beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

脇本海岸の昨年生まれのチョウセンハマグリ稚貝

実体顕微鏡にデジカメを装着して撮影した稚貝の画像を、モニター上で、画像計測ソフトを使って、殻長測定を終わったところです。連休週末の3日かけた作業で、近眼の度が進んだような気がしますが、昔の測定方法と比べると格段に楽です。

0.7mmメッシュの袋を使って、砂の中から拾い出した稚貝は、殻長5mm以下のが381個体ありました。砂を篩ったときにはキュウシュウナミノコの飼育用の個体を必要数確保するのが目的だったため、砂をすくい取った面積を測っていません。しかし、スコップですくった回数から考えて、おおよそ1平方メートルだったと考えられるので、かなり高密度で成育していた(5x5cmに1個体くらい)ようです。海岸線が2キロあり、潮間帯の幅が120m以上ですから、もしこの密度で海岸全体に分布していれば最大で1億個体くらいの計算です。親貝はメス1個体が1000万のオーダーで産卵するでしょうから、子供が1億いても何も不思議ではありません。生まれた子供が、浮遊幼生が着底して育つ過程での「初期減耗」で減る率が大きいわけです。

計測結果の統計量は
平均殻長: 2.747 mm (標準誤差:0.030) 標準偏差: 0.600
中央値: 2.63 mm, 最頻値 (モード): 2.35 mm
尖度: 0.59, 歪度: 0.88
最小: 1.46, 最大: 4.76 mm (標本数: 381)
以上でした。

ヒストグラムを描くと、対数正規型に近い、典型的なコホート(同時に生まれて育ったものであるが、指数成長期であるため、成長に大きな個体差が生じている:成長が早いものほど加速的に早く育つ)のように見えます。ただし、正規分布の山が二つ近接して重なっていると同様なパターンができます。グラフだけ見て判断すると読み間違いする可能性があるので、成長輪などの情報を慎重に見ることが大切です。グラフでは殻長0.5 mm間隔のクラス分けをしました。エクセルのグラフの欠点はクラスのラベル表示の位置が右端にあるべきところがお仕着せでは中央になってしまうことです。これを解消するテクニックを見つけていたのに、忘れてしまっています。
e0094349_19144255.jpg

計測中に観察した個体の殻に刻まれた成長線は、大きさが異なっていても相対的に同じようなパターンで育っていたようです。脇本では冬の成長停滞輪はあまりシャープではありませんが、それらしきものが多くの個体で認められました。輪が見やすい例として殻長3.03mmの個体を下の画像で示します。
e0094349_19225248.jpg

成長が停滞した後の成長再開の時に、殻の表面に現れる模様がしばらく休止し、後に再び造られる傾向が見られますが、下がその1例として殻長3.15mmの個体です。
e0094349_19251569.jpg

稚貝の殻の上に出る頂紋や色彩パターンの個体変異の様子は見ていて面白いものです。

脇本海岸で少数(1%程度)出てくるパターンで、小倉ヶ浜では(何千個体も調べて見ていますが)いまだに見たことが無い模様を紹介します。殻長は3.06mmです。
e0094349_1928585.jpg

脇本海岸のチョウセンハマグリでは頂紋の出現率が他のどこの集団よりも低いのが明瞭な特徴です。小倉ヶ浜では四分の三くらい出るのに対し、脇本海岸では比率が逆転して四分の一くらいしか出ません。頂紋が遺伝形質であれば、九州の西岸と東岸の間で遺伝交流が弱いか、地域的に極めて強い選択が効いているのでしょう。砂の色が脇本海岸では(貝殻起源の砂粒が表面に多く)かなり白いことが背景となって、影響しているのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-03-22 19:34 | Meretrix ハマグリ
<< カラスの食卓のその後 花盛りの庭 >>