beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 07月 05日 ( 1 )


野生の猪と鹿をどう調査するか

最初に口蹄疫が発生した都農町の農場付近では、自分のサルナシ類の調査で山道を走り回っていて、周辺の実情をよく知っていました。そこで、発生当初から野生動物と接触する感染リスクについてブログで情報発信を続け、県にもメールでアドバイスしたつもりですが、全く手ごたえがなかったので驚きました。

今後、野生動物が再感染に関係するリスクですが、このまま野生の鹿と猪の疫学調査なしで、感染を確かめないままの児湯地区の畜産業の再開は危険だと思っています。もしも、すでに感染しているとすれば、野生の鹿と猪は畜舎の周辺に慣れている、言い換えれば共生関係になっている個体が多いはずです。

そこで、疫学調査をやってもらいたいのですが、役所にやらせるとトンでもない間違いをしてくれるかもしれません。

イギリスの鹿のサイトで見つけた口蹄疫に感染したニホンジカの写真の使用はまだ許可が来ませんが、pdfの写真付きの説明が利用できますので、感染して治癒し、ウイルスキャリヤーになっている鹿の確認は容易にできるでしょう。猪の方は豚と同様ですから、それも同じく口や足の状態でチェックできるはずです。そして怪しい個体の血液を採取してウイルス抗体ができているかどうか、確認検査ができるはずです。野外で見つかった動物の死体から、いい加減なサンプルを採ってPCR検査してもほとんど無意味ですが、そのようなアリバイ作戦を国の本部がやっているようです。

イギリスからのアドバイスですが、狩猟で鹿や猪を捕獲して検査しようとすれば、かえってウイルスを保持したキャリヤーを遠くまで移動させる危険が考えられるので、疫学調査は口蹄疫の発生現場周辺に居座っている動物をワナで捕獲することが基本となるでしょう。

このような事態になって、野生動物と対峙する際に、役人の役立たずぶりは専門的な知識、経験そして想像力の欠如からくるものであって、数年で職責の持ち場が変わるようなデスクワークを続けているために救いようがありません。有害鳥獣対策の担当者となっても、にわか研修で表面的な知識を詰め込むだけ、それも対処療法だけでしょう。

「狩猟民族の館」ブログに有害鳥獣対策セミナーに参加した猟師さんの参加レポートと、それに対するコメントが実情を語っていると思われます。それを部分的に引用しておきます。

鳥獣害防止対策セミナー 2010-06-25
http://huntingfactory.blog112.fc2.com/?no=613

参加者は、農業者、猟友会、市町村、県民局ですが、主には、役人のようでした。

このセミナーは、毎年この時期に開催されていますが、昨年は気がつくのが遅くて参加できませんでしたので、私は2年ぶりとなりました。

内容的には、前回と比べて目を見張るようなものはなかったので、このセミナーの対象者は、初めて鳥獣害の対策に関わる部署に移動になった役人のように思います。


(中略)

これは、獣類を捕獲する箱罠です。
(写真、略)
これらは、特に目新しいものはありません。

臭いや光で追い払うものも各種ありますが、本日の講演をした研究者が実際に使ってみた結果では、すぐに慣れてしまい効果はないということのようです。

それと、狼の尿が効くとの噂があったので、動物園で狼の尿がついた稲藁をもらってきて、飼っているイノシシの小屋に入れたところ、まったく怖がる様子もなく、最後には体をその藁に擦り付ける行動をとりました。

このことについては、セミナーでその様子を撮ったビデオを私も見ました。

要するに、イノシシに対する決定的な防護方法は、物理的な方法しか無いようです。


<以下はコメントから>

セミナー

数年前に、O市内で同じ様なセミナーがあった時出席した時も近県の市町村の

有害駆除の担当者の方が多かった様な記憶があります。そのときは滋賀県の大学

教授の方と農政局の方が講師だったと記憶していますが、その時は箱オリの流行る

前だったと思います。其の時は、いかに田畑にイノシシが入らないかとかトタン板の

張りかたとかメッシュの張りかたとかが主な議題だったと思います。

それと箱オリの業者も来ていたと思います。(商売熱心な人)

しかし、イノシシの生態に付いてはまったくといっていいほど知らなくてたんなる

たんに田畑に侵入し難い方法メッシュやトタン板の張り片ばかりに話がいくので

もっとイノシシの生態お調査していかにイノシシが田畑周りに出て来難くなるか

とかイノシシの寝屋が何処の辺りとか基本的なことおもっと調査するよう穏やかに(嘘)

提言した所生態については基本的にあまりしてなかった様です。役人とか教授は

補助金だけ貰って適当にセミナーしてますと報告だけして自己満足しているものと

思った次第です。ちなみに当日猟師はただ一人でした。


| 2010-06-27 | 琥蛇把璃

琥蛇把璃さん
どこでもハッキリと意見を言われところは見習いたいです(笑)
箱罠の製造をしている業者が、研究者は実際に獲ったことがないので、ほんとうの生態なんて知らない。と言っていました。その研究者が、獲らない役人に対して講義をして、それをもとに対策を考える図式には問題があるような気がしますね。でも、猟師が間に入るとぐちゃぐちゃになるでしょうからね(笑)

| 2010-06-28 | 川ガニ

以上が痴呆行政の典型的な姿でしょうが、場所によっては中には熱心な役人さんがいらっしゃることも事実のようです。

口蹄疫の推移と野生動物問題の取り組みを見守っていた限り、宮崎県はhopelessです。国は「県のやる仕事」という態度のようで農水省は環境省の応援を頭の片隅にも置いていないようです。環境省は「我感染せず」ではなくて関係ねー、ということでしょう。有害鳥獣対策事業は両省の「協働」のようですが、互いに相手に下駄を預けたままのような印象です。全国的にほとんど事業効果が見られず、事業だけはズルズル拡大で被害はドンドン拡大、という実績がそれを物語っていると思います。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-05 12:40 | 口蹄疫