beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 07月 01日 ( 2 )


トロントロン

インターネット新聞JanJanの記事で紹介されている宮崎県川南町の地名トロントロン
http://www.news.janjan.jp/area/0909/0909210546/1.php
宮崎のおもしろ地名「トロントロン」
由来は西南戦争、はたまた江戸時代にさかのぼる
大谷憲史2009/09/22
下の写真は記者の大谷氏撮影
e0094349_169327.jpg

いくつかの説が紹介されていますが、「トロントロン」が水の音に由来していることに変わりはないようです。

宮崎県川南町のすごいイルミネーション! トロントロンドーム (その1,2)
http://www.youtube.com/watch?v=3Nb0i8ceB68
http://www.youtube.com/watch?v=eJ-4xQBRwh4
トロントロン軽トラ市&ウェスタン・カーニバル
http://www.youtube.com/watch?v=lokiSHXBCnA

ザ・フェスティバル・イン・トロントロン
日本三大開拓地のひとつ川南で行われる真夏のイベントです。町内の若者が実行委員会を組織し、フロンティアスピリッツあふれるユニークなイベントを繰り広げます。毎年8月下旬に開催。平成20年は約3万人が来場しました。
http://matsuri.kanko-miyazaki.jp/search/search.php?key=22&kbn=evn

日向市から川南には車で国道10号線を走って40分くらいです。人ごみが大嫌いなので地元の名物祭りの「ひょっとこ踊り」の見物もしていない偏屈者(beachmollusc)は、川南名物の軽トラ市、夏祭り、冬のイルミネーションも見に行っていません。山の谷間の家でジットしているか、海辺や山中の誰もいない場所を徘徊する習性で、殻を閉じた貝のようなものです。

この川南という町は地元の人たちの意欲あふれる行事からわかるように「開拓者魂」があふれています。今回の口蹄疫災害でも決してくじけることはない町であると思いますが、受けた傷を癒すためには長い時間がかかりそうです。

4月25日に予定された軽トラ市が開催中止に追い込まれた時の「川南町トロントロン軽トラ市ブログ」:
http://ktora1.com/blog/2010/04/
4/25(日)の軽トラ市は中止になりました!!!! 管理人(2010年4月22日 14:30)
みなさま、こんにちは。
皆様もご存じの通り、川南町で「口蹄疫(コウテイエキ)疑似患畜」が発生したため、「中止」となりました!!
楽しみにしてくれていた皆様、出店者の方々・・・
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんっ!!
多分、次回の5/23(日)の軽トラ市までには落ち着いていると思います・・・そう願います!!


しかし、その願いはかなわず、2ヶ月以上にわたる苦難が待ち構えていました。 

【口蹄疫】商店街も七夕飾りで元気を!  管理人(2010年6月29日 14:14)
6月28日(月)に、トロントロン商店街に七夕飾りがお目見えしました♪
よーく見てみると・・・・
折り紙で作った、とってもかわいいブタさんとかウシさんがいるんですよ♪
西都の方からの贈り物とか・・・。雨に濡れないようにしっかり管理しなきゃっ。
e0094349_1639361.jpg

(ブログから勝手に写真を借りて使いました)


トロントロンに戻ります。

川南商工会ブログの記事には:
http://www.miya-shoko.or.jp/kawaminami/
トロントロンの由来
 名貫川と小丸川に挟まれた川南の古くからの人々は、自然崇拝と神仏の信仰を生活の基にして慎ましい生活を送っていた。
 川南のほぼ真ん中に位置する新茶屋、清瀬、小池、湯牟田には、尾鈴山系や上面木からの豊かな伏流水による湧き水が至る所にあり、この地にも湧水が集まって小さな流れや高低差による小さな滝もあって、辺りに水音が木霊していた。現在の道路は豊後街道と呼ばれ、中世以降の日向の主要道路であった。この街道筋には高鍋秋月藩の指示で、寛政2、3年(1790)松の植林がされたが、それ以前から川南の各地には杉、松、楠などの木々が点々と立っていた。
 (以下略)

今の町の姿から昔の湧き水だらけの様子を窺い知ることは難しいが、国道10号線沿いに国の天然記念物「川南湿原」がある。
 
国指定天然記念物 川南湿原植物群落
 約30,000平方メートルの面積の中に78科283種(2000年現在)の植物が生息し、ナガバノイシモチソウ・ミズギクなどの貴重な植物がある。

