「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2009年 05月 07日 ( 1 )


しつこくサルナシ探し

山の緑が美しいのでワンコの散歩をかねて林道ドライブを楽しんでいます。
今朝は権現谷ルートで頂上付近の神社へ出る道を歩きました。
この道は舗装されていないのですが、車のワダチがはっきりしていて、わりと頻繁に車が往復しているようです。しかし、谷の路肩が崩壊寸前で、自分の車を乗り入れることはためらわれます。ただし、道から落ちても樹木に引っかかるでしょう。

道にはNPO法人、エコシステムの平野虎丸さんにぜひ見せたいものがありました。
e0094349_1843030.jpg

この峠からの展望はすばらしく、西に東郷町の坪谷まで見渡せます。
一週間前にもここに来て、山並みを撮影しました。
e0094349_1871813.jpg

下に見える伐採跡は前に紹介した場所です:前途多難のホタルの里づくり
http://beachmollu.exblog.jp/10059730
奥野川の上流で杉が伐採されたので、その跡地から大雨で土砂が流れ出す可能性が高いわけです。

北川の支流、小川(こがわ)では河川漁業組合が自慢のアユを守るために、流域の上流で山林が伐採されないように、自分達のお金を出して借地して水源の森を守っています。そのおかげで、すぐ下流にあるホタルの名所が救われていると思います。beachmollusc ひむかのハマグリ : 小川流域にて
http://beachmollu.exblog.jp/5837487

林業が皆伐と大型機械(そして大規模林道)によるスタイルになってから、奥山の環境がメチャクチャになっています。林野庁の職員の仕事を守るために、水源森林の保全とは全く相反する、環境保全と整合しない林業政策が無理やり続けられています。

サルナシのイメージがだいたい出来てきたので、散歩道で見つけやすくなりました。
道端に若い蔓がありました。
e0094349_18333064.jpg

まだ大きな蔓は見つけていません。

林野庁の山官:やまかんが見つけ次第ばっさり、と今日届いて読んだ本に書いてありました。サルナシは林野庁の敵だったのです。beachmolluscはサルナシの味方ですから、林野庁の敵というわけです。

(中公新書、辻井達一著、「続・日本の樹木」134-137頁にサルナシ、キウイの項)

<かなり太い蔓になって木に巻き付く。巻き付かれた木は絞められて可哀想にも蔓の痕がはっきり付いてしまうほどだ。こういう蔓を目にすると、営林署(今では名前が変わって森林管理センターなどという)のスタッフ(通称、山官)は腰に下げた鉈に反射的に手がかかり、抜く手も見せずばっさりと、ということになったものだが、最近はあまりその早業も見ることがなくなった。山官も減ったが立派なサルナシも減ったのである。>

この付近で不思議な葉の形のクズを見ました。クズとは思えなかったのですが、葉の形の変異が同じ蔓の中で連続的になっていました。
e0094349_1835089.jpg

おまけはツクシヤブウツギの花です。この植物は今が花盛りのウツギの仲間ではなくて、スイカズラ科です。
e0094349_18365291.jpg

これは花の色が白から赤に変化するとされています。一緒に違った色の花が並ぶのがとても面白いことです。
[PR]

by beachmollusc | 2009-05-07 18:38 | サルナシとマタタビ