beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

塩見川の河畔にて

日向市の塩見川は割合小さい河川のくせに氾濫原、沖積平野の面積が大きいことから、昔はもっと大きな川が流れていたのだろうと想像しました。

日向市史、自然編の地学の記述を見ると、耳川が現在の塩見川のところに流路を持っていたことを示す状況証拠がいくつか記されています。しかし、何時の時代にそのような状態になったのかを特定する証拠がわかりません。過去の海水準変動と現在の地形を見れば、完新生の初期にはすでに現在の地盤が固まっていたはずです。つまり、地質的にごく最近起こった流路の変更のようには思えません。

現在の沖積平野の姿が12万年前の再現であるかどうかを判断するために、この地域の過去の地盤変動の実態を知る手がかりが欲しいところです。海岸段丘が明瞭であれば過去の地盤が隆起した証拠がわかりますが、それは美々津以南、宮崎平野に広く見られても、塩見川平野の周辺ではよくわかりません。

塩見川河口から北側にはリアス海岸が続いており、それは地盤の沈降を示唆します。愛媛と大分の間にある豊後水道は地質的には連続していますが地形的にはへこんで海峡を造っています。現在、この海域は地震の巣であるし、先日もちょっと揺れて県北では体感地震となりました。北浦から蒲江の美しい海岸線を形成しているのは、全体的に沈み続けているからでしょう。

塩見川は過去の地質変動の奇跡的な組み合わせのおかげで、とてもユニークな環境をもたらしています。流域面積に比べて河口が大きいいため、下流部でエスチュアリー状態、つまり海水が川の中に上流に向けて大きく差し込むようになっていると思われます。塩水クサビ、と専門的に呼ばれているものですが、真水の下で上流に向かって底に海水が差し込んだ状態です。海の干満のリズムによって、このクサビは上下変動します。

塩見川の河口には塩水クサビを遮る堰が造られていませんので、その流域の平野部では海の干満と連動して川の水位が上下しています。つまり、川底に海水が差し込んでは引くというリズムが水面に現れます。

昨日の午前中に、河口から約5キロ上流の川岸の堤防をワンコと散歩して満開の桜並木をながめてきました。
e0094349_8204486.jpg

桜の花の中でギャーギャー騒ぐ鳥がいましたが、どうやらムクドリが盛りのようです。ペアがいくつも入り混じってホームセンターの壁と桜の間を行き来していました。
e0094349_8284389.jpg

河畔はコンクリート土手ですが、傾斜部は草むらとなって、不思議なことに海岸に成育するハマダイコンと思われるものが花盛りでした。
e0094349_8253633.jpg

この場所のすぐ上で、支流の奥野川と永田川が合流して塩見川となります。塩見川は全体が感潮域、つまり海水が河川水と混じって汽水となり、コアマモ群落(海草藻場)ができ、そこを住処とする様々な生き物が生息します。その中で特記されるべき種としては、環境省カテゴリ: 絶滅危惧ⅠB類(EN) であるアカメの幼魚があります。

ウィキの記載を引用すれば:
<分布が狭く生息数も少ないため各地で保護活動が行われている。しかし希少価値があるために稚魚が密漁される他、環境汚染や海辺の開発などで稚魚の生息地となる藻場も消失している。環境省レッドリストでは1991年版で「希少種」、1999年版では「準絶滅危惧(NT)」だったが、2007年版では2段階上がり「絶滅危惧IB類(EN)」として掲載された。

また2006年には、宮崎県と高知県が相次いで指定希少野生動植物の一種としてアカメを指定し、捕獲などを禁止した。これはニホンカモシカ等と同じ扱いである。>


高知県ではこの指定に異論がでているようですが、肝心なことは、要するに、西日本の南沖のどこかの海で繁殖して、(黒潮に乗って?)漂流し接岸する稚魚が成育する環境として汽水域にできるコアマモの藻場が重要であり、その環境保全が鍵となっていることです。

宮崎県では南部の大きな各河川では軒並みにその環境悪化で成育場所が消滅していて、まとまって残っているのは延岡の五ヶ瀬川流域と塩見川だけになっているようです。塩見川の環境保全がますます重要な課題になっていて、地域住民の意識が保全の鍵ですが、そのための啓蒙・教育が必要でしょう。

日本のレッドデータ検索システム(http://www.jpnrdb.com/index.html)で地図上でアカメのカテゴリの地域分布を見ると面白いことが見えてきます。
画像表示では:http://www.jpnrdb.com/png/05/0502150010218.png
静岡県 要注目種(N)
和歌山県 準絶滅危惧(NT)
徳島県 準絶滅危惧(NT)
愛媛県 情報不足(DD)
高知県 絶滅危惧ⅠA類(CR)
大分県 情報不足(情報不足)
宮崎県 絶滅危惧Ⅱ類(VU-r,g)
鹿児島県 情報不足

以上の各県以外で何も記載されていないのは出現記録が無いからでしょう。
情報不足とか、要注目種とされた県では、時たま出現しているということだと思われます。

アカメの産卵場所は特定されていませんが、鹿児島県の南部から種子島沖あたりが想定されているようです。奄美・沖縄群島に分布していないらしいことから、産卵場所は奄美以北でしょう。黒潮に運ばれて河口に流れ着いた稚魚が感潮域・汽水域の藻場に住み着いて育つ、という構図でしょう。ウナギの雄大な回遊のスケールには及びませんが、産卵の時には大海原を泳ぎわたって「生まれ故郷」に戻るわけです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-03-30 08:51 | 日記
<< 街中に取り込まれた神社の大木 入浜権の思想と行動 (本間義人 著) >>