名 称  国指定天然記念物川南湿原植物群落
指 定  昭和49年6月11日 天然記念物指定
面 積  約33,000平方メートル
標 高  約50メートル
植物の種類  約300種類(そのうち約100種が湿生植物)
勇水量  毎秒約15リットル
http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/syougaigakusyu/bunkashinkoshitsu/sitsugen.jsp

ようこそ宮崎  宮崎mini辞典  川南湿原:宮崎県児湯郡川南町 
http://www.0503ak1025.net/zz-kawasitu.html

自然の宝庫散策 川南湿原オープン 2009年11月26日 宮崎日日新聞
 貴重な湿原植物が数多く自生する、川南町の国指定天然記念物・川南湿原植物群落が25日、整備後初めて一般開放された。
 町内外からたくさんの人が訪れ、町文化財保護審議会会員らの説明を聞きながら自然の宝庫を散策した。
 同湿原は広さ約3万3千平方メートルで、78科300分類群の植物が群生。そのうち湿原植物は110種で、九州で唯一自生するミズギクなど希少50種を見ることができる。チョウトンボをはじめ、珍しい湿原生物も確認されている。


この湿地が川南の湧水地帯を象徴していることは言うまでもない。町の中心部からはすぐ近くにあり、口蹄疫の発生農家に取り囲まれている。

5月18日、つまり県知事が「非常事態宣言」を出した日の口蹄疫の発症農場の分布をグーグルアースの画面上で見る。児湯郡で処分と埋設の防疫処置が遅れたため、南の小丸川を越えて広がり、危機的状況となった時点の様子である。なぜ川南で埋設が遅れたかは、農場から家畜を移動することができないため、自分の地所と周辺で埋設可能な場所が見つからなかったということである。その理由は色々あっただろうが、物理的に不可能:地下水脈が浅くて掘ったらすぐ水が湧き出てしまって使えない場所が多かったためだろう。
e0094349_17254440.jpg

赤色は豚、濃い青は牛のの防疫が終わっていない農場であり、黄色は豚、薄い青は防疫処置終了の農場である。

青い筋に見える川は表層水であるが、川南ではとても複雑な流れ方をしている(地形の凹凸に対応)し、多数の湧水が流れ出て互いにつながっている姿も見られる。地域の地形と地質から見て、地下水脈はさらに複雑であろう。農場の分布を見れば、処置が終わったゾーンと終わっていないゾーンがモザイク状態で分かれていて、終わっていない場所は川筋に沿っているところが特に目立つ。

終息後にしっかり検証してもらいたいが、埋設場所が確保できずに長期間防疫処置ができなかった場所は農家が自分でいくら努力しても場所が見つからず、そして県も国も手をこまねいて助ける手段を用意できないまま、結果的に放置していたのではないだろうか。敵前逃亡大臣が「隠していないで出せ」といったのは掘っても水浸しで使いようがなかった所だったのではないか。町長も知事も補償問題に気をとられてしまって、防疫のための最優先事項だったはずの埋設場所の確保の問題をしっかり理解していなかったのではないだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-01 17:43 | 口蹄疫

獣医師と畜産農家対象の口蹄疫情報総合サイト

口蹄疫ウイルスを出している家畜の防疫処置が一段落したが、感染した動物から出た排泄物、糞尿、そして汚染された敷き藁などが大量に残っている。これらからウイルスが除去されるまでは、家畜の感染が再発する恐れは消えない。

ウイルス汚染された糞尿や堆肥をイギリスではどのように取り扱ったのかについて情報検索していたら、イギリスの野生動物の疫病についてとても詳しい、獣医や家畜農家が知りたい情報を網羅している(学術的な情報にもリンクさせている)イギリスのサイトに遭遇した。この中に鹿やイノシシなどの問題も詳しく記されている。

Foot-and-Mouth Disease
(with special reference to the UK 2001 and 2007 Outbreaks)
http://wildlife1.wildlifeinformation.org/list_vols/FMD/ContentsFMDMod.htm

FMD Quarantine and Disinfection:
  Introduction and General Information
  Movement of animals and their products
  Movement of people and disinfection of clothing
  Disinfection of vehicles
  Disposal of animal waste, contaminated bedding and foodstuffs
  Drainage and Water Run-off
  Disinfection of buildings and other enclosures
  Control of vermin, birds and cats and dogs
  Control of free-ranging wildlife

