「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

街中に取り込まれた神社の大木

定額給付金と還付された税金分を将来に投資するべく、家の周囲で栽培するため、様々な苗木をネットで注文しました。実がなるものを優先し、地元のホームセンターや園芸店で見つからないものを探しました。その結果、今回購入したのは:マタタビの雌雄株、ミヤママタタビ、サルナシ各種(赤い実の園芸品種を含む)、巨大な実の「天下一」と称されるボケ、ヤマグワ、雲南のクワ、そしてガマズミ、以上が実を狙うもので、他に樹木として日陰と景観つくりのためにクスノキとタブノキの苗を取り寄せました。おまけに「松枯れ耐性」のアカマツの苗がリストにあったのでおためしの衝動買いをしました。

海岸林の問題について、北の冬の季節風が厳しい地方と同じようなデザインで南日本各地の海岸の植林事業をする愚策について以前のブログでたびたび指摘しています。その根拠として、松の生態的な特性が「パイオニア植生」の一員を構成することで、人間の手が絶えず及んでいる「生態的撹乱」状態の環境に適合した樹木であることです。つまり、温暖・湿潤な安定した環境で自然に任せておくと、他の植物との競争に負けて消え去るべき存在だからです。高知、宮崎、鹿児島などの海岸ではタブノキなどを中心にした照葉樹に負けてしまうので、(予算が無くて)余計な手入れがされていない場所の海岸林ではクロマツは見当たりません。

松枯れについては良い本があります。
マツ枯れは森の感染症―森林微生物相互関係論ノート 二井 一禎 (著)  文一総合出版 (2003年)
短絡的な対症療法(殺虫剤薬剤散布でベクターであるマダラカミキリ類を駆除すること)に走った松枯れ対策事業が松林の保全に成功しなかった理由がこの本から良くわかります。この著者は過去の対策事業の問題点に直接言及していませんが、生態学の基礎が理解できている読者にはわかるはずです。(林野行政の関係者は生態学の基礎ができていないのではないか?と疑いを持ってしまいます)

岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科 植物生態研究室(波田研) サイトは植物に関する優れた情報発信を続けています。http://had0.big.ous.ac.jp/index.html
湿原植物にはとても詳しいのですが、海岸植物に関しては残念ながら詳しくありません。
松枯れに関して生態的な視点からの評論をふた昔前に書かれています。
松枯れ病 (中国新聞コラム,『緑地帯』に1987年掲載)
この論にあるような認識が関係者の間にあったなら、ムダな税金の浪費を何十年も続けている松枯れ対策事業の見直しができたはずです(ただし、日本では中央行政が予算化して進める事業には、利権化して肥大し、その暴走を止めるチェックが働かなくなる極めて根深いやまいがあります:特に林野庁の拡大造林事業がその実績No.1でしょう)。

あちこちのマツボックリを拾い集めて、その中の種から松の苗つくりのための発芽を待つのですが、なかなか出てきません。日向(ひなた)に置かないと発芽しないし、日向(ひゅうが)の日向では苗床が乾燥しやすくて発芽できないようです。日向(ヒムカ)の無精者としては、自動散水装置を使うしか方法は無いのかもしれません。

苗の購入に際して、それぞれの植物の生理的な特性を把握しておくため、ネット情報を見てまわりました。波田研サイトが断然優れていますが、植物とその栽培については結構多くのサイトがあります。ちょっとした驚きはクスノキとタブノキが同じ科の植物だったことでした。どちらも大木になりますが、前者の方が人里では人気があるようで、神社の境内ではクスノキの植栽が定番になっているようです。

塩見川の河畔にある神社には昔ながらのこんもりした鎮守の森が残されています。代表的なものは権現原(ゴンゲンバル)の権現山(通称、茶碗山)の神社でしょう。ここもいずれ住宅地に囲まれそうです。
http://beachmollu.exblog.jp/4646915
これに対して、すでに市街地に飲み込まれている龍宮神社の境内には6、7本の巨木が残されていました。自分ではまだ種の識別が明確にできていませんが、多分クスノキだと思います。その大きさを示すために境内に遊びに来ていた子供さんにお願いして木の下に立ってもらい、撮影しました。
e0094349_9183412.jpg
e0094349_9184551.jpg

木の根元にはヒコバエが伸びていました。
e0094349_9211496.jpg

木の幹を下から見上げると、その年季が入った姿に圧倒されます。
e0094349_922076.jpg

このような木には精霊が住み着いていても良いはずですが、市街地の中では居心地が悪いかも知れません。
[PR]

by beachmollusc | 2009-03-31 09:21 | 植物
<< 河口の移動-小倉ヶ浜 塩見川の河畔にて >>