beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

入浜権の思想と行動 (本間義人 著)

「渚と日本人」(副題 入浜権の背景) 高崎裕士・高桑守史 著 1976年 NHKブックス 254
という本について以前のブログで論じた。http://beachmollu.exblog.jp/8449651

その「続編」ともいうべき「入浜権の思想と行動」 (本間義人 著、御茶ノ水書房、1977年)を古書店から購入し、一気に読んでしまった。その中に日向市における入浜権運動のいきさつが記されている。

自分は1971年から1977年9月まで国外に出ていたため、上の2冊の書籍で記されたことはほとんど記憶・認識していない。海域の汚染と埋立てが激しい日本で水産生物の研究はとてもできそうにないので、暖かくて美しく、未開拓のサンゴ礁生物、熱帯海洋生物の研究を「愉しむ」ことにし、事実上、敵前逃亡していたわけであった。

1977年10月に琉球大学の海洋学科に着任し、沖縄でサンゴ礁生物の教育・研究に従事するようになった。JICAやFAOなどの海外技術協力プロジェクトに乗って、サンゴ礁の貝類資源の増養殖と資源管理問題に取り組んでいた。地元沖縄では、本土復帰後に沿岸部で激しい環境破壊、特に埋立てや護岸工事が行われ、結局、沿岸資源生物の研究の意義も実行する場所も失われた沖縄に見切りをつけて、宮崎県に疎開して現在に至っている。

沖縄においてもっとも残念(遺憾)であったことは、海を守るべき漁業者が埋立ての補償金を受けて漁業権を放棄し(させられ)続けていたことである。着任直後の新石垣空港建設問題から始まり、最終的に沖縄を見捨てる動機ともなった中城湾内の与那原地先の埋立てまで、身の回りで絶えず海辺の環境が失われ続けていた。海を売り渡す権利が漁業者に与えられているわけではないのにも関わらず、そのような構造が構築され、開発行為の主体である行政側に都合よく(合法的に)利用されている姿を嫌というほど見せつけられた。

沖縄で見せつけられていた官製のすさまじい環境破壊を伴った開発事業は、本土復帰でスタートが遅れた分を大急ぎで「本土並み」にしたことであった、という構図がこの本からよくわかる。海辺の自然環境を粗末に扱い、陸上の穢れをすべて海に押し流し続けるヤマトの民に対して竜神の怒りは頂点に達しているはずである。

本の中に、日向市で1970年代に行われた市の行政による竹島売却(1964年の新産業都市指定を受けて、工場用地の確保)に対するささやかな抵抗運動について記述を見つけた。そこで、日向市の住民の記憶から消えてしまわないように、その部分をスキャンして下に貼り付けておくことにした。

富島高校の教諭だった萩野忠行さんらが「ひゅうが公害研究会」を結成し、竹島解放運動をはじめた動機の一つとして、「海岸はコンビナートの向こうへ行ってしまった。なぜ、だれにそんな権利があるのだろうか」という生徒の訴えがあったという。

このような抵抗運動にもかかわらず、臨海工業地帯の埋立ては進み、30年あまり過ぎた現状が地域住民にとってどのような意味を持っているのか、行政と住民が率直に評価するべきであろう。
e0094349_195578.jpg
e0094349_1951492.jpg
e0094349_1981385.jpg
e0094349_1982338.jpg
e0094349_1983111.jpg
e0094349_1983938.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2009-03-29 19:08 | 評論
<< 塩見川の河畔にて 桜の花とレンゲソウの花 >>