  Time required for quarantine restrictions and disinfection BEFORE restocking
  When to lift restrictions for unaffected stock in a region which has suffered a
   FMD Outbreak
  Authors & Referees

  上の赤字の項目が排水、糞尿、堆肥について、そして虫、鳥、犬猫、野生動物に関する留意点。

糞尿や堆肥、サイレージ(発酵飼料)の扱い方などについて、政府当局から出された資料を網羅し、農家のおかれた状況ごとに分かりやすく説明されている。口蹄疫ウイルスについての説明は別途に詳しい解説があるが、このガイダンス文書を見れば普通の農家で当面やるべきこと、注意点などが具体的に理解できそうである。これの日本語版をつくるべきかもしれない。

さらに、「よくある質問(FAQ)」のコーナーがある。

Frequently Asked Questions AND Misconceptions
... for UK Vets and Farmers
http://wildlife1.wildlifeinformation.org/list_vols/FMD/FMD_faqs.htm

良くある質問の一つを下に翻訳して紹介する。

Q: Would it be possible to control the disease in wild animals?
(野生動物について口蹄疫を押さえこむことはできますか)
A: Control of any disease in wild animals is difficult once it becomes established. Many wild animal populations are too widely dispersed for the virus to pass to sufficient new animals, so that FMD would be likely to die out in the population over a period of time. However, FMD has been known to persist in wild animal populations, including for a period in deer, and to return from wild populations into domestic stock. The best way to control disease in wild populations is to stop the disease getting into the population in the first place.

(一旦野生動物に発生した病気はどのような病気であっても押さえ込むことは困難です。野生動物の多くは互いに離れて生息していて新規の動物に伝染する機会が乏しいため、時間が経てば口蹄疫ウイルスは自然に消えて行くものと思われます。しかし、口蹄疫ウイルスは野生動物の鹿などでは長期間維持されることが分かっていますので家畜に戻って再発することが知られています。とにかく、口蹄疫を野生動物に広げないようにすることが基本です。)

当たり前の答ですが、日本ではそもそも野生動物対策が対策本部のマニュアルにはあっても現場にまったく周知されていなかったことが歴然としています。本部が現場の野生動物、鹿やイノシシの存在に無知だったこと、そして現場では野生動物のウイルス対策の必要性に無知だったことの国と県のダブル無知、無関心が根本にあったと思われます。

下の文章は野生動物に関するセクションの冒頭部分です(QandAの説明文になります)。

The Potential Role of Susceptible Wild Mammals in FMD Spread
Many countries have free-living (wild or feral) populations of species which are susceptible to FMD. If the disease were to enter such a population, it could not only affect those animals but also be transmitted back to domestic species. Transfer of the virus between wild and domestic animals is most likely where there is close contact between the animals.

Potential role and control of British wildlife
Deer are susceptible to FMD and produce similar amounts of virus to that produced by sheep or cattle. Wild boar are susceptible to FMD and develop disease similar to that seen in domestic pigs; it is probable that they produce similar quantities of virus to that produced by domestic pigs.
鹿は口蹄疫に感染し、羊や牛と同様な量のウイルスを出す。野性豚は口蹄疫に感染し、家畜の豚と同様な症状を示す。そして、おそらく豚と同程度のウイルスを排出するであろう。

上のサイトの情報源となった書籍の一つ:
Infectious Diseases of Wild Mammals Second Edition
Author(s) /Editors John W Davis, Lars H Karstad, Daniel O Trainer
Publisher The Iowa State University Press, Iowa USA (Year 1981)

"There seems to be little doubt that deer may, on occasion, constitute an important reservoir of virus." (B220).
鹿が時によって口蹄疫ウイルスの重要な保有者になることはほとんど間違いない。

During the last outbreak in California, USA, 22,000 deer were culled as part of the disease control operation and about 10% of these were found to be infected. (B58.6.w6)
カリフォルニアで口蹄疫が発生した時に22000頭の鹿が殺処分されたが、その約10%が感染していた。

一方、堆肥と糞尿と排水のウイルス汚染の問題は対策本部でも現場でも誰でも理解できたはずですが、その防疫が棚上げされていた、という事態をどのように理解してよいものか。パニックのまま放置状態であった現場の問題点を見て見ぬふりの対策本部とは、不思議な国です。そして、そのまんま「非常事態宣言」の解除ですか。

汚染物のウイルス対策については、もうすこしお勉強が進んでから情報をまとめます。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-01 09:02 | 口蹄疫