beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 07月 12日 ( 1 )


口蹄疫ウイルスの鹿の感染調査

鹿の林業と農作物被害は全国的に広がっていて、有害鳥獣駆除の最重要ターゲットとなっている。

平成16年度の都道府県別ニホンジカ狩猟実績から、島ごとにまとめて表を作り直した(沖縄は除く)北海道はエゾジカ、九州はキュウシュウジカなどと亜種単位で識別されているがここではニホンジカとして一緒にしている。

ニホンジカの狩猟実績 (平成16年度)
       オスジカ  メスジカ     計   面積(平方キロ)当たり
北海道    21,861  23,277   45,138    0.54
本 州    26,694  12,198   38,892    0.17
四 国     2,784     343    3,127    0.17
九 州     13,143   8,828   21,971    0.52
合 計     64,482   44,646  109,128    0.29

四国のイノシシ被害は深刻であるが鹿ではそれほどではなく、メスジカの狩猟を認めない(保護している)県もある。面積あたりに換算すると北海道と九州が同じくらいで断然高い。

九州の森林被害地では1平方キロ当たりの鹿の生息密度がおおよそ10頭以上と推定されている。

日本全体の森林面積は国土の約66%といわれ、その中で人工林が占める割合が約4割といわれている。(森林・林業学習館 http://www.shinrin-ringyou.com/ )

宮崎県は森林面積が約7割で、その内人工林が7割という、県土の半分が人工林という全国屈指の森林・林業県である。山頂、尾根はもちろん、谷津田の畦までびっしりと杉が植えられているし、山間部の渓流沿いの林道は杉の大木の木陰になっていて昼でも暗いところが大部分となっている。河畔林は滅多に残されていない。多くの場所で伐採期になっていて皆伐で山肌が大きく切り開かれた部分がモザイクになっている。再植林された場所もあるが、最近は刈りっぱなしの放置プレーが多い。宮崎県の山林は隣接する熊本や大分などと同じように激しく荒れている。

[2010.07.01]エコツアーカフェTOKYO31
毎月第1木曜日はエコツアーカフェTOKYO
生態系復元の切り札?「オオカミ復活」
——赤ずきんちゃん気をつけて。オオカミなんか怖くない
ゲスト:日本オオカミ協会 朝倉 裕氏
「オオカミの復活こそ日本の自然を守る」と語る日本オオカミ協会の朝倉裕さんをゲストに迎えます。

「シカと森toオオカミ 日本の森が危ない!情報求む!」
http://blogs.yahoo.co.jp/pondwolf39/archive/2010/7/2
日本エコツーリズムセンターでの話 (抜粋)
⑤ シカが増えた原因は何か
・ では、なぜシカは増えたのか。
・ 増やす要因は二つ
1. 温暖化して弱い個体でも越冬できるようになった
2. 森林伐採、人工林化の過程で、シカのエサが増えた
・ 減らせない要因が二つ
1. 狩猟圧力が消えた
2. 捕食者オオカミが絶滅していた
<今の日本の自然は、人間が壊しているのではなく、内部から壊れ始めている。
それを防ぐには、捕食者オオカミの復活によって「自然調節機能」を回復するしかない。>


オオカミ再導入計画を主張しているpondwolfさんのブログで、絶滅したオオカミの復活によって日本の自然(森林)を何とかしたい、という論理にはいささか違和感がある。生態ピラミッドが高次捕食者によって安定を保たれるという「環境原理主義」は、人間が関与しなければ成立するかもしれない。しかし、そのような教科書の中のお話が実際の野外で成立することは極めて珍しいだろう。

日本の森の自然を壊してきたのは林野庁を頂点にした1950年代後半からの全国的な拡大造林政策の結果である。鹿が増えたのは山林を伐採して植林して餌付きの生息場所を拡大したことが主因であって、オオカミの絶滅とは大きなタイムラグがあると考えられる。

さて、九州山地では宮崎県椎葉村の九州大学演習林をフィールドにした鹿の生態調査・研究が熱心に進められていて、多数の報告がオンラインで公開されている。

九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷
村田郁恵ほか著者多数、 九州大学農学部演習林報告 90, 13-24, 2009-03
https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/bitstream/2324/17048/4/p013.pdf

<本研究では1980年代以降に天然林の下層植生の変化とニホンジカによる造林地への被害が報告されている宮崎演習林において, これまでに出版, 蓄積された文書データの解析と勤務職員への聞き取り調査からニホンジカの生息密度の変遷とその森林への影響を検証した. ニホンジカは1976年から1984年の間に増え始めた. 生息密度の増加とともに1985年に人工林ではじめて被害が発生し, 1987年より食害対策が継続されてきた. 1986年には天然林の優先的な下層植生であるスズタケの消失が始まり, 2001年にはその9割が消失した. スポットライトセンサスおよび糞粒法による生息密度調査の結果, 宮崎演習林のニホンジカは2000年代に入っても20頭/km^2以上の高い生息密度を維持しており, 造林木の育成と天然林の更新に大きな影響を与え続けていることが明らかになった.>

上の論文要旨からも、鹿の被害が起こり始めたのは最近の出来事であることがわかる。

井上幸子ほか:九州大学宮崎演習林におけるニホンジカの生息密度と下層植生の変遷
http://www.forest.kyushu-u.ac.jp/pdf/workshop13/inoue.doc

樹木年代学的手法による山地流域のニホンジカ生息密度・分布域の時間的変化の再現
櫻木 まゆみ , 丸谷 知己 , 土肥 昭夫
日本林學會誌 81(2), 147-152, 1999-05-16
上の論文では林業で幼令樹を増やして造林地で鹿の繁殖を増大させたことが記録されている。

九州の生息地におけるニホンジカの行動
矢部恒晶・小泉透(2003) 九州の森と林業 65, 1-4.
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/kysmr/data/mr65.pdf

矢部恒晶・小泉透(2003) 九州中央山地小流域の造林地周辺におけるニホンジカのスポットライトセンサス  九州森林研究56:218-219
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/56/56pr009.PDF

小泉透・矢部恒晶・椎葉康喜・井上晋(2004) 距離標本法によるニホンジカの密度推定
九州森林研究57:131-134

第3期特定鳥獣保護管理計画 (ニホンジカ)
九州脊梁山地シカ広域一斉捕獲推進会議(平成18年設立).
行政界及び国有林、民有林を越えて分布するニホンジカについて、九州森林管理局、九州地方環境事務所(オブザーバー)及び大分県、宮崎県、鹿児島県、熊本県. で情報交換、連絡調整
http://www.pref.kumamoto.jp/uploaded/life/1008967_1015849_misc.pdf

このような事業がまさに継続中!(H24年まで)

口蹄疫と野生鹿の調査・対策にはこれらの調査実績、蓄積がある森林関係の研究グループの協力を得て、環境省・林野庁・九州各県の共同事業とし、矢部恒晶氏あるいは九州大学の専門家をチーフにした箱罠などを使った生け捕りで、宮崎県の口蹄疫発生農場を取り囲んだ地域で鹿を捕獲し、疫学チームに検査サンプルが渡るようにデザインするべきであろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-12 09:52 | 口蹄疫