一致していました。

2センチ近い貝を飲み込んだモミジガイは胃の中の貝が膨らんでいて良くわかります。
解剖する前と後の写真、そして同時に同じヒトデから取り出したチョウセンハマグリ4個体の写真です。
e0094349_21315656.jpg
e0094349_2132536.jpg
e0094349_21321661.jpg


モミジガイには食われていませんでしたが、タケノコガイ類のシチクガイはホタルガイ類と同様に二枚貝の稚貝の捕食者かもしれません。下の写真は殻長が約2センチです。
e0094349_2140973.jpg

ホタルガイかムシボタルがいないかと注意して探していましたが、生きた貝は見つからず、小さい数ミリの死殻が篩い残された礫の中に少数ありました。
e0094349_21482992.jpg

砂を篩っていてヒラムシが1個体出てきましたが、これは貝類の捕食者でしょう。
e0094349_21411776.jpg

貝類の捕食と関係があるかどうかわかりませんが、カモメが2羽汀線付近にいました。
以前の訪問時にも見かけたような記憶があります。
e0094349_21423257.jpg

最後におまけですが、砂をメッシュで篩っていたら、おびただしい数のアミ類が出現しました。
e0094349_21434873.jpg

また、礫や貝殻の破片を集めてヤドカリのようなことをする小型甲殻類、あだ名を「ヤドツクリ」がかなり沢山いました。本名はハイハイドロクダムシでしょう。
e0094349_21562381.jpg

とにかく、砂の中からいろいろなものが出てきました。
[PR]

by beachmollusc | 2009-03-19 21:57 | Meretrix ハマグリ
<< 脇本海岸の保安林造成事業 八代海のハマグリ >>